AD HOC MORALIST

人間らしい生き方をめぐるさまざまな問題を現実に密着した形で取り上げます。

カテゴリ:反ライフハック > ITとデジタル

Reading and chatting

 しばらく前、iPad miniを廃棄した。私が廃棄したのは、2013年に購入した第1世代のiPad miniである。故障したわけではないし、決定的に不要になったわけでもなかったけれども――主に出先で移動中に電子書籍を読むためにPad miniを使っていた――それにもかかわらず廃棄したのには、ある単純な理由がある。すなわち、第1世代のiPad miniのiOSのアップデートが9.35までで止まっており、iOS10以降にはアップデートされないことがわかったからである。

 OSがアップデートされなくなるからと言って、すぐに動かなくなるわけではないが、少なくともアップルの製品の場合――特にiPadやiPhoneでは――OSがアップデートされていないと、アプリのアップデートから次第に取り残されて行くことを避けられない。ネットに接続して使うことが前提となっている以上、アップルの製品であり安全であるとは言っても、やはり、これはどうでもよい問題ではないに違いない。

 マイクロソフトの場合、Windows XP以降のOSが出荷時にインストールされていたPCなら、理論上は、CPU、メモリ、HDなどの環境が許容するかぎり、OSのアップデートが無際限に可能である。Windowsでは、PCが動かなくなったときがアップデートできなくなったときとなる。

 これに対し、アップルの製品は、今回のiPad miniのように、機器の寿命が来る前に使えなくなる可能性がある。アップルは、同一の機器やソフトウェアを長く使い続けるユーザーを大切にするよりも、最新の技術を取り入れた最新の製品を開発することをつねに優先させるからである。

computer-1713573_1920
 だから、20年前にWindows95用に開発されたソフトウェアが最新のWindows10でも動くのに反し、同じ時期にMacのOSであった漢字Talk7.5(懐かしい……)で動いていたソフトウェアは、現在のMacにはそのままではインストールすることすらできず、どうしても動かそうと思うなら、(漢字Talkについて開発されているのかどうか知らないが、)エミュレータが必要になるはずである。このような観点から眺めるなら、アップルの製品、特にiOSやMacOSで動く製品については、5年も10年も使い続けられる見込みはなく、最短で約3年で「賞味期限」が来ると考えた方が無難であり、この意味では、アップルの製品は割高であると言うことができる。(もっとも、アップルが好きな人々は、価格など一切考慮しないのかも知れないが。)

 WindowsとMacのあいだの選択は、もちろん、各人の好みによるであろうが、少なくともMacには、周辺機器が急に使えなくなったり、データをそのままでは読み込めなくなったりする懸念がつねにつきまとうことは確かである。私は、12インチのMacBookを所有しているけれども、ネット上で完結する作業以外、Macを仕事で使うことはない。やはり、WindowsではなくMacを仕事用の主なマシンとして支障なく使うことができる職業は、今のところかなり限られているように思われる。


Fritz Lang - Metropolis still 1

人工知能の能力は、人間に「できた」ことを精密に模倣する能力である

 人工知能がどのような影響を社会に与えることになるのか、正確に予測することは困難である。しかし、現在の世界において「職業」と見なされているもののある部分が人工知能によって置き換えられるのは間違いないように思われる。

 人工知能によって置き換えられる可能性が高い職業について、さまざまな観点からさまざまな予測が試みられているようであるけれども、これもまた、正確な予測は困難である。ただ、人工知能の本質を考慮するなら、次の点は確かである。すなわち、仕事に携わる者の個性を成果に反映させることを求められないような職業は基本的にすべて人工知能に置き換えられる可能性がある。求められるのが高度な知識や正確な技術にすぎないような仕事は、人間のするものとは見なされなくなるであろう。

 医師や法律家は、高度に知的な職業であるように見えるけれども、その業務内容のかなりの部分は、人工知能に奪われるはずである。たとえば、X線写真を読影して単純な怪我を治療したり、適切に投薬したりすることには、人間の個性などまったく要らないからである。遠い将来、技術を競うようなタイプの仕事には、もはや医師は必要とされず、医師の業務として残るのは、患者のケア――キュア(治療)ではなく――だけとなるに違いない。(だから、医師の場合とは異なり、看護師、ソーシャルワーカー、臨床心理士などの仕事の大半は、人工知能では置き換え不可能である。)法律家についても事情は同じである。「法律家なら誰がやっても同じ」であるような仕事は、人工知能によって置き換えられるはずである。

 以前に書いたように、人間に「できた」ことなら何でもするのが人工知能の本質である。つまり、人間がなしえたことを機械的に再現したり、これを組み合わせたりする能力に関するかぎり、人工知能は人間よりもすぐれているに違いない。しかし、人工知能には、人間に「できる」ことなら何でもできる能力が具わっているわけではない。というのも、人工知能には、独創性(オリジナリティ)が決定的に不足しているからである。つまり、本質的に新しいものを産み出すのは、人間だけなのである。


人工知能と「贋作の時代」の藝術作品 : アド・ホックな倫理学

しばらく前、精巧な贋作を大量に製作した人物のドキュメンタリーを観た。NHKオンデマンド | BS世界のドキュメンタリー シリーズ 芸術の秋 アートなドキュメンタリー 「贋(がん)作師 ベルトラッチ~超一級のニセモノ~」 この人物は、贋作が露見して逮捕、告訴さ



 もちろん、既存のものの組み合わせを「オリジナリティ」と呼ぶなら、人工知能にもオリジナルなものを産み出すことができると言えないことはないが、それは、表面的な目新しさにすぎない。人工知能が「作る」歌謡曲――厳密には、人工知能が歌謡曲を作るのではなく、人間が人工知能に歌謡曲を作らせるのであるが――がどれほど多くの聴衆を惹きつけるとしても、それは単なる見かけ上の新しさにとどまるのである。

オリジナリティは、学習の失敗によって生れるエラーではなく、遊戯のうちにあり、仕事を遊戯に変えるものである

 人工知能にはオリジナリティがないこと、したがって、オリジナリティあるいは「その人らしさ」が求められるようなタイプの仕事は人工知能によって置き換えられないことは、これまで繰り返し語られてきた。そして、この問題に関する支配的な見解は、オリジナリティの意味を、学習の失敗によって産み出されるものとして把握する。言い換えるなら、オリジナリティとは、人間の模倣能力が不正確であることが原因で発生する一種のエラーであると考えられていることになる。

 しかし、オリジナリティがエラーであるという主張は、必ずしも妥当ではないように思われる。たとえば、工藝、演藝、音楽、武術などにおける達人や名人は、すぐれた技能や技巧を披露することができるという理由によって「達人」や「名人」と呼ばれているわけではない。彼ら/彼女らが産み出すものには、彼ら/彼女らの個性が反映されており、極められた「」に反映された個性が評価されているのである。

 とはいえ、「藝」の上達の道は、素人には一直線であるように見えるけれども、実際には、上達するほど、「どちらに向かうと前進したことになるのか」明らかではなくなる。そして、このようなレベルに辿りついた者たちは、「達人」「名人」などと呼ばれ、「三昧」と呼ぶことのできる境地で「藝」の上達のために試行錯誤を繰り返すことになるはずである。(だから、これは一種の「遊戯」である。)ここで発揮されるオリジナリティは、記述可能な到達点を基準として測定されたエラーなどではない。そもそも、「藝」には決まった到達点などないからである。

 同じことは、普通の仕事についても言うことができる。それ自体を目的とするふるまい、つまり「遊戯」になりうる職業、そして、遊戯が成果として評価されるような職業は、オリジナリティを要求されるがゆえに、人工知能によっては決して置き換えることができない。残念ながら、いわゆる「会社員」が担っている仕事のかなりの部分は、オリジナリティとは無縁のもの、成果を測定する明瞭な基準が定められているものである。(もちろん、設定された基準の中には、たとえば「売り上げ」のように、明瞭であるが正当性のハッキリしないものもある。)

 これらの仕事がすべて人工知能に委ねられるとき、すべての仕事は遊戯となる。そして、各人は、みずからの職業を――期待される給与ではなく――遊戯として専念しうるかどうかにもとづいて選択することになるに違いない。


Vintage Flip Cell Phone

デジタル機器の交替に乗り遅れると

 携帯電話について、今でも忘れられない光景がある。

 私が携帯電話を初めて手に入れたのは、1998年夏である。ちょうどそのころ、秋葉原の電気街で、ある店に入ってフラフラと歩いていたとき、私は、かなり高齢の女性が修理受付のカウンターの前で小型の縦長の弁当箱くらいの大きさの灰色の機械を鞄から取り出し、修理可能かどうか店員に尋ねているのを見かけた。その機械が何であるのか、携帯電話を買った直後の私にはすぐに見当がついた。それは、1990年代前半に発売された携帯電話の端末であった。

 1998年ごろというのは、携帯電話の小型化と多機能化が急速に進んだ時代であり、私にとっての最初の携帯電話は、体積の点でも重量の点でも、私が現在使っているスマートフォンの半分くらいしかなかった。それだけに、高齢の女性客が鞄から取り出した弁当箱大の端末は、いかにも「事務機器」風であり、発売から10年も経っていないにもかかわらず、化石のような印象を与えた。私自身が小型の携帯電話を手に入れた直後だったからなのかも知れない。

 女性に応対した店員は、「残念ながら、その端末はすでに製造中止になっており、部品も調達できない」という意味のことを説明し、最新の小型のものへの買い替えをすすめていた。しかし、女性は、持参した端末を鞄にしまい、沈んだ表情でそのまま店から出て行った。

 私は、この光景を見て、デジタル機器には、適当な移行の時期というものがあるらしいことを悟った。(「イノベーター」や「アーリー・アダプター」となり、新しい流れに早めに乗るのはかまわないとしても、)ある時代に社会に広く普及したデジタル機器をあまりにもながいあいだ使い続けていると、新しいタイプの機器が登場して普及し、社会のインフラになって行くとき、これを使いこなせず、社会の動きから取り残されてしまう危険があるのである。

 私の家族の1人は、ワープロ専用機をごく初期から使っていたが、そのために、パソコンの普及から完全に取り残されてしまった。1990年代後半以降、ワープロ専用機の製造が中止になり、修理のための部品を手に入れることも困難になって行く中で、ワープロ専用機をあえて使い続けることは、「次に故障したら2度と使えなくなるのではないか」という恐怖との絶えざる闘いのように見えた。21世紀に入ってからもワープロ専用機を使い続けていたせいで、周囲とのコミュニケーションに非常に大きな支障をきたしたことは、誰でも想像することができるであろう。

phone-1678289_1920
 私自身は、ワープロ専用機を1997年に処分し、パソコンを初めて購入した。これは、現在まで続くパソコン中心の社会の動きに辛うじて乗り遅れずに済むタイミングとしてはギリギリであったに違いない。

「あいのこ」が出てきたら、新しい機器に乗り換えるべきとき

 大体において、デジタル機器の交替は、「あいのこ」が登場したときが潮目であると言ってよい。パソコンがワープロ専用機を駆逐する過程において登場したのは、見かけを可能なかぎりワープロに似せたパソコンであった。「ワープロライクなパソコン」を必要とする階層が現われたときには、もはやワープロ専用機の命脈は尽きたと考えるのが自然である。

 同じように、「ガラホ」なるものもまた、フィーチャーフォンが消滅に向かうことのサインとして受け止めるべきなのであろう。「ガラケーライクなスマホ」を必要とするのは、イノベーター理論が「ラガード」(のろま)に分類する最後尾の階層のはずだからである。

 私は、個人的にはスマートフォンが嫌いである。しかし、これからしばらくのあいだ市場に流通する「ガラホ」は、とどまることなく畸形化し、やがて、知らぬ間に姿を消す運命にある。スマートフォンの次に何が現われるのか、私などには予想もつかないけれども、当面は、スマートフォンが社会において支配的なデジタル機器の1つであり続けることは確かであり、私たちは、これに耐えることを学ばなければならないのであろう。

 そう言えば、2005年から11年までアメリカで放映されていたテレビドラマ「ミディアム 霊能捜査官アリソン・デュボア」では、いわゆるNokia Tuneと呼ばれる独特の着信音が繰り返し流れる。

Amazon.co.jp | ミディアム 〜霊能捜査官アリソン・デュボア〜シーズン1DVD-BOX 【4枚組】 DVD・ブルーレイ - パトリシア・アークエット.ジェイク・ウェバー.ミゲル・サンドヴァル.デヴィッド・キュービット

The Nokia Tune: Grande Valse

 ドラマが放映されていたころには、ノキアがアメリカの携帯電話市場で大きなシェアを占めていたから、Nokia Tuneが何であるか、誰もが知っていたのであろう。しかし、今から10年後にこのテレビドラマを初めて観る者には、なぜこの着信音なのか、特別な説明が必要となるに違いない。


close-up-2178341_1920
 プログラミングを教育に取り入れることの重要性が声高に語られるようになっている。これは、誰でも知っている。オバマも、プログラミングの大切さについて何か演説していた。

 ただ、プログラミングの中身は何も知らないし、なぜプログラミングが大切なのかも、実感としてはよくわからない。まして、プログラミングの面白さなど、もはやサッパリだ……。半年くらい前まで、私はこの段階にあった。プログラミングについては「初心者以前」のレベルである。(念のために言っておけば、今でも、「初心者」に指先が引っかかっている程度である。) ただ、30歳代より上の文系人間は、ITに多少なりとも関係のある仕事をしているのでなければ、似たり寄ったりなのではないかと勝手に想像している。

 とはいえ、何も知らないというのはさすがにまずいと考え、数字と記号のかたまりにやる気を殺がれながらも、少し時間を使ってネットで情報収集したり本を買って読んだりした。自分ではプログラミングできないとしても、プログラミングの話題について行ける程度には勉強したいと 思ったのである。

 その結果、プログラミングについて「初心者以前」のレベルから、曲がりなりにも「初心者」と呼べるレベルに上がるためには、少なくとも2つの質問に答えられなければならない、ということがわかってきた。すなわち、 
  1. プログラミングの技術が身についたら、何をやってみたいのか。
  2. プログラミングの何がわからないのか。

 2つとも超難問であって、ある意味では、これらに答えられないから一歩も先に進めないとも言える。

 だから、まずプログラミングそのものではなく、上の2つの質問に対する答えを探すことに集中するのがよいと思う。特に、(1)に答えられないと、何を勉強したらよいかもわからないのではないかと思う。というのも、プログラミングにはいくつもの言語があり、何をやりたいかによって勉強する言語が違ってくるからである。

 初心者を対象にプログラミングとは何かを紹介した本がかなり出版されている。ただ、こうした本では、webをやりたいならこの言語、ゲームを作りたいならこの言語、などというふうに書かれてることが多いが、「初心者以前」の人間には、この程度でさえ、いきなり言われても意味がわからない場合がある。

 そこで、私が読んで最後までついて行けて、かつ、上の2つの質問に答える手がかりが得られる可能性が高い本を紹介する。それは、次の本である。





 大人向けの入門書で挫折したら子ども向けで再挑戦すればよい、と言いたいわけではない。これは、マサチューセッツ工科大学で開発された教育用のプログラミング言語Scratchを利用した入門書で、Scratchの基本的な使い方と、遊び方が紹介されている。(続編も出ている。)表紙も中身もいかにも子ども向け風だが、バカにしてはいけない。「初心者以前」の人間にとっては、かなり高度な内容まで含まれている。

 たとえば、前半で「物語メーカー」なるものの作り方を紹介するところがあるが、ここで、関数を再帰的に使って複数の要素を持つ文を作るスクリプト(←言葉の使い方が正しいかどうか自信がない)がいきなり出てきたりする。このあたりは、「変数」や「関数」の意味が一応わかってる中学生以上でなければ、スクリプトのサンプルをそのまま写すだけで、応用はできないと思う。

 プログラミングの何たるかがわからなければ、また、プログラミングによってどういう世界が開けるかがまったくわからなければ、これを読んで、Scratchで遊びながら実際にプログラミングを試すことをすすめる。

 何冊も本を読みくらべたが、この本は、機械を作ったり、計算を自動化したり、シミュレーションしたり、音楽を作曲&演奏したりと、いろいろな場面での、子どもにもできる活用法が載っている。明確に書かれているわけではないが、プログラミングとは「ものづくり」の一部であるというのがこの本の基本になっているように見える。

 「プログラミング」と聞いて、細かい記号と数字が並んだ画面以外何も思い浮かばないなら、この本は、具体的なイメージを広げる第一歩として最適だと思う。

Kyoto Whisky Bar

 昨日(2016年8月26日)付の「日経MJ」の3面に、クラウドファンディングを利用した飲食店の開業に関する記事が載っていた。

 誰でも知っているように、クラウドファンディングは、21世紀に入ってから広い範囲で使われるようになった資金集めの仕組みであり、「たくさんの個人」から、「小口の資金」を、主に「インターネット」を利用して出資を募るのが主流になっている。

 また、出資の対象となるのは、映画の製作であったり、新規事業であったり、弱者救済の社会事業であったりするのが普通であり、その中でも、特に飲食店の開業にクラウドファンディングが使われる事例が増加しつつあるというのが、上記の「日経MJ」の記事の内容である。

 とはいえ、クラウドファンディングは、新規開店の前の告知や固定客の獲得の手段として、あるいは、出資させることで店に対する愛着を客の心に植え付ける手段として使われているのであって、開業資金の調達が本格的に試みられているわけではないし、金銭面での利益を出資者に約束しているわけでもない。記事にあった

CF〔=クラウドファンディング〕は媒体

という言葉のように、クラウドファンディングは、一種の宣伝媒体のように利用されているのである。

 しかし、クラウドファンディングのこのような利用法は、飲食店には限られない。クラウドファンディングのサイトをいくつか見ればすぐにわかるように、他の事業でも、クラウドファンディングは、「応援して下さい」「支援して下さい」というお願いと一体になっているのが普通である。出資を募る側から見れば、一銭もカネを出さずに、いや、反対に、カネをもらって応援団やファンを作り出す仕組みであり、出資する側から見れば、カネを出して事業を応援する仕組みである。クラウドファンディングでは、普通の意味での出資に見合った金銭的な収益を得ることは想定されていないのである。この意味において、クラウドファンディングは、きわめて「ソーシャル」な仕組みであり、本質的にはソーシャルメディアであると言うことができる。

twitter-292994_1920
 実際、クラウド ファンディングのサイトの中には、出資者がコメントを書き込むことができるようになっているものが多いが、そこには、「応援しています」「がんばって下さい」などのメッセージが溢れる。また、このようなメッセージを書き込んでいる出資者の多くは、事業主と知り合いだったりして、そこにはすでに「コミュニティ」ができ上がっていることもある。ここには、まるでカネだけを黙って提供するなど、見返りが欲しくて出資しているようになり、とうてい許されないかのような雰囲気、どこかで忠誠心を要求されているかのような窮屈な雰囲気が漂っている。

 クラウドファンディングのサイトでは、不気味なことに、出資者は、「支援者」とか「サポーター」とか「パトロン」と呼ばれる。フェイスブック上の知り合いが「友だち」と呼ばれるのと同じである。私など、「投資っていうのは、本当はそういうものじゃないはずだ」と心の中で抗議しながらも、怖気づいて足がすくんでしまう空気がここにはある。

 クラウドファンディングは、投資の仕組みではなく、本質的には「カネが動くソーシャルメディア」である。事業を始める者のファンになり、応援団になりたいのなら、クラウドファンディングを利用すればよいが、投資に見合った利益を金銭の形で求めるなら、株式や投資信託を選択すべきであろう。

 クラウドファンディングにおいて出資者に約束されているのは、金額に応じて、「お礼状」であったり「記念品」(?)であったり「開店イベントへの招待」であったりする。将来、クラウドファンディングのソーシャルメディア化が進行すると、いずれ、出資の見返りは「カネを出して応援した満足」などと堂々と書く事業主が現われないともかぎらない。しかし、このような段階になったら、そのとき、出資者が提供するカネは、もはや「資金」ではなく「お布施」であろう。

↑このページのトップヘ