AD HOC MORALIST

人間らしい生き方をめぐるさまざまな問題を現実に密着した形で取り上げます。

priscilla-du-preez-149914

集団の利益を代弁する役割は苦手

 給料をもらって働いていると、自分が所属する小さな集団を代表して他の組織の誰かと交渉し、交渉の場面において、自分が所属する集団の利益を代弁して何かを主張しなければならないことがある。これは、私がもっとも苦手とするところであり、これまで、ながいあいだ、集団の利益を代弁しなければならないような仕事からは逃げ回ってきた。今でも逃げ回っている。

 私は、自分のことにしか関心がないのであろう、あるいは、集団への帰属意識に乏しいのであろう、自分の利害にはそれなりに敏感であるけれども、集団の利益という抽象的なものに関心を向けるのには、特別な努力を必要とする。だから、集団の利益を代弁する席に着くと、交渉を最短で終わらせることを目標に、万事において簡単に妥協してしまうことになる。これは、集団にとっては大きな損害となるに違いない。

家族の利益を代弁することができるかどうか自信がない

 このような私であるから、職場の利益を代弁することが苦手であるばかりではなく、家族の利益を代弁するような立場に身を置くこともまた、できることなら避けたいと思っている。というのも、家族の利害にかかわることに関し、簡単に妥協してしまうのではないかという懸念を自分自身について抱いているからである。家族の利益を守ることが面倒になったら、家族を捨ててしまう虞があるわけである。

 職場の利益を守るのが面倒になったら、仕事をやめればよいけれども、家族の利益を守るのが面倒になったからと言って、家族を捨てて逃げてしまうわけには行かない。家族のために泣いたり怒鳴ったりすることができるというのは、私にとっては、決して当たり前のことではなく、「どんなことがあっても君(たち)を守る」などと家族のメンバーに約束するなど、恐ろしくて私にはとてもできない。家族というのは、職場とは異なり、自由に加入したり脱退したりすることができる集団ではない。だから、家族に関しては、利益を代弁せずに済ませるなど、いかなる場合にも許されないことになる。だから、いずれかの家族に属することは、すでにそれ自体として、私の目には大きなリスクと映る。

自分の利害すらどうでもよくなるのではないかという懸念

 しかし、さらに反省を進めて行くと、本当は、自分の利益すら、私にとってはどうでもよいことであり、最終的には、私にとって是が非でも守らなければならないものなど何もないことが明らかになってしまうような、嫌な予感がしてならない。「本当に大切なものとは何か」「何が何でも守らなければならないものは何か」……、自分に対しこのように問いかけても、明瞭な答えが得られないからである。これは、非常に恐ろしいことである。守るべきものが何もない、大切にすべきものを何も持たないことは、人生において寄る辺がないことを意味するばかりではなく、それ自体が悲惨なことでもある。それは、信仰を失ったキリスト教徒の悲惨と重ね合わせることができるような性質の何ものかであり、ニヒリズムないし絶望へと差しかけられた者の悲惨であるように思われるのである。このように考えるたびに、私は、さらに自分自身の空虚さを自覚し、そして、愕然とする。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

nik-macmillan-280300

カネの有無が勝負を決することがある

 外交交渉では、武力において劣る国は、相手から足元を見られるのが普通である。(だから、憲法を改正しないかぎり、わが国は外交で負け続ける運命から逃れられない。)同じように、他人とのあいだの交渉では、いざというときには、所持金ないし財産の有無が勝負を決することが少なくない。

 もちろん、核保有国が核兵器を気前よく使うことなどないのと同じように、いくら金持ちでも、いわば「札束で顔をはたく」ような仕方で問題を解決するようなことは滅多にない。カネを実際に使うのは、最終的な手段である。

 とはいえ、十分なカネには、気持ちに余裕を作る効果がある。目の前にある問題の解決を可能にするだけのカネがあると思えば、強気に出たることが可能になるのである。もちろん、いざとなれば身を翻して逃げることもできるであろう。


脱出万歳 : AD HOC MORALIST

追い詰められないかぎりみずからは決して動かないこと、つまり、ある状況を脱出するためにしか行動しないことは、好ましくないように見えるが......。


 たとえば、同じ職場で働く場合でも、辞めたら路頭に迷う、あるいは、辞めたら家族を養えない、という気持ちに追い立てられながら働くのと、3年は働かなくても食って行くことができるだけの貯金を作った上で働くのとでは、気分はまったく違うであろうし、職場でのパフォーマンスにも差が生まれるであろう。当然、いざとなったら辞めても食って行けるという前提のもとで働く方が、高い生産性を期待することができるはずである。(だから、サラリーマンは、いつ逃げ出しても大丈夫なように、「脱出資金」をつねに用意しておくのがよいことになる。)

カネを使うことは、問題解決のための現実的な選択肢である

 しかし、カネを実際に使わなければ解決することのできない問題は、いつか私たちの前に現れる。しかし、それは、人生を左右するような問題であるというよりも、むしろ、大抵の場合、何らかの「障害物」を除去する費用としてカネが使われることになる。何かが「障害物」になるのは、問題を解決するために交渉が成り立たないからである。

 カネで解決する以外に道がないのは、主に過去に関する事柄である。過去は変更不可能だからである。裁判における損害賠償は、過去に関する事柄をカネで解決する典型的な事例である。変更することができない過去に対し値段がつけられるわけである。

私たちの生活が直面する困難の大半は、カネがないことに由来する

 カネは、実際に使うかどうかには関係なく、誰にとっても大切なものであり、ないよりはあった方がよいに決まっているものである。カネがあればすべての問題が解決可能であるわけではないけれども、日常生活において私たちが直面する問題の大半は、カネがその都度十分にあれば最初から起こるはずのない問題であると言うことができる。この意味において、私たちは全員、程度の違いはあるとしても、「貧しい」ことに違いはない。

 そして、日常生活において出会われるこまごまとした問題がいずれも、カネで解決可能なものであるなら、反対に、カネでは決定的に解決することのできない問題とは一体何であるのか、つまり、カネがあっても回避することのできない問題は何か、ということを真剣に考えてみることが必要となるであろう。なぜなら、カネがいくらあっても回避することのできない問題こそ、万人が頭を悩ますに値する問題であるはずだからである。


100兆円あったら何に使うか : AD HOC MORALIST

この問いに対する答えには、答える者の素姓が映し出される 「100兆円あったら何に使うか」。この問いは、想像力を刺戟するばかりではない。この問いに対する答えは、答えた者がどのような人間であるかを正確に教えてくれるものであるように思われる。ブリア=サヴァランの格

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

suit-407086_1920

2ボタンのスーツでは、第1ボタンのみを留めるのが普通

 平日の街を歩いていると、スーツ姿の男性のサラリーマンを大量に見かける。これらのサラリーマンの半分以上は、いわゆる「シングル」のスーツを着ており、さらに、その大半は、「2ボタン」のスーツを着ている。そして、「2ボタン」のスーツを着ているサラリーマンのうち95%以上は、第1ボタンのみを留めているか、あるいは、ボタンを留めていないかのいずれかである。

 シングルの2ボタンのスーツでは、第1ボタンのみを留めるのが一般的であり、場面によってはボタンを留めないことも許容される。(あらたまった場面、たとえば賞状を受け取るようなときには、ボタンは留める方がよい。)これは、私などが言うまでもなく、スーツを着るときの基本的なルールとしてよく知られていることである。スーツを初めて買ったり作ったりするとき、店で教えてくれることが多いはずであるし、店で教えてもらう機会がなくても、スーツの着こなしに少しでも興味があるなら、これがもっとも基本的なルールであることはすぐにわかるに違いない。

 実際、2ボタンのスーツの第2ボタンは、事実上の飾りであり、大抵の場合、留められないことを前提に仕立てられている。2つのボタンを無理に留めると、生地が前方に集まり、裾のベントが開いてしまうはずである。

2ボタンのスーツの両方のボタンを留めるサラリーマン

 ところが、ごくまれに、2ボタンのスーツの両方のボタンを留めているサラリーマンを街で見かけることがある。調べたわけではないけれども、サラリーマンの100人に1人くらいは、ジャケットのボタンを上下とも留めて街を歩いているように思われる。

 もちろん、下で述べるように、ジャケットのボタンを2つとも留めることがそれ自体として禁じられているわけではないが、第1ボタンのみを留めることが事実上のルールになっている状況のもとでは、ボタンを2つ留めたサラリーマンは非常に目立つ。このようなサラリーマンは、2ボタンのスーツでは留めるのは第1ボタンだけであることをどこでも教えられなかったのであろう。このサラリーマンがボタンを2つ留めていることから、彼の父親もまた、ボタンを2つとも留めていたこと、あるいは、父親がスーツを身につける職業に就いていなかったことを想像することができる。

 私自身、あまり偉そうなことは言えないけれども、スーツをどのように着るか、とか、スーツと靴をどのように合わせるか、とか、このようなごく基本的なことは、家族から教わって習得するものであるように思われる。男性の場合、何をどのように着ているかにより、その人がどのような環境で生活してきたのか、何となくわかる場合が少なくない。

「パドック・スーツ」なら、2ボタンのジャケットでも、両方のボタンを留めてよい

 もっとも、2ボタンのジャケットのボタンを2つとも留める場合がまったくないわけではないようである。下のリンクの写真は、ウィキリークスの創始者ジュリアン・アサンジであるが、写真では、この人物は、2ボタンのジャケットのボタンを両方とも留めている。


Julian Assange tweete une photo de lui heureux alors que la Suède classe sans suite l'enquête pour viol

Julian Assange est (presque) libre. VOIR AUSSI : "MacronLeaks" : Comment WikiLeaks et Julian Assange ont outrepassé leur rôle de lanceurs d'alerte Et il a l'air évidemment ravi par cette nouvelle : Le parquet suédois annoncé vendredi 19 mai qu'il abandonnait l'enquête pour viol, en cours depuis sept ans contre le fondateur de WikiLeaks.


 ジュリアン・アサンジという人物にどの程度のファッションのセンスがあるのか、私には判断がつかない。それでも、オーストラリア出身の白人としては平均以上のセンスは具えているはずであり、ジャケットのボタンに関する基本的な知識を欠いているとは考えられない。そこに何かの理由を想定することが自然であるように思われる。

 1960年代のごく短い期間――であると思うが――2ボタンのジャケットのボタンを両方とも留めることがお洒落として普及していた時期がある。ジョン・F.ケネディが公の場に姿を現すとき、2つのボタンを両方とも留めていることが多かったからである。(下のリンクの写真を参照。)現在のアメリカの大統領のドナルド・トランプが、そのファッションに関し現地の評論家やブロガーから烈しくダメ出しされているのとは対照的に、ケネディは、ファッションについても強い影響を周囲に与え、肯定的な評価を獲得していたことがわかる。

John F. Kennedy's Ivy League Style

 ただ、ケネディのスーツは、当然のことながら、完全なオーダーメイドであり、上の記事にあるように、ベントのないスーツであるとともに、また、下の記事にあるように、第2ボタンが高い位置に来るいわゆる「ハイ・ツー」の「パドック・スーツ」(paddock suit) (「パドック・カット」あるいは「パドック・スタイル」とも)に似た形に仕立てられていた。パドック・スーツは、2ボタンの両方を留めることを前提とする型のスーツである。

Paddock Suit - by Robert Goodman - Apparel Arts 1939

 とはいえ、街で見かけるサラリーマンは、ケネディの真似をしているわけではなく、もちろん、1930年代のファッションを模倣しているわけでもない。(ただ、2ボタンのスーツに関して言えば、「ハイ・ツー」はやや増加傾向にはある。)実際、大抵の場合、2つのボタンを両方とも留めたサラリーマンのジャケットは、おそらく既製品なのであろう、ボタンを留めたせいでもとの姿を完全に失っていることが多い。これは、基本的なルールに関する無知に由来するスーツの誤った着方として訂正されるべきものであるに違いない。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ