AD HOC MORALIST

人間らしい生き方をめぐるさまざまな問題を現実に密着した形で取り上げます。

カテゴリ: 人生論

worried-girl-413690_1920

相手に「試されている」ように感じることがある

 誰かと向かい合って言葉を交わしていると、相手に「試されている」のではないかという疑念に囚われることがある。つまり、「相手は、私の言葉や反応にもとづいて私に『何か』を与えるかどうか決めるつもりなのではないか」と考え、不安になってしまうのである。

 同じように、誰かから何かを依頼されたときにもまた、これが「テスト」なのではないかという疑いに心が支配されてしまうことがある。相手が親しくない他人でも、あるいは、家族でも、事情は同じである。

相手に何かを期待しているから

 もちろん、すべての他人は、私が何を語り、どのようにふるまうかにより、私についての評価を決めるはずである。したがって、相手が私の言動にもとづいて私を評価することは当然である。

 それでも、私が「試されている」と感じるとするなら、それは、相手から何かを受け取ることができるのではないかと期待している場合である。しかも――私が期待するのは、地位、好意、金銭などであるかも知れないが――何らかの事情により、それを私が求めていることを相手にエクスプリシットな形で伝えることができない場合である。(私が求めているものの内容によっては、私が相手にそれをエクスプリシットに求めると、対人関係が壊れてしまうかも知れない。)

目的と手段の関係が明瞭ではないから

 ただ、相手が私に与える可能性があるものが何であるか、あらかじめ明らかにされているとしても、私が相手の言葉やふるまいを「テスト」と受け止める余地は残る。というのも、私が期待するものについて当事者のあいだに明確な合意があるとしても、求めているものを手に入れるための手段が明らかにならないかぎり、何をすればよいのかわからないからである。

 何をすればよいかわからなければ、相手の言動の一つひとつが「テスト」に見えてしまうのは、仕方のないことであろう。

相手に恐怖を抱いているから

 もちろん、相手を全面的に信頼しているのであるなら、私は、「試されている」のではないかという疑念とは無縁のはずである。というのも、私を試すのなら、いつ、どのような条件のもとで、何を試すのか、どの程度まで何を実現することができれば合格したと見なされるのか、「テスト」の具体的な輪廓の提示を相手に期待することが許されるからである。

 相手に対する基本的な信頼があるかぎり、「試されている」という疑念を抱くことはないとするなら、「試されている」のではないかという疑念は、相手に対する不信ないし恐怖に根を持つものであることになる。

 相手は、私に対していつでも邪悪なことをなしうる立場にあり、しかも、私の言葉やふるまいによっては、実際に私に損害を与える――または、私に必要なものを与えない――可能性がつねにある……、私が相手をこのような存在と見なし、さらに、このような相手から何かを得ようとするとき、私は「試されている」のではないかと疑い始めるのである。これは、一種の自家中毒であると言うことができる。

あなたが本当に望むものは、信頼していない相手からは得られない

 だから、「試されている」「テストされている」という感じに囚われたら、

    •  あなたが相手に期待しているのが、あなたが本当に望むものであるのか、
    •  あなたが本当に望むものである場合、それを他の手段によって手に入れることはできないのか、

慎重に吟味することが必要である。

 ただ、あなたが信頼していない相手、心の底では恐怖すら感じる相手があなたが本当に望むものをあなたに差し出す可能性はないことは確かである。なぜなら、あなたが何を手に入れるとしても、それは、信頼していない他人から「かすめとられたもの」にすぎないからであり、「かすめとられたもの」には、それ自体としての価値はないからである。

shinjuku-2283158_1920
 何日か前、次のような記事を読んだ。

神奈川県警:着服の女性巡査懲戒処分「ホストクラブ通い」 - 毎日新聞

 神奈川県警の女性の巡査が、職場の旅行積立金154万円を着服した事件である。(ただ、全額が返済されたため、立件されることはなかったようである。)

 この24歳の巡査は、ホストクラブに通うようになった経緯について、「友人に誘われた」と説明している。私は、ホストクラブなるもので働いた経験はないし、客として通ったこともなく、知り合いにホストクラブ関係者がいるわけでもない。だから、ホストクラブの客として「24歳」という年齢が適当なのかどうか、判断することはできない。また、女性がホストクラブに何を期待しているのかも、当然、まったくわからない。この意味で、上の記事に書かれているのは、私とは何の接点もない出来事であると言うことができる。

 それでも、この記事は、私に強い印象を受けた。しばらくのあいだ、私は、この出来事を忘れないと思う。というのも、問題の巡査は、積立金を着服したばかりではなく、約500万円の借金も負っていたのだが、ホストクラブ通いについて、

友人に誘われてホストクラブに行ったら楽しかった。積立金などを代金の支払いに回してしまった

と語ったことが記されていたからである。

 彼女は、ホストクラブ通いについて、何の留保もなく「楽しかった」と言った。常識的に考えるなら、着服したり借金したりしたカネを元手とする遊びは、必ずしも楽しいものとはならない。そこにはある種の後ろめたさと後悔が付きまとうはずである。ところが、この巡査には、後ろめたさも後悔もなく、ホストクラブは、純粋に「楽しかった」ようである。私は、記事を読み、思わず「あっぱれ」と言ってしまった。

 同僚が積み立てたカネを着服するのは、もちろん犯罪であり、私は、犯罪を肯定しない。

 それでも、取り調べの場においてすら、留保なしに「楽しかった」と語ることができるような出来事など、一生のうちにそれほどたくさんあるわけではないことは確かである。この女性の場合、「楽しかった」と断言することができる経験など、二度とないかも知れない。

 だから、「楽しかった」のなら――私には、その楽しさはよくわからないけれども――それはそれで大いに結構なことではないか、と私は考えたのである。

art-694579_1920

藝術作品には適正価格がない

 藝術作品について、何を根拠として値段が決められているのか、不思議に感じることがある。

 文学、音楽、映画などの場合、値段は、制度の都合や物理的な制約によって一定の幅に無理やり収められているのが普通である。ここには、比較のためのわかりやすい尺度が形作られていると言うことができる。

 これに対し、絵画や彫刻や写真については、値段の上限と下限を決める強制力は何もない。したがって、何を購うのにいくらかかるのか、私のような素人にはサッパリ見当がつかない。

 もう20年くらい前になるが、ある写真家の写真展に行ったとき、会場で作品が販売されているのを見かけた。販売されている写真にはそれぞれ、何らかの仕方で額装された状態で5000円から数万円までの値段が付けられていた。私は、これを見て、思わず「高い……」とつぶやいたのだが、このつぶやきが会場の受付をしている中年の女性の耳に届いたらしく、怒りに満ちた鋭いまなざしを向けられ、思わず後ずさりしたことがある。(念のために言っておくなら、私は値切ろうとしたのではない。)

 プロの写真家、しかも、それなりに名の通った写真家の作品が5000円というのは、決して割高ではないのかも知れないが、基準がよくわからない素人にとっては、高いのか安いのか、直観的にはわからないのである。

費用対効果にもとづいて値段が決められないものというのが藝術作品の定義

 そもそも、藝術作品というのは、費用対効果を測定することができないものである。だから、藝術作品に関するかぎり、具体的な効用との関係で値段を決めることができない。値段は、たとえば、市場における作者の評価や流行に依存することになるが、これらは、作品から必然的に帰結するものではなく、このかぎりにおいて、合理的なものではない。

 藝術作品の評価に「目利き」(connoisseur) の存在が不可欠であるのは、そのためである。

 そして、価格が効用と何の関係もないというのは、藝術作品の定義でもあるに違いない。というのも、期待することのできる効用が明確であるようなものは、藝術作品ではなく、道具と見なされるからである。

 藝術作品の藝術作品である所以は、何か別の目的を実現するのに役に立つのではなく、その存在がそれ自体として価値であり目的である点にあると言うことができる。

人生そのものが藝術作品である

 自己目的的、自己完結的なものがすべて藝術作品であるなら、人生もまた、藝術作品との類比において理解することが許される。なぜなら、一人ひとりの人生は、それ自体として価値があるからであり、何か別のものの手段とはなりえないからである。

 もちろん、たとえば「他人への奉仕」に人生の意義を見出している人がいるとしても、このことは、人生が自己目的的、自己完結的であることと対立するものではない。課題なり目的なり意義なりが設定された人生がそれ自体として一つの目的だからである。反対に、課題も目的も意義も見出すことのできない人生が空虚なままにとどまることは確かである。

 しかし、それとともに、一人ひとりの人生の価値は、このような課題や目的や意義の「達成度」によって評価されてはならない。万人に共通の尺度によって外部から評価しうるような「何か」を産み出した人生の方が、何もなしとげられなかった者の人生よりも価値があるなどということはないのである。

 人間が自己形成する藝術作品である。(何に向かってあるとしても、また、どのようにであるとしても、)ともかくも形をみずからに与え続けるかぎりにおいて、人生には、他には代えることのできない価値があるように思われるのである。

kaci-baum-110713

 しばらく前、次のような出来事があった。

「誰もあんな扱いを受けるべきじゃない」ユナイテッドCEO - BBCニュース

 上の記事は、アメリカのシカゴで、ベトナム系アメリカ人の乗客が意に反する形でユナイテッド航空の満席の旅客機から暴力的に引きずり降ろされた事件である。このようなことは、誰の身にも起こってはならないことであろうが、残念ながら、この出来事は、万人により同じ切実さをともなって受け止められたわけではないように思われる。

立ち入られたくない私だけの空間の価値

 私たちには誰でも、私的な、自分の意に反して誰のことを迎え入れることも望まないスペースがある。このスペースは、入られたくない他人により、それぞれ異なる。

 たとえば、私がある知り合いについて、自宅に入られたくないと思っているのとするなら、この場合は、自宅の内部が私的なスペースになる。

 しかし、もちろん、自宅に入られてもかまわない知り合いもいるであろう。このような他人との関係では、たとえば自室が私的なスペースとなる。

 さらに、自室に入ることを許すような親しい友人がいるとするなら、この友人に対応するものとして、たとえば自室の机の引き出しが私的なスペースとして私の意識に上るに違いない。

私的なスペースのミニマムは身体

 そして、他人との関係で設定される私的なスペースのうち、もっとも小さなもの、つまり、そこに立ち入ることのできる他人がもっとも少ないものは、みずからの身体である。

 見ず知らずの他人に身体を触られるのは、誰にとっても忌避されるべきことであろうし、もっとも親密な男女の関係における女性の態度が「体を許す」と表現されるのもまた、同じ理由による。

「いじめ」や性犯罪について真面目に考えるには、被害者としての実体験が重要

 私たちは誰でも、自分の意に反して他人が私的なスペースに侵入してくることに抵抗する。この点が直観的にわからない人はいないはずである。

 けれども、それとともに、現代の日本に生きる者の大多数、特に男性には、自分の私的なスペースが他人によって実際に暴力的に蹂躙された経験がないに違いない。そして、この事実は、わが国が平和であることの証拠であると言えないことはない。

 だた、私的なスペース、特に身体の自由を奪われたり、身体を傷つけられたりしたことがない者には、このような体験を持つ者の苦しみが分かりにくいこともまた確かであり、日本が平和であり、暴力に出会う可能性が低いせいで、逆説的なことに、たとえば「いじめ」や性犯罪の被害者に対する共感が社会に乏しいように思われる。

 意に反して身体の自由を奪われることは、途方もない恐怖を惹き起こす。この恐怖は、ことによると、生命を奪われることへの恐怖よりも深刻であり、ものの見方を決定的な仕方で変えてしまうことにより、忘れられないものとなるはずである。

 しかし、この恐怖を一度も体験したことがない者には、これを直観的には理解することができないから、他人の私的なスペースへの侵入に対する態度は、鈍いままにとどまらざるをえない。男性がこのタイプの暴力に鈍感である場合が少なくないとするなら、それは、女性の方が高度な共感能力を具えているからではなく、身体の自由を奪われる恐怖を体験した男性の絶対数が少ないからであるにすぎない。


応援し支援する あるいは「いじめ」の自家中毒的な仕組みについて : AD HOC MORALIST

どうしてほしいかハッキリ言わないかぎり、誰も助けてくれない あなたが誰かの援助を期待するのなら、まずあなた自身が最初の一歩を踏み出さなければならない。 「誰か俺のことを助けてくれないかな」と思ってただ周囲を見渡していても、誰も助けてくれないからである。い


 被害者としての実体験の有無は、「いじめ」や性犯罪の理解を左右する。以前に上の記事で書いたように、特に「いじめ」には、被害者自身が声を上げることを妨げる構造がある。しかし、説明の努力を諦めることは、鎖につながれ、脱出することを諦めた奴隷になるようなものである。被害者にしかわからないことは、苦痛であるとしても、被害者が自分で説明し、みずから道を切り拓く以外にないのである。

skeleton_goose

内面も見た目もともに重要

 あらかじめ言っておくなら、以下の記事において、私は「内面などどちらでもよい」ことを主張するつもりはない。むしろ、内面はつねに大切にされるべきものであるとかたく信じている。

 ただ、内面が大切にされるべきであるとしても、それは、「内面の方が見た目よりも大切である」ことを必ずしも意味しない。

 内面と見た目は、ともに同じくらい重要である。

 いや、内面と見た目をあえて比べるなら、見た目の方にはるかに大切であり、単なる内面には何ものでもないと私は考えている。

人間の内面は、見た目で評価するしかない

 そもそも、「内面」と「見た目」の区別は可能であろうか。

 たしかに、容姿の点で劣る者に対し、慰めないし励ましの意味で「人間の価値は見た目ではなく内面にある、だから、内面を磨くよう努力しましょう」などと言われることが少なくない。

 すなわち、この場合の「見た目」とは容姿であり、容姿に対比される「内面」とは、性格や「教養」(?)や「知性」(?)を意味することになる。

 けれども、厳密に考えるなら、好ましい性格を形作ったり、教養や知性を身につけたりすることが「内面を磨く」ことを意味するとしても、これらは――容姿と比較されているという事実が示すように――純粋な内面には該当しない。

 そもそも、これらの内面が他人から評価されるためには、「見た目」に反映されていることが絶対に必要である。他人の内面に直接に到達するなど不可能であり、内面というのは、つねに見た目を媒介としてのみ他人に知られうるものだからである。

 したがって、ニーチェの指摘を俟つまでもなく、外からはうかがい知ることのできない内面、「見た目」には反映されない好ましい内面などというものはないのであり、性格や教養や知性が高く評価されるのは、それが「見た目」を変えるかぎりにおいてなのである。

容姿の点ですぐれた者を見返すために内面を磨く努力には、まがまがしさが付きまとう

 「人間の価値は見た目ではなく内面にある、だから、内面を磨くよう努力しましょう」という文は、「好ましい性格や教養や知性を努力によって身につけることで、生まれながらに与えられた容姿で得をしている人間を見返してやりましょう」という文に置き換えることが可能である。

 しかし、このような動機にもとづいて「好ましい性格」や「教養」や「知性」を身につけることは、本質的には復讐であり、このかぎりにおいて、道徳的にいかがわしいふるまいである。

 すぐれた性格や教養や知性を最初から具えており、これが「見た目」へと自然に反映されるのなら話は別であろうが、復讐を動機として磨かれた「内面」というものは、いかなる意味においても好ましいものではなく、むしろ、偽善と押しつけがましさに満ちたまがまがしい空気を否応なく醸し出すことになるように思われる。

 少なくとも、私は、このような内面を評価しない。

↑このページのトップヘ