Texting addict

他人との交流の多くがネットで行われる中、あえてSNSを利用しないティーンがいる。友達からの「いいね」を求める生活を拒否し、フェイスブックやインスタグラムも利用しないが、彼らは何を得て何を失っているのだろうか。

情報源: 米国ではSNSに背を向ける10代も - WSJ        

 スマートフォン依存症、SNS依存症、ネット依存症というのは、自覚しにくい病気であるのかも知れない。しかし、日本でも外国でも、これは、明らかな「病気」と認められているし、国立病院機構久里浜医療センターにはネット依存症外来というのがあり、必要とあれば入院もできる。(もっとも、入院して治療することが想定されているのは、主に「ネトゲ廃人」らしいという話は聞いたことがある。)

 スマートフォンに関して最初に出てきたのは、スマートフォンの使用時間が長いほど成績が悪いという総務省の統計だった。つまり、スマートフォンの使用時間と成績のあいだには負の相関関係が認められるのである。とはいえ、スマートフォンをいじっていれば、勉強時間がその分減ることは明らかであり、成績が落ちることは、統計などとらなくても明らかなことかも知れない。

 しかし、その後、スマートフォンをいじっていると脳に悪い影響があるとか、うつになる――アメリカでは、もう何年も前から、フェイスブックの使用がうつを惹き起こすということがしきりに語られていた――とか、さまざまな研究結果が明らかになってきた。

 そして、きわめつけが次の本である。

毒になるテクノロジー iDisorder
ラリー D.ローゼン
東洋経済新報社
2012-08-24

 
  これは、インターネット、特にSNSの使用と各種の神経症との関係を、実験や調査を活用しながら分析した本である。これによると、SNSの使用は、

  • 自己愛パーソナリティ障害(ナルシシズム)
  • 強迫神経症
  • 依存症(スマホ中毒、SNS中毒)
  • 双極性障害(躁とうつ)
  • ADHD(注意欠陥/多動性障害)
  • コミュニケーション障害
  • 心気症
  • 摂食障害/身体醜形障害
  • 統合失調症
  • 覗き見趣味

などの神経症の原因となりうるか、あるいは、少なくとも、これと相関関係にある。

 スマホの使用は、そして、SNSの使用は、精神衛生にとってきわめて有害である。電車の中でスマートフォンを飽くことなくいじり続けている人間は、もはや正真正銘の病人あるいは障碍者と見るべきなのであろう。

 これまでは、路上での「歩きスマホ」の歩行者からぶつかられるたびに、不快な思いをしていたが、これからは、視覚障碍者と同じだと考え、同情することにしようと思う。

 ただ、私は、視覚障碍者には状況によって「お手伝いしましょうか」と声をかけるが、もちろん、スマホ中毒患者には声はかけない。聞こえないかも知れないからである。