quarrel-2450680_1920

家族はリスクヘッジのためにある

 家族というものが何らかの意味を持つとするなら、それは、本来は、リスクヘッジのためであるに違いない。病気のとき、職を失ったとき、あるいは、その他の困難な状況に陥って途方に暮れたとき、家族がいることによって、援助や励ましや助言を期待することができる。少なくとも、心細い思いをしなくて済むのである。

 同じように、家族の誰かが危機に陥ったとき、私もまた、大切な誰かのために援助を惜しまないであろう。

 親や子を選ぶことは、誰にも原則としてできないけれども、配偶者や姻戚を選ぶことは許されている。家族がリスクヘッジのためのものであるなら、選ぶことが許される家族に関し、危機においてどの程度まで助け合えるかという観点からこれを評価することは、決して不適切ではないように思われる。(もちろん、私は、「結婚相手は金持ちに限る」と言いたいわけではない。)

 兼好法師は、『徒然草』において、「家のつくりやうは、夏をもって旨とすべし」と語っているが、これに倣うなら、「家族のつくりやうは、危機をもって旨とすべし」ということになる。家族の姿というのは、本質的に非常時への対処に最適化されていなければならないはずなのである。

リスクを前にして解体する家族

 ところが、現実には、危機というものは、家族の結びつきを強固にするのではなく、反対に、これを解体してしまうことが少なくないようである。しばらく前、次のような記事を読んだ。

「がん離婚」なぜ妻ががんになったら夫は別れたがるか | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

 家族がガンに罹るというのは、家族の危機の典型の一つであるに違いない。そして、家族は、このような状況のもとで団結して助け合うためにあらかじめ形作られてきたはずである。しかし、実際には、配偶者の病気はストレスとして把握され、家族の解消の正当な理由になってしまうようである。

「金の切れ目が縁の切れ目」であってもよいのか

 しばらく前、次の記事を投稿した。


「この世はすべてカネで動く」わけではないが、大抵の問題は「カネさえあれば何とかなる」ものではある : AD HOC MORALIST

Nik MacMillanカネの有無が勝負を決することがある 外交交渉では、武力において劣る国は、相手から足元を見られるのが普通である。(だから、憲法を改正しないかぎり、わが国は外交で負け続ける運命から逃れられない。)同じように、他人とのあいだの交渉では、いざというと


 カネの有無が生活の質を決するというのは、ある程度まで普遍的な法則であるのかもしれない。しかし、それとともに、家族の存在は、この法則に対する異議申し立てであり、カネの有無に関係なく生活に最低限の品質を保証するためにあると考えることが可能である。(カネを無尽蔵に持っている者には、家族を持つ必要がないのかもしれない。)家族の誰かが困難な状況に陥ったとき、これをストレスと見なして忌避するとするなら、それは、「金の切れ目が縁の切れ目」という残念な法則が、この法則に対する異議申し立てとしての家族を圧しつぶしたことを意味する。

 たしかに、家族の看病や介護は、途方もなく大きなストレスになる。体力や家計に与えるダメージもまた、決して小さくはない。だから、家族がリスクヘッジのために作られる集団であるかぎり、新しい家族を作るときには、このリスクを負う覚悟をみずからに必ず問わなければならないであろう。