jametlene-reskp-255095

この問いに対する答えには、答える者の素姓が映し出される

 「100兆円あったら何に使うか」。この問いは、想像力を刺戟するばかりではない。この問いに対する答えは、答えた者がどのような人間であるかを正確に教えてくれるものであるように思われる。ブリア=サヴァランの格言を模倣し、次のように言うことができるであろう。「100兆円あったら何に使うかを言ってみろ、そうしたら、私は、君が誰であるかを言ってやる」。

 とはいえ、この問いに対する答えはほぼすべて、次の3種類のいずれかに分類されるはずである。

(1) 個人的な贅沢のための無駄遣い

 「100兆円あったら何に使うか」と問いかけ、そして、1日かけて答えを出すよう求められたとき、私たちが最終的に辿りつく使い道は、どのようなものであろうか。100兆円というのは、現在のわが国の一般会計の予算の総額とほぼ同じであり、個人の家計の規模からは乖離した途方もなく巨大な金額である。だから、100兆円に見合う支出とはどのようなものであるのか、直観的にはわからないのが普通である。だから、100兆円の使い道として多くの人の心に最初に浮かぶのは、普段の生活の延長上にあるもののための無駄な支出である。つまり、度を超えた贅沢である。たとえば、無人島を買って別荘を建てる、プライベートジェットを買う、高額なブドウ酒を大量に買い、これで風呂を沸かす、宇宙旅行する、競馬やカジノで散財する、などがこれに当たる。

 日常生活における贅沢というものには、おのずから限度がある。人間の生理的な欲求に明瞭な限度が認められるからである。しかし、100兆円は、この限度をはるかに超える贅沢を可能にする。だから、個人的な贅沢のために100兆円を使う場合、その大半は、単なる無駄遣いとなり、札束をゴミ箱に捨てるのとほぼ同じことになるのを避けられない。これは、想像力の貧困の帰結であると言うことができる。

(2) 貯金や運用

 「100兆円あったら何に使うか」という問いに対する答えとして、もっとも無難な、また、もっとも安直な答えは、「貯金する」あるいは「運用する」というものである。貯金したり運用したりすることにより、使い道を決めるのを先送りすることが可能となるとともに、それなりの利息を手に入れることができる。年利0.001%で運用するとしても、年に10億円の利益が得られるはずであり、これは、平均的な日本人にとっては十分すぎる収入であろう。

 ただ、この場合、100兆円は、ただ利息を産み出しているだけであり、本当の意味において使われたことにはならない。「100兆円あったら何に使うか」と問われ、貯金あるいは運用と答えた者は、100兆円を必要としてはいないのであろう。

(3) 世界(または社会)の変革のための資金

 そして、この問いに対する答えの第3のグループは、使い道を世界あるいは社会の変革に求めるものである。もちろん、この場合の変革とは、NPO法人を作って貧困家庭を救済したり、希少金属をゴミから取り出す技術を開発したりすることから、中国の民主化運動を支援したり、スナイパーを大量に雇用し外国の独裁者や有害な政治家を暗殺したりすることまで、途方もない広がりがあるに違いない。しかし、「100兆円あったら何に使うか」と問われ、この第3のグループに分類される使い道を答えた者は、自分が理想とする社会を心に描くだけの想像力を具えた者であり、第1、第2のグループとは異なり、理想の実現のために100兆円を本当に必要としている点において共通していることは確かである。(また、100兆円があれば、大抵のことは実現可能であるか、少なくとも、実現の目途をつけることができるはずである。)

100兆円の使い道の問題とは、理想とする社会の姿の問題

 100兆円の使い道に関する問いは、理想の社会をめぐる問いに置き換えることができる。だから、「あなたにとって理想の社会とは」「理想の社会を実現するために克服されるべき困難は」などの問いに適切な答えを与えることができない者には、100兆円を使う「能力」が欠けているのであり、したがって、民主主義社会を構成する責任ある主体としての資格が欠けているかも知れないと考えることは、決して不可能ではないように思われる。