AD HOC MORALIST

人間らしい生き方をめぐるさまざまな問題を現実に密着した形で取り上げます。

stylish-916502_1920

政府が期間まで指定するとは

 「クールビズ」(cool biz) というのは、夏期の職場での軽装を指す和製英語で、環境省の主導で2005年に始まったものである。

 夏に軽装で仕事し、冷房の温度を高めに設定することにより、電気の使用量が減り、環境への負荷も軽減されるということであり、表面的に考えるなら、これは望ましいことであるには違いない。

 しかし、政府は、クールビズの期間、夏期の冷房の温度設定、許容される服装まで指定している。衣服というのは、各人が身体に合わせて着用するものであり、一人ひとりが状況を考慮して適切な服装を選択すべきものである。政府の指定は、明らかなお節介でありパターナリズムである。

会社員の服装は驚くほど画一的

 もっとも、街を歩いていると、政府がこれほどお節介なのには理由があるようにも思われてくる。服装に無頓着なのか、それとも、服装に自分の好みを反映させ、職場で浮くことを恐れているのか、大半のサラリーマンが没個性的で画一的な服装に身を包んでいるのである。

 気温が25度くらいなら、街を歩いているサラリーマンの大半は、ネクタイを外しただけのスーツ姿である。30度を超えると、ジャケットを脱ぐことになる。ノーネクタイを前提にシャツにボタンダウンのものにしているサラリーマンが若干いるけれども、大半は、「ただネクタイを外しただけ」「ただジャケットを着ていないだけ」である。

 これらを「クールビズ」と呼ぶことができるのかどうか、私自身は大いに疑問に感じるけれども、多くの民間企業では、服装の許容範囲が狭く、スーツが事実上の制服になっているのであろう。この点を考慮するなら、「クールビズ」がおざなりなものとなるのは、無理のないことであるかも知れない。

 なお、スーツが制服と見なされていることは、普段着について語るとき、「私服」という――私には違和感のある――言葉が使われていることによって明らかである。(「私服」は「制服」の反対語である。)

身体と季節に合った服装を考える習慣を身につけるべき

 今のところ、クールビズは――よほど体型がよい男性でないかぎり――だらしないだけの格好にすぎないように見える。

 政府がクールビズを本当の意味において「クール」なものにすることを望むのなら、何よりもまず没個性的で画一的な服装をやめさせ、どのような状況のもとで何を着るか、みずから考える習慣をサラリーマンに身につけさせるよう促すべきであろう。

ander-burdain-168833

 日本の社会は、飲酒に対して驚くほど寛大である。酒を飲まないせいか、私には、これが理解できない。

 酒を製造したり販売したり購入したりすることに制限を設ける必要はないとしても、飲食店に代表される公共の空間での飲酒は、全面的に禁止されるべきであると私はひそかに考えている。

喫煙者に囲まれていると

 私はタバコを吸う習慣がない。また、過去にタバコを吸ったこともない。しかし、子どものころ、私の家族は、私以外は全員タバコを吸っていた。

 私の家の中は、いつもタバコの煙が充満していた。朝、窓のカーテンを開けると、太陽の光がタバコの煙を通して差し込んでくる。そして、タバコが屋内で分厚い雲のようになっているのがよく見えた。換気のために窓を開けると、雲のような煙の塊が屋外に吸い出されるように排出されて行くのも観察することができた。当然、窓ガラスやカーテンはヤニだらけであった。(ただし、私の家族には、肺がんが原因で亡くなった者は一人もいない。)

 このような環境で育ったせいか、近くで誰かが喫煙していても、あまり気にならない。最近、受動喫煙の健康への害がよく取り上げられており、たしかに、喫煙に制限が必要であることはわかるけれども、個人的には、喫煙者に少しだけ同情している。私は、喫煙には比較的寛大なのである。

喫煙と飲酒と、どちらが有害か

 喫煙者が身近にいない人なら、喫煙は制限されるのではなく、むしろ、全面的に禁止すべきであると考えるかも知れない。たしかに、本人にとっても周囲にとっても、喫煙が健康によくないことが明らかである以上、禁止することには何の問題もないように見える。

 しかし、酒の害と比較するなら、タバコの害など、大したことはない。何といっても、酒の場合、摂取することにより、ほぼ確実に思考能力や判断能力が損なわれることは、誰にとっても自明のことである。自動車と自転車の飲酒運転が禁止されているのは、当然のことなのである。「喫煙運転」なるものの法的な規制が試みられたことがないという事実は、飲酒が喫煙とは比較にならないくらい有害であることを雄弁に物語る。

 さらに、喫煙が原因でニコチン中毒になる可能性がないわけではないとしても、飲酒によってアルコール依存症になる可能性の方がはるかに高く、さらに、周囲に対して与える害悪も大きい。これもまた、誰でも知っていることである。

 また、喫煙の害が周囲に及ばないようにするには、煙が拡散して受動喫煙が発生しないようにすればよいだけであるのに対し、飲酒の害が周囲に及ばないようにするには、アルコールを摂取する者をどこかに隔離することが必要となる。

 このような点を考慮するなら、公共の場所においてまず制限、禁止が検討されるべきであるのは、喫煙ではなく飲酒であり、2020年までに公共の空間からアルコールを一掃することができるなら、(そして、街頭から酔っ払いを消去することができるなら、)それは東京という都市の価値を大いに向上させることになるのではないか、私はこのように考えている。

関連する記事


飲めない人間の夜の生活 〈体験的雑談〉 : AD HOC MORALIST

酒を飲める人間のあいだには、酒の席でのみ作られる人間関係の「地下的な」ネットワークがあるけれども、飲めない人間には、これは入り込むことのできない謎である。

chris-lawton-6928

「繊細チンピラ」は統合失調型パーソナリティ障害?

 しばらく前、次の記事を読んだ。

被害妄想が強い...「繊細チンピラ」あるある - NAVER まとめ

 私は、精神医学に詳しいわけではないけれども、ここに記されているふるまいはいずれも、統合失調型パーソナリティ障害の特徴と一致する。「繊細チンピラ」とは「SNS上でのみ認められるパーソナリティ障害」を患った者であると言うことができるかも知れない。

統合失調型パーソナリティ障害 - Wikipedia

人間は、他人の幸福には共感できないのか

 人間は、他人の不幸に対しては共感能力を発揮するが、他人の幸福は、つらい「妬み」を惹き起こすばかりで、これに共感することはないと語ったのはジャン=ジャック・ルソーである。

 ルソーのこの見解に従うなら、人間の共感する能力には明瞭な限界があり、それは、決してプラスの方向には働かないことになる。つまり、不幸な人が目の前にいるときには、その不幸を想像し、不幸な人に同情することはできても、幸福な人が目の前にいるとき、一緒に喜ぶことは不可能なのである。

 これは、アダム・スミスを始めとする18世紀のイギリスの思想家たちが共感を無制限で全方位的なものと見なしたのとはいちじるしい対照をなす考え方である。もちろん、この見解には、ルソー自身の性格が影を落としているに違いない。

 ある意味において、ルソーは、18世紀を代表する「繊細チンピラ」であり、当然、かなり重度の統合失調型パーソナリティ障害を患っていたと思われるが、自分の複合感情(コンプレックス)を普遍妥当的な思想へとまとめ上げ、全世界にこれを押しつける才能を具えていた点において、単なる「繊細チンピラ」とは決定的に異なる。

誰の妬みも刺戟せず、毒にも薬にもならないことだけ言い続ける

 なぜSNS上では誰もが統合失調型パーソナリティ障害の徴候を示すのか、私にはわからない。SNS、特にツイッターに何かを書き込む行動が障害を惹き起こすのかも知れないし、反対に、ツイッターが特定の性格の持ち主に好まれるのかも知れない。

 もちろん、SNS上には、「繊細チンピラ」ではなく、統合失調型障害とも無縁の人々がいる。そして、あなたがその一人であるなら、SNS上では、当たり障りのないふるまいを心がけた方が無難である。 ルソーの見解が妥当であるなら、残念ながら、他人の妬みを少しでも刺戟することにより、際限のない面倒の端緒が拓かれてしまう可能性があるからである。注意を惹かぬようふるまうことが、SNSを使って平穏に暮らすための秘訣であることになる。

↑このページのトップヘ