AD HOC MORALIST

人間らしい生き方をめぐるさまざまな問題を現実に密着した形で取り上げます。

政治とその周辺

catt-liu-1625

男性に対する嫌がらせを「家事ハラ」と呼ぶのをやめさせても、嫌がらせの事実がなくなるわけではない

 今から3年前に、「家事ハラ」という言葉を頻繁に目にしていた短い時期がある。発端となったのは、旭化成のコマーシャルである。


 このコマーシャルが「ありがちな状況」を再現しているのかどうか、私にはよくわからないが、少なくはない数の既婚男性がこのコマーシャルにリアリティを感じたのであろう。このような事実がなければ、これが放映されることはなかったはずである。

 しかし、このコマーシャルは、なぜか「炎上」した。このコマーシャルを気に入らない視聴者が特に女性に多いということは誰でも予想できるけれども、わざわざ文句をつけるほどのことでもあるまいと私は考えていた。今でもそう考えている。

 このコマーシャルにおいて「問題」とされる論点をまとめた記事はネット上にいくつもある。批判の大半に私は同意しないけれども、少数ながら考慮するに値するものもあったと思う。したがって、ここでは、どのような仕方で実際に批判されたのかは一々記さない。

「妻の家事ハラ」広告はなぜ集中砲火を浴びたのか?世間が納得できない家事・労働シェアの空論と現実

 「家事ハラ」という言葉は、「家事労働ハラスメント」の短縮表現であり、この「家事労働ハラスメント」の意味は、次の本に記されているとおり、「家事労働を貶めて、労働時間などの設計から排除し、家事労働に携わる働き手を忌避し、買いたたく」ことである。だから、主婦による夫への嫌がらせを「家事ハラ」と呼ぶのは不適切であるという意見は、それ自体としては間違いではない。

 ただ、この意見が適切であるとしても、嫌がらせの事実がなくなるわけではない。いわゆる「家事ハラ」について語られることがなくなったとするなら、それは、「言葉狩り」のおかげであり、事実が隠蔽されているにすぎないのである。

家事労働ハラスメント――生きづらさの根にあるもの (岩波新書)

 なすべきことは、上のコマーシャルで紹介されたような事態が――どのような名で呼ばれようとも――惹き起こされる理由を明らかにすることに尽きることになる。

男性が家事を「手伝う」という表現が怪しからんと言うが……

 とはいえ、「なぜ主婦が家事を手伝う夫に対し嫌がらせするのか」という問いが発せられるなら、この疑問文が最後まで声にならないうちに、一部の主婦やフェミニスト(男性を含む)は、次のように絶叫するに違いない。つまり、「そもそも『手伝う』とは何ごとだ」「家事は女がやるものだと思っているのは時代錯誤の差別主義だ」……。

 たしかに、夫婦が公平に家事を担うというのは理想である。実際、少なくとも40歳代より下の世代では、「家事は女がやるものか」という問いに肯定的に答える男性はもはや少数派であるに違いない。だから、夫に対する主婦の嫌がらせに対して疑問を持つ男性がすべて性差別主義者であるわけではなく、むしろ、大半の男性は、「性差別主義者」などという安直なレッテル貼りを警戒し、慎重な言動を心がけているはずである。

 問題は、このような「信条」の問題とは別のレベル、表面的なコミュニケーションのレベルにある。

家事の「水準」を勝手に決めない

 これは完全な想像になるが、いわゆる「家事ハラ」が起こることには前提がある。すなわち、家事の「水準」と呼ぶべきものに関し夫と妻のあいだに明確な合意がなく、妻が夫と相談せずにこの「水準」をひとりで決めているはずである。

 家事の「水準」とは、たとえば

    • 「家全体はどの程度まできれいに掃除されているべきか」
    • 「洗濯ものはどの程度まできれいに整頓、収納されているべきか」
    • 「食事はどの程度まで整ったものにすべきか」

など、家事の完成度のレベルを意味する。

 もちろん、妻がこうした点をひとりで決めているのは、あるいは、よく考えることなく自分にとって自然なレベルにこれを設定しているのは、大抵の場合、夫が意思決定に関与することを妻が妨害しているからではない。夫がこの問題に対する関心を欠いており、そのせいで、妻が自然と考える水準が、吟味を受けることなくそのままその家庭の家事の水準になってしまう場合は少なくないに違いない。

 したがって、妻が家事の水準を自分で決め、夫のする家事がこの水準に到達しないことに腹を立て、これが結果として嫌がらせを惹き起こしているのなら、つまり、自分の思いどおりに夫が動かないことにいら立っているのなら、家事の水準を見直す――具体的には引き下げる――ことが絶対に必要である。そして、そのためには、この問題について話し合い、当事者が合意することのできるレベルを明確な形で設定することもまた避けられないであろう。

 実際、家事の水準に対し夫が明確な同意しているのならばともかく、そうでないのなら、やはり、夫にとって、家事は、「やらされている」もの以外ではありえず、最大限に好意的に表現しても「手伝い」以上の意味をそこに見出しえないことは明らかである。

 たとえば、洗濯物にアイロンをかけ、きれいに畳んだ上で収納するのには、相当な手間と時間が必要となる。夫婦共働きの家庭にそのような余裕などあるはずはない。水準を引き下げ、たとえば、アイロンがけは最大限省略する。皺ができては絶対に困るもの以外は収納は適当にする、あるいは、選択の回数自体を減らす、などの変更をすべきであろう。

 同じように、塵一つ落ちていない床が理想であり、風呂場の掃除は毎日行われるに越したことはないとしても、時間と体力に限界があるのなら、また、夫がこだわらないのなら、生活に支障がない範囲で手を抜くことは好ましいことですらある。(夫だけがピカピカの家にこだわるのなら、自分で掃除させればよいのである。)

 食事についても事情は同じである。家族の健康を損ねることがない範囲において、食卓に並ぶのが冷凍食品であっても、宅配であっても、中食であっても、家族の同意があれば、何ら問題はない。

 私の場合、子どものころの家の中は、決してピカピカではなかった。また、出てくる食事は冷凍食品ばかりであった。(1970年代の冷凍食品は、悪夢のように不味かった。)シャツは、誰が着るものもおしなべてヨレヨレであった。収納が雑だったからである。(「シャツの皺なんて着ているうちにのびる」が母の口癖であった。)それでも、家族全員がこの状態に同意を与えていたから、誰も家事の水準に不満を持つようなことはなかった。当事者が満足しているかぎり、家事の水準など、家庭によってまちまちであって一向にさしつかえない。自分の家庭の家事の水準をよその家庭と揃えなければならないと考えるべきではないのである。

 夫婦で、あるいは、家族で、家事の水準に関する明確な合意を形成することができるなら、いわゆる「家事ハラ」が発生する可能性は、ゼロにかぎりなく近くなるはずである。

家事について夫が低い水準しか求めないのなら、妻もこれに合わせるべき(合わせられないのなら、ひとりでがんばるしかない)

 妻が専業主婦であり、「丁寧な暮らし」を望んでいるのなら、夫もまた「丁寧な暮らし」を望んでいるのかどうか、意向を確認することが絶対に必要である。

 「丁寧な暮らし」を妻が趣味として実践する分には、夫がこれに文句を言う理由はあまり見当たらない。しかし、みずから「丁寧な暮らし」の当事者になり、「丁寧な」家事の分担を望む夫は、圧倒的な少数派のはずだからである。

 だから、妻は、夫の意向を無視して家事に高い水準を求めてはならない。夫の目には、それは、妻の単なる自己満足と映るはずである。(反対に、夫が家事について高い水準を求め、かつ、家事の分担を嫌がるようなら、妻は「ふざけるな」「自分でやれ」と言えばよい。)共同生活である以上、それぞれの家庭の家事の水準は、家族で折り合うことのできるレベルとせざるをえないのである。

ander-burdain-168833

 日本の社会は、飲酒に対して驚くほど寛大である。酒を飲まないせいか、私には、これが理解できない。

 酒を製造したり販売したり購入したりすることに制限を設ける必要はないとしても、飲食店に代表される公共の空間での飲酒は、全面的に禁止されるべきであると私はひそかに考えている。

喫煙者に囲まれていると

 私はタバコを吸う習慣がない。また、過去にタバコを吸ったこともない。しかし、子どものころ、私の家族は、私以外は全員タバコを吸っていた。

 私の家の中は、いつもタバコの煙が充満していた。朝、窓のカーテンを開けると、太陽の光がタバコの煙を通して差し込んでくる。そして、タバコが屋内で分厚い雲のようになっているのがよく見えた。換気のために窓を開けると、雲のような煙の塊が屋外に吸い出されるように排出されて行くのも観察することができた。当然、窓ガラスやカーテンはヤニだらけであった。(ただし、私の家族には、肺がんが原因で亡くなった者は一人もいない。)

 このような環境で育ったせいか、近くで誰かが喫煙していても、あまり気にならない。最近、受動喫煙の健康への害がよく取り上げられており、たしかに、喫煙に制限が必要であることはわかるけれども、個人的には、喫煙者に少しだけ同情している。私は、喫煙には比較的寛大なのである。

喫煙と飲酒と、どちらが有害か

 喫煙者が身近にいない人なら、喫煙は制限されるのではなく、むしろ、全面的に禁止すべきであると考えるかも知れない。たしかに、本人にとっても周囲にとっても、喫煙が健康によくないことが明らかである以上、禁止することには何の問題もないように見える。

 しかし、酒の害と比較するなら、タバコの害など、大したことはない。何といっても、酒の場合、摂取することにより、ほぼ確実に思考能力や判断能力が損なわれることは、誰にとっても自明のことである。自動車と自転車の飲酒運転が禁止されているのは、当然のことなのである。「喫煙運転」なるものの法的な規制が試みられたことがないという事実は、飲酒が喫煙とは比較にならないくらい有害であることを雄弁に物語る。

 さらに、喫煙が原因でニコチン中毒になる可能性がないわけではないとしても、飲酒によってアルコール依存症になる可能性の方がはるかに高く、さらに、周囲に対して与える害悪も大きい。これもまた、誰でも知っていることである。

 また、喫煙の害が周囲に及ばないようにするには、煙が拡散して受動喫煙が発生しないようにすればよいだけであるのに対し、飲酒の害が周囲に及ばないようにするには、アルコールを摂取する者をどこかに隔離することが必要となる。

 このような点を考慮するなら、公共の場所においてまず制限、禁止が検討されるべきであるのは、喫煙ではなく飲酒であり、2020年までに公共の空間からアルコールを一掃することができるなら、(そして、街頭から酔っ払いを消去することができるなら、)それは東京という都市の価値を大いに向上させることになるのではないか、私はこのように考えている。

関連する記事


飲めない人間の夜の生活 〈体験的雑談〉 : AD HOC MORALIST

酒を飲める人間のあいだには、酒の席でのみ作られる人間関係の「地下的な」ネットワークがあるけれども、飲めない人間には、これは入り込むことのできない謎である。


crash-62281_1920
 昨日、次のような記事を読んだ。

「ガレッジセール」ゴリ テレビからなぜ消えた?(東スポWeb) - Yahoo!ニュース

 私自身は、沖縄には地縁も血縁もなく、基地問題に強い興味があるわけではないが、それでも、時間と体力が許す範囲で情報は集めるように努力している。沖縄に関心を持ち、沖縄について考えることは、沖縄が日本の重要な一部であるかぎり、日本人の義務であると信じているからである。

 しかし、上の記事からわかるように、沖縄の基地に関してどのような意見を持っているかには関係なく、また、文脈にも関係なく、テレビの関係者は、「沖縄+基地」という単語が含まれるすべての発言に対し拒絶反応を示すようである。脳のどこかに「NGワード」のリストがあり、このリストに含まれる単語がヒットすると、脊髄反射が起こるわけである。10年前のコンピューターでも、もう少し柔軟な反応ができたはずである。

 たしかに、沖縄の基地問題については、狂信者が特に多く、合意形成は困難である。だから、狂信者に対する用心はつねに必要であり、いくら警戒しても、警戒しすぎることにはならない。私は、これまで、沖縄の問題をめぐる狂信について、次のような記事を投稿した。


「狂信」の背後にあるものがわかったとしても、意思疎通が可能になるわけではない : AD HOC MORALIST

狂信の政治 2016年のアメリカ大統領選挙は、これまでの選挙とはいろいろな点において性格を異にする選挙であったと言うことができる。そして、そのせいなのであろう、マスメディアの多くが今回の選挙の特異な点をさまざまな観点から報道していた。 特に、マスメディアにお



人間はどこまで思いやりを忘れられるか 〈体験的雑談〉 : AD HOC MORALIST

見ず知らずの相手とのコミュニケーションが含む不確実性 私は、SNSには原則として近づかないことにしている。ツイッターは気まぐれにしか使ってこなかったし、フェイスブックのアカウントは持っていない。直接の知り合いか、あるいは、私の仕事に何らかの関係がありそうな相



「友ではない者はすべて敵」か「敵ではない者はすべて友」か : AD HOC MORALIST

SNSと狂信の深化 インターネット、特にSNSの普及は、社会生活において発生するいろいろな問題に関し「狂信」を助長することが多くなったように思う。もちろん、インターネット以前の時代にも、狂信がなかったわけではない。しかし、かつての狂信の拡大には、明確な物理的制

 けれども、それとともに、沖縄に解決すべき問題、しかも、万人の利害にかかわる問題があることは事実であり、この問題について公然と語ることを禁じ、これを暗い物陰に押し込んでしまうことは――プロ市民の攻撃にさらされるとしても――マスメディアには決して許されないはずである。

 冒頭の記事で取り上げられている芸人の発言は、考えうるかぎりもっとも無色かつ無害なものであり、プロ市民が食いつきそうな「NGワード」がそこに含まれている点を除けば、特に注意を惹くようなものではなかったはずである。(テレビ局は、若干のリスクを負ってでも、芸人の発言を擁護すべきであったと思う。)

 しかし、このような脊髄反射的な態度は、マスメディアに固有のものではなく、日本の企業社会では普通に観察されるもののようである。

 しばらく前、就職活動中の学生が受ける面接について、次のような話を耳にした。1人の学生が、ある企業での面接で、大学で主に何を研究してきたかと問われ、ナチス時代のドイツ文学について研究していると答え、内容を簡単に説明したところ、「ナチス」という単語が面接者の脊髄反射を促す「NGワード」であったらしく、面接者は、学生に対し、「そういう『後ろ向き』のことを研究しているというのは、他人には言わない方がよい」と真顔で忠告したそうである。これを聞いた私の周辺の(大学関係者の)意見は、この面接者が、文脈や内容を把握する能力を欠いた、コンピューター以下の馬鹿であるという点で一致した。(というよりも、最初は、笑わせるためのネタであるとしか思わなかった。)

 このレベルの見当外れな自主規制は、私たちに、日本の企業社会が深刻な思考停止に陥っていることを教える。たしかに、政治的であることはつねにリスクと一体である。けれども、このリスクから逃れることなく、社会に対してあえてコミットすることにより、社会に寄生し、社会から利益を吸い上げるだけの企業ではなく、社会の不可欠の一部としての役割を担う責任ある企業になることができるはずである。「企業の社会的責任」とは、同じ名前で誤って呼ばれている生ぬるい社会貢献などではなく、むしろ、ときには政治的なリスクを負いながら、社会の新しい可能性を切り拓くことでなければならないように思われるのである。

cooking

 昨日、地下鉄副都心線に乗り、ドアの上に設置されている液晶ディスプレイ(LCD)に映る動画の広告をボンヤリと眺めていたとき、強い違和感を覚えた。

 私が見たのは、次の動画である。

 この動画では、専業主婦と思われる女性が外出し、知人とどこかで会う。そして、この女性は、外出先で、小学生の子どもの居場所をスマホで把握し、その後、子どもを駅で迎えて一緒に帰宅し、帰宅したあと、宅配で届いた食料品を調理して家族で食事する。

 ここで紹介されているのは、動画の説明によれば、

イッツコムの「インテリジェント ホーム」、

東急セキュリティの「エキッズ」、

東急ベルの「ホーム・コンビニエンスサービス」、

東急パワーサプライの「東急でんき」

の4つのサービスであるらしい。

 私は、この動画で紹介されているサービスに何か不満を持っているわけではない。(そもそも、東急線沿線の住民ではないから、副都心線に乗り、動画を見るまで、東急電鉄にこのようなサービスがあることすら知らなかった。)

 私に違和感を与えたのは、この動画の最後の方、47秒あたりに登場する男性である。この男性は、「おなかすいちゃったね」という一見無邪気なセリフとともに、子どもと一緒にソファーに腰をかけてテレビを見ている。つまり、この男性の妻が食事の用意をするのを待っているわけである。

 この場面を見て、私の心に最初に浮かんだのは、「なぜこの男は手伝わないんだ?」という疑問であり、次に心に浮かんだのは、「なぜ子どもに手伝わせないんだ?」であった。何か別の用事を片づけているのならともかく、(もちろん、たとえば子どもの相手をすることがそれ自体として用事と見なされているのかも知れないが、)手が空いているのなら、ただテレビを見ながら待っているのではなく、男性も子どもも、何かを手伝うべきであろうと私は考えたのである。

 この動画ばかりではない。家族で食事する短い場面を含む(住宅関係のサービスに関する)CMでは、女性が食事を準備し、その夫はリビングルームらしき空間のソファーに坐っている映像をよく見かける。しかし、女性は料理し、男性はソファーに坐ってこれを待つという映像は、性的役割分業を前提としなければ理解することのできないものであり、この意味において古色蒼然とした印象を与えるものである。

 もちろん、性的役割分業が何もかも悪いわけではないであろう。それでも、家事に関するかぎり、これを無邪気に肯定するような映像は、現在では、現実にも常識にも理想にも、もはや必ずしも合致するものではなく、反対に、少なくとも表向きは、性的役割分業に対する否定的な見解の方が支配的であることは確かである。

 したがって、上のようなCMに食事の用意をする場面を含めるのなら、男女が――場合によっては子どもも一緒に――家事を行う映像の方が自然であり、また、このような映像が繰り返し流されることにより、CMは、これを見る者たちに対し新しい生活の形を示すことにより、「教化的」「啓発的」な仕方で影響を与えることになるに違いない。

japan-451746_1920

 昨日、次のような記事を読んだ。

「自主避難」と「自己責任」 今村復興相発言「撤回」でも、くすぶる議論

 この数日のあいだ、東日本大震災の際に自主避難した人々の行動が「自己責任」によるものであるという旨の今村復興大臣の発言がマスメディアで繰り返し取り上げられている。この発言に問題を認めるかどうかは、立場によって異なるかも知れない。私自身は、この発言について、その内容に限定するなら、まったく問題がないとは思わないが、大騒ぎするほどのことでもないと考えている。

自分のだけの不幸にはひとりで耐えなければならない

 たしかに、指示されたわけでもなく、勧告されたわけでもなく、命令されたわけでもないのに、安全が脅かされていると感じてどこかへ「『自主』避難」したのであるとしても、そこに何らかの事情を想定することは不可能ではない(が、私自身には、具体的な事情はわからない)。だから、避難せざるをえなかったことについて「国の責任」を問い、「国の支援」を要求することは、「『自主』避難」した人々が国民を納得させられるのなら、このかぎりにおいて、決して不当なことではないと思う。

 ただ、上のような報道を眺めていて考えることが1つある。それは、個人的な不幸と集団的な不幸のあいだ、あるいは、「自分だけの不幸」と「みんなの不幸」のあいだに横たわる差異の問題である。

 私が不幸に陥るとき、それが私だけの個人的な不幸であるとするなら、私は、ひとりで担わざるをえない。たとえば、長年ともに暮らしてきた犬が世を去ったとき、その悲しみは、誰とも分かち合うことができない。あるいは、公道をひとりで歩いているとき、老人が運転する自動車が暴走して私に衝突し、重傷を負ったばかりではなく、後遺症に苦しめられることにもなったとき、この不幸もまた、誰とも分かち合うことができないものである。ともに暮らす家族は、私とある程度までは利害を共有してくれるであろう。さらに、私の知り合いは、慰めの言葉をかけてくれるかも知れない。しかし、誰かが私の不幸を自分の不幸として一緒に担ってくれるわけではないのである。また、時間の経過とともに、自分の不幸は、自分だけの不幸となり、さらに、自分にしかわからない不幸となることを避けられない。記憶は風化するものだからである。

 以前、次のような記事を投稿した。


災害をいつまでも覚えていられるのは当事者だけ : AD HOC MORALIST

去年(2016年)は――あるいは、「去年も」というべきであろうか――いろいろな災害があった。熊本地震(4月12日)のような単純な自然災害もあれば、博多での道路陥没事故(11月8日)や糸魚川での大火災(12月22日)のように、どちらかと言えば人災に属するものもあった。


 災害の不幸は、当初は集団的なものであるけれども、やがて、当事者以外の人々から忘れられて行く運命にある。これが上の記事の内容である。どれほど大きな事故や災害でも、やがて人々はこれを忘れ、そして、不幸を抱えた個人だけが取り残される。今から40年前、次のような事件があった。

横浜米軍機墜落事件 - Wikipedia

 私は、当時小学生だったけれども、その後、中学生になってから、この横浜米軍機墜落事件を題材とする次のようなテレビドラマを観た。

あふれる愛に! - ドラマ詳細データ

 このドラマに関し私の記憶に遺っているのは、何よりもまず、厄災というのが、当事者以外の人々の記憶から急速に失われて行くものであり、同情や関心や援助には「賞味期限」があるということである。

不幸を集団で担い、他人のせいにすることによる慰め

 しかし、東日本大震災のように、多くの人々が同時に不幸を被ったとき、そこには、「慰め合いの共同体」と名づけることができるようなものが成立する。たしかに、被災者は孤独ではない、みなが抱えているのは同じ課題であり同じ不幸であるという了解は、被災者たちの慰めになるかも知れない。また、被災の不幸が広く知られることにより、社会の広い範囲において同情が生まれるであろう。不幸は、みなで担われることにより、その重みをいくらか減じることになるはずである。また、「自分の不幸について、私たちには何の責任もない、責任はどこか別のところにある」と叫ぶことが生きる支えになる場合もあるに違いない。

 もちろん、地震、津波、原子力発電所の災害などによって被った損害や不幸は、必ず他人と共有されねばならないものではなく、これをひとりで抱えてかみしめていても、それ自体としては何ら差し支えないものである。けれども、大抵の場合、被災者は犯罪被害者は、集団を作ることを好む。それは、上に述べたように、集団になっていた方が心強いからである。

 自分が被った不幸をひとりで抱え込み、これを反芻するのが好ましいことであるのかどうか、それはよくわからない。ただ、自分の不幸を誰とも共有することを許されぬ人がこの世にはたくさんいることは事実である。いや、むしろ、人間の不幸の大半は、個人的な私的なものであり、誰かに見守ってもらうことも、誰かに耳を傾けてもらうことすら容易ではないのである。だから、同じ不幸を多くの人々と共有することができること、そして、不幸を他人――この場合は政府や東京電力――のせいにすることがかなりの程度まで許されることは、不幸を抱える人々にとっては、自分の不幸に社会的な性格が与える点において、むしろ幸運であると言うことができる。

不幸を克服する努力は自分で始めなければならない

 ただ、政府や東京電力が厄災について責任を負い、何らかの仕方で被災者を支援するとしても、それは、「立ち直る気がある」者に対する責任であり、「立ち直る気がある」者への支援であると考えるのが自然である。政府や東京電力にできることは、努力する者の背中を押すことだけであって、生活を丸ごと支えてくれるわけではなく、原状を完全に回復してくれるわけでもない。

 この世の不幸のほぼすべてが個人の心の中に抱え込まれていることを考慮するなら、社会に広く知られた最近の大災害の被災者、しかも、何千人もの集団をなす被災者には、まだ救いがあると言うことができる。社会から忘れらぬうちに不幸を克服し、「国の責任」「国の支援」を声高に求める必要のない普通の生活へと早く回帰することを心から願っている。

↑このページのトップヘ