Dust

4種類の方向

 あるとき、本棚に並んだ洋書をぼんやり眺めていて気づいたことがある。それは、本の背に印刷されたタイトルの方向が全部で4種類あるということである。すなわち、

    1. アルファベットを無理やり縦書きにする。
    2. 背の幅いっぱいにあえて横書きにする。
    3. 文字列を横に倒して上から書く。
    4. 文字列を横に倒して下から書く。

 これら4種類のうち、1.は圧倒的少数である。1.は、下のような街頭の看板にはときどき見られるが、私の知る範囲では、本の背に関するかぎり、全体の99%以上が2.、3.、4.のいずれかの方式を採用している。特に、学術文献で1.が用いられることはまずない。

Lost Chicago

 また、2.、3.、4.のうち、2.は、下のようなもので、特に目立ったバリエーションはない。ただ、この方式は、本の厚みを必要とするから、厚みが足りない場合、活字が大変に小さくなり、見づらくなることがある。

The Correspondence of Jonathan Swift - Swiss Cottage Library

上から下か、下から上か、並べるか、積み上げるか

 ところで、問題は、3.と4.である。まず、3.というのは、次のようなものである。

penguins

 これに対し、4.の方式を採用すると、次のようになる。

Chroniques de Mai 68

 英語の場合、3.の方式、つまり、本棚に立てると背の文字が上から始まるものが(少なくとも20世紀以降は)圧倒的多数であり、これに対し、ドイツ語やフランス語の出版物では、4.の方式でタイトルが印刷されているものがほとんどである。また、英語、ドイツ語、フランス語以外のヨーロッパ系言語では、英語と同じ3.の方が普通のようである。

 ただ、ドイツ語やフランス語でも、タイトルが上から下に印刷されるケースがないわけではない。たとえば、フランスのPresses Universitaires de Franceから刊行されている人文科学の古典の叢書”Quadrige”には、印刷の方向が上から下のものと、下から上のものが混在している。

 だから、異なる言語の洋書が本棚に混在すると、タイトルを読むのに苦労するばかりではない。書棚の外観が雑然として、あまり美的ではないのである。

 なお、3.と4.の違いについては、著名な書誌学者による次のようなコメントがある。


RKFZ~i[z[ M[g[N5

(null)



 また、主な横書きの言語の出版物の背に印刷される文字の方向を調査した人――書誌学者ではないが、書誌学の専門的な知識があるらしい――がいて、次のページに結果がまとめられている。


本棚に立てられた洋書の背文字は読みにくい

(null)


 とはいえ、「上から下」と「下から上」が分かれた原因がわかっても、読みにくさが解消されるわけではない。本をただ保管するだけであるなら、本棚に立てず、横にして積み上げればよいのであろう。しかし、本を積み上げてしまうと、下の方にある本を取り出すのが面倒になるはずである。和書とくらべると、洋書を美しく整理することは難しいようである。