AD HOC MORALIST

人間らしい生き方をめぐるさまざまな問題を現実に密着した形で取り上げます。

カテゴリ: 雑談

Well Wishers

祝日は単なる休みの日ではない

 2016年1月1日現在、わが国には「国民の祝日」が16日ある。すなわち、「元日」「成人の日」「建国記念の日」「春分の日」「昭和の日」「憲法記念日」「みどりの日」「こどもの日」「海の日」「山の日」「敬老の日」「秋分の日」「体育の日」「文化の日」「勤労感謝の日」「天皇誕生日」の16日である。なお、国民の祝日が16日というのは、世界的に見ると多い方であると一般には考えられている。(アメリカには祝日が10日しかない。)

 言うまでもないことであるが、国民の祝日は、「祝日法」(=「国民の祝日に関する法律」)第3条にもとづき休日になることが決められているが、もちろん、単なる「休みの日」ではない。国民の祝日には、それぞれの祝日の趣旨に従って何かを「祝う」ことが必要である。祝日法第1条は、「国民の祝日」の意味について、

自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞつて祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける

と説明する。国民の祝日というのは、単なる「仕事のない日」でもなければ、「家族サービスの日」でもないのである。私自身は、たとえば「建国記念の日」(←紀元節)、「春分の日」(←春季皇霊祭)、「昭和の日」(←天皇誕生日)、「秋分の日」(←秋季皇霊祭)、「文化の日」(←明治節)などには、少なくとも国公立の小学校と中学校を休みとせず、児童と生徒を全員登校させ、「祝う」という言葉にふさわしい何らかの行事を実施すべきなのではないかとひそかに考えている。

「祝え」と言われても、何を祝ってよいのかわからない祝日が多い

 とはいえ、それぞれの祝日に祝うべき事柄は、きわめて曖昧である。上に挙げた5つの祝日は――底の浅い左翼は嫌うであろうが――その意義が比較的明瞭であるが、中には、なぜ祝日に定められているのがよくわからないもの、休日を増やすためだけに国民の祝日に加えられたのではないかと疑うようなものもある。

 祝日法第2条には、それぞれの国民の祝日の意味が記されている。

第二条  「国民の祝日」を次のように定める。

元日 一月一日 年のはじめを祝う。

成人の日 一月の第二月曜日 おとなになつたことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます。

建国記念の日 政令で定める日 建国をしのび、国を愛する心を養う。

春分の日 春分日 自然をたたえ、生物をいつくしむ。

昭和の日 四月二十九日 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。

憲法記念日 五月三日 日本国憲法 の施行を記念し、国の成長を期する。

みどりの日 五月四日 自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。

こどもの日 五月五日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。

海の日 七月の第三月曜日 海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。

山の日 八月十一日 山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。

敬老の日 九月の第三月曜日 多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。

秋分の日 秋分日 祖先をうやまい、なくなつた人々をしのぶ。

体育の日 十月の第二月曜日 スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。

文化の日 十一月三日 自由と平和を愛し、文化をすすめる。

勤労感謝の日 十一月二十三日 勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。

天皇誕生日 十二月二十三日 天皇の誕生日を祝う。

 (なお、上に掲げられた国民の祝日のうち、建国記念の日だけは「政令で定める日」となっており、具体的な日付がないけれども、昭和41年に「建国記念の日」が新たに国民の祝日になって以降、現在にいたるまで、戦前の「紀元節」に当たる「2月11日」に固定されている。)

 たとえば「体育の日」は、1964年の東京オリンピックを記念し、開会式の日(10月10日)を祝日にしたものであるが、「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」祝日というのは、まったく意味不明である。少なくとも、東京オリンピックの開会式以降に生れた国民にとっては、何を祝えばよいのかサッパリわからない日である。

 あるいは、「文化の日」に与えられた「自由と平和を愛し、文化をすすめる」という説明もまた、完全に意味不明である。名称を「明治の日」に改めた方がよいかどうかは、よくわからないけれども、少なくとも現状では、何をどのように祝えばよいのかわからないことは確かである。

 さらにひどいのは、「春分の日」と「秋分の日」である。上の条文では、それぞれの趣旨に関し「自然をたたえ、生物をいつくしむ」「祖先をうやまい、なくなつた人々をしのぶ」と記されているけれども、あまりにも抽象的で意味がわからない。しかも、問題は、「春分の日」が「春分日」に、「秋分の日」が「秋分日」にそれぞれ置かれている点にある。つまり、昼と夜の長さが同じ――厳密に天文学的に言うと少し違うらしい――になる日が祝日と定められているのである。「昼と夜の長さが同じ」であることの何がめでたいのか、私には理解することができないが、少なくとも、国民の大半は、「昼と夜の長さが同じになったぞ、さあ祝え」と言われても、困惑するばかりであろう。

祝うべき事柄を明らかにした上で、不要な祝日は廃止すべき

 さらに、16の国民の祝日のうち、「成人の日」「春分の日」「海の日」「敬老の日」「秋分の日」「体育の日」の6日が移動祝日になっており、これらのうち、「成人の日」「海の日」「敬老の日」「体育の日」の4日が月曜日に置かれている。これは、連休を増やすための措置以外の何ものでもない。もちろん、休日を確保するために祝日の数を増やしたり、祝日を移動させたりするなど、祝日の趣旨に明らかに反する措置であると私は考えている。(労働者を休ませたいのなら、「国民の休日」あるいは「労働禁止日」――「『3』のつく日は一律休み」のような――を法律で定めればよい。)

 「何を祝うのか」という観点から国民の祝日を眺めると、不要な祝日が多いことがわかる。たとえば、「憲法記念日」(5月3日)と「みどりの日」(5月4日)は廃止しても一向に差し支えないに違いない。憲法記念日の廃止を主張すると、「護憲派」は憤慨するであろうが、実は、11月3日の「文化の日」(日本国憲法の公布日)が事実上の憲法記念日になっているのだから、5月3日を祝日にしなければならない理由はないのである。そして、5月3日が平日になれば、「憲法記念日」と「子どもの日」のあいだを埋めるためだけに作られた「みどりの日」もまた、不要となるであろう。

 祝日は、あくまでも「祝う」ため――条文のとおりに表現するなら、「祝い、感謝し、又は記念する」ため――に休日とされている日である。したがって、わが国全体にかかわる何かをその都度「祝う」ことが国民の責務であることになる。しかし、そのためには、それぞれの祝日に祝うべき事柄が明らかでなければならない。何を祝うのか、それは祝うに値する事柄であるのか、一つひとつ吟味し、場合によっては、国民の祝日を廃止することもまた、真剣に考慮すべきであるように思われる。


race-801940_1920

リオデジャネイロ・パラリンピックがスタートしました。 史上最高のメダルを獲得して感動の渦だったオリンピックから、舞台がパラリンピックへ移ります。 ぜひパラリンピック中継を“NHKで”観たいと思っていま

情報源: 衆議院時代にNHKに問い詰めた「パラリンピックを放映しないなんてもったいない!」思わず熱くなり大炎上もしましたが…|中田宏公式WEBサイト


 上の記事を読み、埋め込まれていた動画を観た。NHKでのパラリンピック大会の放送時間を増やすべきであるというのがその主張である。


 中田宏氏の主張は、パラリンピックをオリンピックと同じように扱うという点に話を限るなら、その通りであると思うけれども、放送時間をこれ以上拡大することには、私は必ずしも賛成しない。

 私は、オリンピックについてもパラリンピックについても、少なくともNHKで放送するに値するものではないと考えている。これらのスポーツ大会をNHKの地上波で放送することは、ある限度を超えると、公共の利益に反するものとなるように思われるからである。そもそも、スポーツ大会というものは、誰もが興味を持つものではないし、興味を持たなければならないものでもない。たとえば、今年の夏のオリンピックについて、放送されたものをすべて観た人は少なくないであろう。しかし、それとともに、私のように、何も観なかった人間もまた、それなりの数になるはずである。

 政治や経済に関するテレビの報道は、社会全体の問題に関する合意形成の前提となる情報を提供するものであるから、基本的に「万人が観るべきもの」である。これに対し、スポーツは、観る者にとっては単なる娯楽であり、「観たければ観る」ものである。NHKの地上波の放送時間を、毎日、何時間にもわたって最優先で占拠しなければならないほどの価値がオリンピックとパラリンピックにあるのかどうか、冷静に考える必要があるように思われる。オリンピックとパラリンピックが開催されているあいだ、世界が休んでいるわけではなく、事件が少なくなるわけでもない。優先的に報道すべきことは、いくらでもあるはずなのである。

 もちろん、たとえば、演歌に興味がない者にとって、NHKが放送する歌番組は邪魔であるかも知れない。しかし、演歌が放送されるのは、せいぜい週に1回、45分間にすぎない。歌番組がNHKの放送の質に何か悪影響を与えるとしても、それは、目に見えないほど小さなものである。少なくとも、普段から放送される番組が演歌のせいで休止になったり、放送時間が変更されたりすることはない。

 それでも、今回のオリンピックには、まだ救いがあった。ブラジルと日本のあいだの時差が12時間あり、現地の昼間が日本の夜に当たっていたからである。番組編成に与えるインパクトは、比較的小さかったはずである。

 これに対し、2020年の東京オリンピックとパラリンピックでは、時差がない。つまり、昼間に行われる競技は、昼間に放送される。そのとき、どのくらいの量の番組が蹴散らされ、どのくらいの量のニュースが報道されぬまま終わり、そのせいで、社会全体の利益がどのくらい損なわれることになるのか、これは、あまり考えたくない問題である。

 オリンピックとパラリンピックの放送が不要であると考えるのと同じ理由によって、高校野球についても、NHKで放送する価値はないと私は考えている。(少なくとも、私自身は、記憶にあるかぎりでは、高校野球をテレビで観たことがない。)

 公共の電波を占領することが許されるスポーツがあるとするなら、それは、プロスポーツだけである。たとえば、相撲、プロ野球、プロサッカーなどは、本質的に「見せる」こと、つまり、観客がいることを前提とするものだからである。

Fishing Hole, Yellowstone National Park, Wyoming, USA.


ヘリ利用の中国人女性のエベレスト登頂を認定


 以下は、登山には何の興味もない人間による、思いつきのような極論である。

 上に掲げたのは、2014年、エベレストに登頂しようとした中国人の女性登山家がヘリコプターを使ったことに関連する記事である。ネパール政府は、この中国人の登頂の認定を留保していたが、これを正式に認定することになったというのが記事の内容である。

 少なくとも今のところはまだ、ヘリコプターのみで山頂まで行くことができない。エベレストの山頂は、足を使わなければ辿りつくことができない場所であるから、登山にはかけがえのない価値があると言うことができる。

 しかし、ヘリコプターで行けるところまではヘリコプターで行くという選択は、地元の住民の感情をいたく傷つけることは間違いないが、許しがたいほどのことではないと思う。ヘリコプターを使った登山が一般的になれば、エベレストの標高全体のうち、上から4分の1くらいが本当の意味における登山の対象となり、下の4分の3は観光地になるであろうし、それはそれで、やむをえないことであろう。

mount-fuji-831413_1920
 この観点から眺めるなら、たとえば富士山に登ることには、もはや積極的な意味は何もないように見える。というのも、富士山の山頂までは、ヘリコプターでも行くことができるし、自動車でも行くことができるからである。(人間ではなく生活物資を運ぶための道路が山頂まで整備されている。)山頂に辿りつきさえすればよいのなら、富士山にあえて足で登ることの意味は、必ずしも明瞭ではないことになる。

 想定されるのは、「足を動かしてこそ登山だ」「周囲の眺めを楽しむ」などの説明であろうが、これら2つが理由なら、富士山の代りに尾瀬に行ってもかまわないし、眺めのいいスポーツジムでトレッドミルの上を歩いてもかまわないことになる。ヘリコプターでも自動車でもなく、足で富士山の山頂を目指す理由としてもっとも説得力があるのは、「乗り物を使うカネがないから」ということになってしまうのであろうか。

 現代では、富士山に足で登るのは、釣り堀で魚を釣るのと同じと言うことができる。魚を手に入れることが目的なら、釣り堀での魚の捕獲など時間とエネルギーの無駄遣いであり、魚屋かスーパーの魚売り場に行くのが合理的である。富士山の山頂に辿りつきたいのなら、何も足を使う必要はない。何のために山に登るのか、登山とは何なのか、一度よく考えてみることが必要であるように思われる。


198:365 - Day $200 (haha oops)



 この前、クラウドファンディングに関して、カネを払うのではなく、反対に、カネをもらって常連客やファンを増やす仕組みであるという意味のことを書いた。また、クラウドファンディングは本質的にソーシャルメディアであるとも書いた。


ソーシャルメディアとしてのクラウドファンディング : アド・ホックな倫理学

昨日(2016年8月26日)付の「日経MJ」の3面に、クラウドファンディングを利用した飲食店の開業に関する記事が載っていた。 誰でも知っているように、クラウドファンディングは、21世紀に入ってから広い範囲で使われるようになった資金集めの仕組みであり、「たくさんの個



そのとき、似たような仕組みがあることを思い出した。それがfindomと呼ばれているものである。

――以下、英語でNSFW(=Not Safe For Work)と表記されるような内容が含まれている可能性があります。婉曲な表現を心がけていますが、不快に感じたら、ウィンドウを閉じて下さい。――

 さて、findomとはfinancial dominance (or domination)の短縮形であり、femdomの一形態である。そして、femdomというのは、female dominance (or domination)の短縮形で、BDSM(= Bondage, Discipline, Sadism & Masochism)と呼ばれる変態的な性的嗜好の形態の一つである。


 femdomの意味するところは、すでに文字から明らかであろう。すなわち、男が女(female)に支配(dominance)されることで快楽を覚えるタイプの性的嗜好がfemdomである。


 そして、findomは、そのさらに一形態であるが、その内容もまた、すでに文字によって明らかである。つまり、findomとは、女によって金銭的(financial)に支配(dominance)されること、具体的には搾取され破産させられることに快楽を覚える性的嗜好を意味する。


 findomの仕組みを最初から説明し直すと、次のようになる。

money-185366_1280
 男の方は、女にカネを貢ぎ続け、最終的に破産することで快楽を覚え、女の方は、カネを奪って「あげた」ことによって男から感謝され、奪ったカネを対価として獲得する……。


 しかし、そもそも、女にいたぶられることに快楽を覚えること、しかも、自分のことをいたぶってもらうよう女に依頼したり懇請したりすること、さらに、いたぶってもらったことへの対価を自発的に支払うことすら厭わないなど、私にはサッパリ理解できないのだが、これに加えて、通常のfemdomがどちらかと言うと身体や心が傷つけられるのに対し、findomは、女にカネを奪われることによって快楽を得るのであるから、これはもはや想像の範囲を超える事柄である。


 そして、このfindomの主役となる女のことをmoney dommeまたはfinancial dominatrixと言う。カネ(money)の面で(fnancial)支配する女(domme = dominatrix)、つまり、男に破産するまで貢がせて「あげる」女である。

 ただ、money dommeとして男を搾取して「あげる」ことを仕事とする女がいることはわかる――いや、実はあまりよくわからない――としても、findomなるものが現実に相当な広がりを持っており、もっとも安直な生活手段としてfindomを選択する女性が実際にいるということは知らなかった。いくら性的嗜好が多様だからと言っても、さすがに女に搾取されて性的快楽を覚えるとなど、都市伝説であると思っていた。


 しかし、findomは、単なる都市伝説ではなく、現実にfindomにはまって破産した男性までいるらしい。


Financial Domination | VICE | United States
 上のページには、関連する記事が10本掲載されている。findomを取材した"Cash Slaves"という動画も紹介されている。



 YouTubeの場合はこちら↓。(内容は同じ)



 findomが真面目に論じるに値するだけの社会現象と見なされていることにいささか驚く。面白くもあり、不気味でもあるが、動画のとおりなら、findomは、立派な社会問題であろう。

 ソーシャルメディアとしてのクラウドファンディングがfindomと同じであると言うつもりはまったくないが、カネを集める趣旨が第三者には理解できない場合があるという点と、出資したカネが原則的に回収されない点は同じである。今のことろ、両者の違いは、フェティシズムに陥っているかどうか、依存症や中毒を惹き起こすかどうか、という点にある。クラウドファンディングに出資しすぎて破産した、とか、クラウドファンディングに出資するために借金したとか、このような事例が発生しないことを願っている。

lee-scott-1505



 We have currently no posts to show under this category.


↑このページのトップヘ