new years resolution wall at the kimmel center

 今日は1月8日である。日本の正月には、「三が日」(3日)「松の内」(7日)「小正月」(15日)という3つの区切りがあるが、一般には、7日、つまり「松の内」までが正月と考えられている。実際、官公庁や民間企業の仕事始めは4日、学校の始業は8日が普通であろう。(「松の内」は7日までではなく6日までであるという意見があるが、6日でも7日でも、実質的には同じことである。両者のあいだに横たわるのは、門松を片づけて七草粥を食べる日、つまり1月7日を正月に含めるかどうかという問題をめぐる立場の違いだけだからである。1月7日を正月に数え入れれば、「松の内は7日まで」となり、この日を正月に含めなければ、「松の内は6日まで」となるにすぎない。)

 もっとも、私自身は、12月末から1月初めは、例年のとおり、普段の休日と同じように時間を過ごし、年中行事らしいものはすべてパスした。何らかの職業に就いている人なら誰でもそうであろうが、普段からあれこれと用事に追われていると、精神的にも物理的にも、「正月を迎えるため」などという理由で新しい雑用を抱え込む余裕はない。私の場合、新しい雑用の流入が少なくなるこの時期、デッドラインを疾うに過ぎた仕事の山を下を向いてコツコツと片づけるのが、年末年始の慣例になっており、正月が終わったからと言って、生活が劇的に変化することはない。

 本来なら、正月には、来し方行く末を慮り、反省とともに抱負を語るべきなのであろうが、実際には、「今年の抱負」(new year’s resolution) などを格好つけて書き出してみたのは、小学生のころが最後で、それ以降は、現在まで、年末年始は、試験の直前や仕事のデッドラインであり、特に忙しい時期と重なる。忙しさが一段落したころには、もう2月下旬になっており、抱負を語るには遅すぎる……、このようなことの繰り返しであったように思う。

 とはいえ、今年は、1つだけ抱負を掲げたいと思う。すなわち、年末までには生活を立て直し、年末年始に「新年の抱負」について考えをめぐらせるだけの気分的な余裕を得られるようにすること、これが私の抱負である。(「抱負」というよりも、単なる「希望」かも知れない。)

 私は、それほどの年齢ではない――今の職場に定年までいると仮定すると、まだ20年くらい勤めることになる――が、単調な生活を何年も続けてきたせいか、最近、さすがに少し疲れてきた。この意味で、今年は、「小さな締めくくり」の年にしなければならないと考えている。