AD HOC MORALIST

人間らしい生き方をめぐるさまざまな問題を現実に密着した形で取り上げます。

雑談

lego-1124009_1920

レゴの特徴は、完全な自由にある

 「レゴ」というのは、デンマークの同名の会社が1940年代から製造しているブロック玩具である。私は、小学生のときから、レゴを集めていろいろなものを作った。非常に多くの時間がレゴで遊ぶことに費やされたけれども、この経験は、今でも生活のいろいろな場面で生きていると思う。

 レゴは、多種多様な大きさや形状の、しかし、それ自体は何の個性もないブロックである。だから、これをどのように組み合わせ、どのような形のモノを作るかは、作る者(≒子ども)の完全な自由に任されているはずである。

 何を作るかをあらかじめ決めずに、手近にあるブロックを試行錯誤で組み合わせて行くうちに、面白い形状の物体が出来上がったり、自分がよく知る動物の姿に似たものが偶然の結果として姿を現したりする。そして、このような体験を繰り返すうちに、やがて、何か「意味」のあるものを作ることを思いつく。ただ、私自身は、鉄道模型や箱庭のような「作品」を作るようになったのは、レゴで遊び始めてから2年か3年くらい経ってからだと思う。それまでは、どのブロックをどのように組み合わせるとどのような形になるのか、手当たり次第に試して面白がっていた。

 このように何かを作るという具体的な目標もなく、好きなようにブロックを組み合わせる中で子どもが自分で形を発見し、より複雑なものを自力で作り上げて行くようになる点にレゴの本来の価値はあると私は考えている。

作られる「べき」ものを指定するのはレゴの自殺

 ところが、最近は、レゴには決まった「遊び方」が求められるようになっているらしい。しかし、たとえば、飛行機を作ったり、よく知られた建物の模型を作ったりするという目標が「レゴで遊ぶ」ことに与えられ、作品の完成が何らかの「ゴール」であるかのように見なされるようになることは、レゴの自己否定であり自殺である。というのも、「遊び方」を誰かが決めるということは、面白い組み合わせ方を子どもが自分で発見するための玩具であるレゴに「正しい遊び方」と「誤った使い方」という虚偽の区分を導入するからである。

 レゴのこのような使われ方は、子どもの想像力を育てることにはならない。さらに、これは、本当の意味における遊びですらない。たとえば、「名人」がレゴで作った作品のようなものを見せられた子どもは、その完成度の高さに意気阻喪し、みずからが自力で作ったものを見すぼらしく感じるであろう、そして、レゴで遊ぶのをやめてしまうか、「作り方」のマニュアルを求めるかのいずれかになるであろう。これは、子どもを育てることにならないばかりではなく、むしろ、子どもを委縮させる点で有害ですらある。

 私自身は、自分だけの小世界をレゴで作り出し、自由な試行錯誤に身を委ねながら長時間を過ごした。それは、「名人」の作るレゴとも、そして、もちろん、レゴランドとも異なる、しかし、まったく私のオリジナルの小世界であり、この意味で、私に幸福を与える世界であった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

barber-1979440_1920

ヒゲは出勤の時間帯に伸びている

 私は、ヒゲが伸びるのが早い(のではないかと思う)。だから、ヒゲが伸びていないかどうか、日中、顔を触ってときどき確かめる。特に、今年度になってから、朝早く家を出なければならない曜日が多くなり、そのようなときには、昼過ぎに顔を触ると、ヒゲが伸びているのがよくわかる。

 ところで、1日のうち、ヒゲが伸びるのは主に午前中、特に6時から10時くらいであるらしい。

アクセス - フェザーミュージアム

ヒゲが濃いのに皮膚がカミソリ負けしやすいときには、ヒゲを剃る時間を遅くするしかない

 それなら、1日に何回も剃ればよいではないかと思うかも知れないが、私の場合、フィリップスのシェーバーを使っても、1日に2回以上剃ると皮膚がヒリヒリしてくる。だから、今は、1日に1回、しかも、出勤の都合上、午前5時前後に剃るだけで済ませている。(しかも、週末には原則としてヒゲを剃らない。ヒゲ剃りにオフの日を設けないと、1日1回でも顔がヒリヒリしてくるからである。)

 ただ、残念ながら、私の場合、ヒゲを剃る時間の工夫は、今のところ、目に見える成果を産み出していない。私の皮膚がカミソリ負けしやすく、そのため、普通のカミソリではなく電気シェーバー、しかも、もっとも皮膚にやさしい――言い換えれば「深剃り」ができない――と言われるフィリップスの電気シェーバーを使っているせいかもしれない。(当然、床屋に行っても、ヒゲは剃ってもらわない。)

 そこで、私は、朝早く出かけなくて済むときには、午前10時以降にヒゲを剃ることにしている。普通の会社員がヒゲ剃りを1日1回で済ませたいなら、昼休みが最適な時間ということになる。

伸ばしっ放しにするか、脱毛するか――もっとも簡単なのは「刈る」ことかもしれない

 もちろん、何十年もヒゲと格闘する中で、伸ばしっ放しにする可能性や脱毛する可能性を考えたことがないわけではない。しかし、脱毛については、定期的に通うのに相当な時間と手間がかかることがわかり、伸ばしっ放しについては、周囲に与えるインパクトの大きさを予想し、いずれも諦めて現在にいたっている。

 もっとも簡単なのは、ヒゲを剃ることをやめ、ヒゲを「刈る」ことかもしれない。実際、ヒゲトリマーやボディグルーマーなどの製品が販売されている。

無駄毛-体毛処理-フィリップスのボディーグルーマー | Philips

Philips ヒゲトリマー

ヒゲを剃らずに――皮膚を傷めずに――短く刈り揃えることは、それほど困難ではない。決してヒゲを伸ばすことができない職場で働いているのでなければ、最適の解決策である可能性は高いように思われる。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

kristina-flour-185592

言葉が1つしかない世界

 しばらく前、次のような記事を読んだ。

YO!の1語のみでやり取りするアプリが斬新すぎると話題!

 Yo.とは、スマートフォンで”Yo”というメッセージを交換するためのアプリである。送ることができるのは、”Yo!”の一語とその音声だけであるらしい。(だから、一度使い始めたら、その後は、何らかの文字を入力するプロセスがないのであろう。)

 上の記事に記されているように、一語のみによるコミュニケーションは、きわめて高度な技術を必要とする。闇雲に”Yo!”を送っても、これは、コミュニケーションにならないからである。

 「ありがとう」も「おはよう」も「さようなら」も「嫌い」も「1+1=2」も「明日の13時に渋谷で待ち合わせ」も、すべて”Yo!”と表現する他はない。これは、あらゆる文を代理する記号なのである。

 そこで、”Yo!”以外の語をコミュニケーションで使うことができなくなったとき、何が起こるかを想像してみた。

 このアプリ以外に連絡手段がないとき、送り手に工夫することが許されるのは、送る相手とタイミングだけである。だから、”Yo!”だけでコミュニケーションを成り立たせようと思うなら、私は、”Yo!”を送ろうとする相手が、どこで何をしているのか、何を考えているのか、正確に予想しなければならない。つまり、ちょうどよいタイミングで相手に”Yo!”を届け、”Yo!”が代理しうる無数の文から、こちらが期待するものを選んでもらうために、相手のことを徹底的に知ることがコミュニケーションにとって必須となる。同じように、”Yo!”を受け取る側もまた、相手がなぜ”Yo!”を送ってきたのか、相手の身になって想像しなければならない。これは、コミュニケーション能力を向上させる訓練として非常に有効であるに違いない。

“Yo!”だけのコミュニケーションは思考を滅ぼすか

 もっとも、”Yo!”の一語によるコミュニケーションが支配的になるとするなら、それとともに、”Yo!”以外の語は次第に使われなくなるはずである。もちろん、単語が実際に使われなくなるとしても、現実を分節するための枠組としての言語が消滅するわけではないが、膨大な単語を使いこなす能力は次第に失われて行くことは確かであり、複数の単語を使って何かを表現することは、複雑な楽器の演奏に似た特殊な記号の操作と見なされるようになるであろう。

 しかし、本当に”Yo!”の一語しか使われなくなったとき、その状況を「言語が使用されている」と考えることができるであろうか。というのも、ソシュールとともにラングの本質を「差異」に求めるなら、(アクセントもイントネーションも同じ)ただ一語しか単語を持たない言語は、言語と見なすことはできないことになってしまうからである。(もちろん、身振りも使えないということが前提である。)

 さらに、言語が思考の分節の枠組であるなら、一つひとつの”Yo!”を説明するためのメタ言語を想定しないかぎり、「”Yo!”言語」(?)は何ものも分節しないことになるから、そこには思考そのものが不在であるということにもなるであろう。

 それとも、たとえ”Yo!”しか使うことが許されないとしても、思考することは可能なのであろうか。そして、考えることが可能であるとするなら、私たちは、そのとき、何を考えるのであろうか。

MM Lawyers

不適切な表題の自己啓発書とビジネス書

 昨日、次のような本を見つけた。

できる男は「常識」を信じない (PHP文庫)

 「できる男は『常識』を信じない」と表紙には記されている。PHP研究所が版元であるから、内容には最低限の信用を置いて差し支えないのかも知れない。もっとも、私自身は、この書物を読んでいない。したがって、これが読むに値するものであるかどうかについては判断を控える。

 私がここで取り上げたいのは、「できる男は『常識』を信じない」という表題だけである。というのも、「ビジネス書」や「自己啓発書」には、似たような形式の表題を持つ書物が実に多いからであり、さらに、このような表題を持つ書物を本屋の店頭やアマゾンで見かけたら、購入するかどうか、ゆっくり10回深呼吸してから決めるのが無難であるように思われるからである。理由は次のとおりである。

 そもそも、表題が書物の内容を正確に映すものなら、この書物には、「できる男は『常識』を信じない」ことが記されている。そして、「できる男は『常識』を信じない」こと以外には何も記されていないはずである。ところが、私たちは、この表題を目にすると、「常識に囚われない思考や行動が生産性を向上させるという仮説」あるいは「常識に囚われずに考えたり行動したりする方法」などがここに記されていることを予想する。当然、この書物の編集者は、このような予想が表紙を眺める者の心に生まれることを期待して表題を決めたはずである。

このタイプの表題は、見る者を「後件肯定の虚偽」へと誘う

 しかし、「できる男は『常識』を信じない」という文が真であるとしても、この文は、すべての「できる男」に「『常識』を信じない」という共通の傾向が認められることを語るものであるにすぎない。したがって、この文を変形することによって導き出されるのは、せいぜい、「『常識』を信じない」という性格を欠いた者の集合の要素には「できる男」が1人も含まれていないということにとどまる。「『常識』を信じない男が『できる男』である」こと、あるいは、「『常識』を信じることをやめれば『できる男』になれる」ことは、論理的には決して導き出すことはできないのである。

 実際、「できる男」がすべて「『常識』を信じない」というのが事実であるとしても、「できない男」(これが「できる男」の矛盾概念であると仮定する)の中にも「『常識』を信じない」者がいることを形式的に否定するものではない。したがって、上の書物の表題は、「できる男は『常識』を信じないかも知れないが、『常識』を信じることをやめたからと言って、必然的に『できる男』になることができるわけではない」という意味に理解されねばならないのである。

 「できる男は『常識』を信じない」から「『常識』を信じなければ『できる男』になれる」を導き出すのは論理的な虚偽であり、これは、伝統的論理学において一般に「後件肯定の虚偽」と呼ばれる誤謬推理の一種である。このタイプの表題は、これを見る者を後件肯定の虚偽に誘うものであると言うことができる。

 次の本についても、事情はまったく同じである。

できる男は超少食―空腹こそ活力の源 !

何もしなくても人がついてくるリーダーの習慣

 形式的に考えるなら、「できる男は『超少食』」かも知れないとしても、「食生活を『超少食』にあらためれば『できる男』」になることができるわけではなく、どのような「習慣」を身につけようとも、それだけで「人がついてくるリーダー」になることができるわけでもないのである。

原因を推定しようとすることは自然な反応だが、表題を見て、「逆も真」かどうかを考えてみるべき

 とはいえ、「できる男」なるものが目の前にいるとき、なぜこの人物が「できる」のか、その原因を知りたいと誰もが考える。これは、人間にとって自然な欲求である。そして、このような欲求に応えるとき、私たちは、後件肯定の虚偽をあえて犯す。つまり、原因を推定するのである。たしかに、このような推理は、必然的に真であるわけではないが、真である可能性がないわけではない。これは、一般に「アブダクション」と呼ばれるものであり、三段論法のうち、小前提と結論を入れ替えることによって作られる。(だから、原因を推定する推理としてのアブダクションは、つねに後件肯定の虚偽に当たる。)
 だから、私は、このタイプの表題を持つ「自己啓発書」や「ビジネス書」を買うべきではないと言うつもりはない。

 ただ、このような表題を見て、その書物に何かを期待したとき、自分が後件肯定の虚偽に陥っていないかどうか、一度は疑ってみるべきである。そして、後件肯定の虚偽に陥っているとしても、それでも、「できる男」が「できる」原因を知りたいと思うのなら、書物を購入する前に、10回深呼吸してから、自分自身が「できる男」になる方法がそこに記されているわけではないことをあらかじめ理解すべきである。これは、時間とカネを無駄にしないために必要な手続きであろう。

Professor Kicia

メガネは道具かアクセサリーか

 今日、メガネを買った。「買った」とは言っても、代金を支払ったのは10日以上前のことであり、今日は、レンズが入ったメガネを店で受け取ってきたのである。

 代金を払ってから実際に手にするまでに――いや、「顔にするまでに」と言うべきか――10日以上かかったことから明らかなように、私がメガネを手に入れたのは、量販店や核安メガネ店ではなく、どちらかと言うとお洒落なフレームを扱っている「普通の」メガネ店である。

 「何をメガネくらいで」と思うかも知れないが、私にとって、今回のメガネを買うのには、一大決心を必要とした。

 私は、中学生のときにメガネとの縁ができてから、現在まで、複数のメガネを同時に使うことはなかった。使っているのはいつでもどこでも同じ1つ、そして、この1つが壊れると、代わりになるものを新たに買うことを繰り返してきた。(ツルが折れて使えなくなるのが普通であるが、以前、一度だけ、着用して外を歩ているときに、両方のヒンジのネジが同時に外れてメガネが解体して落下したことがある。目の前から急にメガネがなくなり、驚いたのを今でも覚えている。)

 今日まで使ってきたメガネは、今から7年くらい前に買ったものであり、私にとっては5代目に当たる。幸いなことに、このメガネは、少し傷んではいるが、今のところ壊れる気配はない。だから、今回、私は、使用不可能になったメガネに代わるものを手に入れたわけではない。

まったく違う型のメガネを初めてつけるのは冒険ではあるが……

 実は、しばらく前から、メガネの形が顔に合っていないのではないかという疑念が心に浮かび、そのために、私は、何となく落ち着かない日々を送っていた。気のせいかも知れないが――気のせいであることを願う――街を歩いていると、向こうから歩いて来る人がみな私を見て驚いたような顔をしているように感じられることもあった。そこで、今の私のメガネが年齢や顔つきにふさわしいものなのかどうか、先入見なしに検討してみることにした。

 私は、今まで合計5つのメガネを使ってきたが、これらはすべて、金属製のフレームの「ウェリントン型」のメガネである。メガネを変えるたびに、フレームやレンズのメーカーが変わり、フレームの色が金、銀、あるいは微妙なチタン色(?)などに変化することはあっても、基本的な輪廓はつねに同じであった。私自身、根本的に違うものを試すなど、考えてみたこともなかった。30年以上もメガネと付き合ってきたにもかかわらず、メガネは、私にとっては、万年筆やパソコンと同じ仕事の道具であり、デザインの観点からメガネを「選ぶ」など、思いもよらないことであった。

 しかし、今回、私は、眼鏡店で相談し、ウェリントン型のものを選ばなかった。新しく手に入れたメガネは、いわゆる「ボストン型」である。ボストン型のメガネでは、メガネをかけた顔を正面から見たとき、メガネによって覆われる面積がウェリントン型の場合よりも小さくなる。フレームの形もまた、ウェリントン型とは異なり、基本的にマルである。(もっとも、ジョン・レノンのメガネのような完全なマルではない。あれは「ラウンド型」と呼ばれているようである。)私の知り合いが新しいメガネをつけている私を見れば、真っ先に、メガネがいつものものと違うことに気づくはずである。メガネを換えることにより、周囲が私について抱く印象もまた変わる可能性があり、すでにこれだけでも、メガネの形がずっと同じだった私のような者には、まったく新しいメガネは大きな冒険となる。

 それでも、年齢(あるいは社会的な立場)にふさわしいメガネを使うことは、身につける他のものと同じように、大切なことであるように思われる。20代や30代なら、安物のメガネであってもかまわないが、ある程度以上の年齢になり、ある程度以上の収入があり、ある程度以上の地位を占めているのなら、メガネもまた、自分の属性にふさわしいものにすべきではないのか……、このように考え、私は、あえて冒険することにした。新しいメガネを使っているうちに、メガネに合わせて表情や身振りにも何らかの変化が認められるに違いない。しかし、新しいメガネによって何かが変化するなら、これもまた楽しみたいと思う。

そのメガネは年齢と地位にふさわしいか

 何年か前のある日、年長の同僚と一緒に入学試験の監督をしたことがある。私は、この同僚について、身だしなみに気を遣っているという印象を持っていた。実際、その日も、この同僚は、それなりの身だしなみを整えていた。

 ところが、試験時間中、この同僚がメガネを外したとき、フレームのツルの部分に、安売り店のロゴがチラッと見えた。60歳を超え、私よりも多くの給与を得ているはずのこの同僚が、しかし、メガネだけは信じられないほどの安物を使っていることに、私はいくらか驚いた。そして、これからは、安売り店でメガネを手に入れることはせず、自分に合ったものを自由に捜す手間を惜しまないようにしようと自分に誓った。今回の新しいメガネは、この決意の延長上に位置を占めるものである。

 自分の年齢、所得、外見、地位などにふさわしいものを手間をかけて捜し、これを身につけることは、周囲からは気づかれぬもの、目立たぬものであるとしても、社会生活における義務に属するのではないか、いや、それ以前に、自尊心(=自分に対する尊敬)の条件の1つなのではないか、私はこのように考えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ