matt-aunger-198067

愛玩動物に占める純血種の割合が増えているような気がする

 これまでの人生の中で、私は、何種類かのペットを飼ってきた。特に期間が長かったのは犬とネコであり、犬とネコのそれぞれとは、10年以上暮らした経験がある。

 ただし、私が一緒に生活した犬とネコはいずれも、直接あるいは間接の知人から譲り受けたものであり、カネを出して購ったものではない。(念のために言うなら、両方とも雑種であった。)

 カネを出してペットを購った経験がないせいなのか、私にとり、ペットはもらうものであり、これを買うものと見なすことはできない。だから、ペットショップのようなところでペットを「買う」ことには強い抵抗を感じる。

 夕方、近所を散歩していると、犬を連れた中高年の男性や女性とすれ違うことが少なくない。このような犬たちのうち、ペットショップで購われたものがどのくらいの割合なのか、私は知らないけれども、私が犬を飼っていた20年以上前とは異なり、街を歩いている犬のかなりの部分が血統書のある純血種であるように思われる。

愛玩動物をカネで購ってよいのか

 純血種の犬(やネコ)の場合、知人や友人からタダで譲り受けるなどという機会は滅多になく、むしろ、このような犬(またはネコ)の大半は、主に利殖を目的として繁殖させられ、販売されているものであろう。このような状況を考慮するなら、ペットを手に入れるにあたり、金銭の授受があることは、現在ではもはや珍しくないのかもしれない。

 しかし、私自身は、犬やネコを「買う」ことに強い抵抗を覚える。対価を支払って「購入」した犬やネコが自宅にいたら、私には、彼ら/彼女らの目をまともに見ることができないのではないかと思う。

 魚類、両生類、鳥類、爬虫類などはこのかぎりではなく、また、犬とネコ以外の哺乳類についてもよくわからないけれども、少なくとも愛玩動物としての犬やネコは、人間にとっては家族の一員であり、家族の一員であるかぎり、彼ら/彼女らは、何らかの程度において擬人化されることを免れないものである。

 少なくとも近代の日本において支配的な平凡な家族観に従うなら、家族というのは、メンバーをカネで買って大きくすることができるような社会集団ではなく、家族を構成する一人ひとりのあいだには、「売買」には還元することのできない引力が認められるのでなければならない。したがって、犬やネコが家族の一員であるかぎり、購入されて私のもとへやってきたという事実は、人身売買に似た後ろめたさを感じさせるはずである。(少なくとも、私には耐えられない。)

 ペットショップの店頭で犬やネコを見かけ、生命あるもの、しかも、擬人化を容易に受け容れる愛玩動物が自宅にいることを想像しただけで、強い憐れみに囚われ、目をそむけてしまう。しかし、おそらく、私は特別気が小さいのであろう。このような小心な人間には、いわゆる「愛犬家」になることなど永遠に不可能であるに違いない。