AD HOC MORALIST

人間らしい生き方をめぐるさまざまな問題を現実に密着した形で取り上げます。

反ライフハック

alvin-mahmudov-221416

手ぶらで出勤する会社員

 中学校に入学し、電車での通学を始めてまもなく、ある朝、電車の中を見回して、1つの事実に気づいた。私が乗るのと同じ電車に乗っている男性のサラリーマンの大半が鞄を持っていないのである。

 多くは、新聞を片手に持っていたけれども、中には、完全に手ぶらで電車に乗ってくるサラリーマンもいた。これは、私には実に不思議な光景であった。なぜ何も持たずに出勤することができるのか、すぐにはわからなかったからである。

 私の家には、普通の時間に出勤するいわゆる「会社員」がおらず、仕事で外出するときには、全員が書類鞄か、あるいはそれ以上の大きさの荷物を持っていた。

 会社員が手ぶらで出勤するのは、自宅で仕事せず、かつ、仕事に必要なものがすべて職場に置きっぱなしになっており、身体だけ運べばよいからであるには違いない。このことは、中学1年生の私にも見当がついた。それでも、財布、メガネケース、折りたたみ傘、各種の鍵などは携行しないと不都合が生じるはずであり、私は、今でも、手ぶらで出勤するサラリーマンを見かけると、強い違和感を覚える。

放っておくと荷物は増える

 ところで、私自身はは、手ぶらで仕事に行くことへの違和感からいつまでも解放されなかった。私の主な仕事場が自宅であるから、荷物なしに職場とのあいだを往復することはない。少なくともA4サイズの書類が収まる書類鞄はつねに必要である。

 当然、職場での用事が多岐にわたると、荷物もそれだけ重くなる。平均すると2キロから3キロではないかと思う。私のような大学関係者は、荷物が重くなりがちであり、大きなバックパックや小型のキャリーバッグとともに通勤している姿を見かけることが少なくない。荷物がどうしても増えてしまうのである。これは、部屋がモノで一杯になるのと同じことである。

減らせるものがないか、つねに点検する

 今から5年以上前、次の本を読んだ。

佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)

 この本によれば、著者の佐藤氏は、打ち合わせのために出かけるとき以外、原則として荷物は持たないようである。

 私のような仕事の人間がこれをそのまま真似するのは困難であるけれども、この本を読んでから、運ぶモノをできるかぎり減らすよう、工夫をするようになった。

 以前、一度だけ、電車に乗るためのICカード、自宅と研究室の鍵だけをポケットに放り込み、完全に手ぶらで職場に行ったことがある。その結果、手ぶらが決して不可能ではないこと、ただ、それは、天気がよく、かつ、不測の事態が起こらないという条件が満たされている場合にかぎられることがわかった。(授業に必要な資料は、自宅からクラウド上にアップロードしておき、教室に設置されたパソコンを使ってダウンロードした。)

 何も持たずに外出することができるのは、散歩のときだけで、仕事で外出するときには、やはり、最低限の荷物が必要となるようである(が、手ぶらで電車にのり、手ぶらで職場に行くというのは、理想ではある。)

stylish-916502_1920

政府が期間まで指定するとは

 「クールビズ」(cool biz) というのは、夏期の職場での軽装を指す和製英語で、環境省の主導で2005年に始まったものである。

 夏に軽装で仕事し、冷房の温度を高めに設定することにより、電気の使用量が減り、環境への負荷も軽減されるということであり、表面的に考えるなら、これは望ましいことであるには違いない。

 しかし、政府は、クールビズの期間、夏期の冷房の温度設定、許容される服装まで指定している。衣服というのは、各人が身体に合わせて着用するものであり、一人ひとりが状況を考慮して適切な服装を選択すべきものである。政府の指定は、明らかなお節介でありパターナリズムである。

会社員の服装は驚くほど画一的

 もっとも、街を歩いていると、政府がこれほどお節介なのには理由があるようにも思われてくる。服装に無頓着なのか、それとも、服装に自分の好みを反映させ、職場で浮くことを恐れているのか、大半のサラリーマンが没個性的で画一的な服装に身を包んでいるのである。

 気温が25度くらいなら、街を歩いているサラリーマンの大半は、ネクタイを外しただけのスーツ姿である。30度を超えると、ジャケットを脱ぐことになる。ノーネクタイを前提にシャツにボタンダウンのものにしているサラリーマンが若干いるけれども、大半は、「ただネクタイを外しただけ」「ただジャケットを着ていないだけ」である。

 これらを「クールビズ」と呼ぶことができるのかどうか、私自身は大いに疑問に感じるけれども、多くの民間企業では、服装の許容範囲が狭く、スーツが事実上の制服になっているのであろう。この点を考慮するなら、「クールビズ」がおざなりなものとなるのは、無理のないことであるかも知れない。

 なお、スーツが制服と見なされていることは、普段着について語るとき、「私服」という――私には違和感のある――言葉が使われていることによって明らかである。(「私服」は「制服」の反対語である。)

身体と季節に合った服装を考える習慣を身につけるべき

 今のところ、クールビズは――よほど体型がよい男性でないかぎり――だらしないだけの格好にすぎないように見える。

 政府がクールビズを本当の意味において「クール」なものにすることを望むのなら、何よりもまず没個性的で画一的な服装をやめさせ、どのような状況のもとで何を着るか、みずから考える習慣をサラリーマンに身につけさせるよう促すべきであろう。

chris-lawton-6928

「繊細チンピラ」は統合失調型パーソナリティ障害?

 しばらく前、次の記事を読んだ。

被害妄想が強い...「繊細チンピラ」あるある - NAVER まとめ

 私は、精神医学に詳しいわけではないけれども、ここに記されているふるまいはいずれも、統合失調型パーソナリティ障害の特徴と一致する。「繊細チンピラ」とは「SNS上でのみ認められるパーソナリティ障害」を患った者であると言うことができるかも知れない。

統合失調型パーソナリティ障害 - Wikipedia

人間は、他人の幸福には共感できないのか

 人間は、他人の不幸に対しては共感能力を発揮するが、他人の幸福は、つらい「妬み」を惹き起こすばかりで、これに共感することはないと語ったのはジャン=ジャック・ルソーである。

 ルソーのこの見解に従うなら、人間の共感する能力には明瞭な限界があり、それは、決してプラスの方向には働かないことになる。つまり、不幸な人が目の前にいるときには、その不幸を想像し、不幸な人に同情することはできても、幸福な人が目の前にいるとき、一緒に喜ぶことは不可能なのである。

 これは、アダム・スミスを始めとする18世紀のイギリスの思想家たちが共感を無制限で全方位的なものと見なしたのとはいちじるしい対照をなす考え方である。もちろん、この見解には、ルソー自身の性格が影を落としているに違いない。

 ある意味において、ルソーは、18世紀を代表する「繊細チンピラ」であり、当然、かなり重度の統合失調型パーソナリティ障害を患っていたと思われるが、自分の複合感情(コンプレックス)を普遍妥当的な思想へとまとめ上げ、全世界にこれを押しつける才能を具えていた点において、単なる「繊細チンピラ」とは決定的に異なる。

誰の妬みも刺戟せず、毒にも薬にもならないことだけ言い続ける

 なぜSNS上では誰もが統合失調型パーソナリティ障害の徴候を示すのか、私にはわからない。SNS、特にツイッターに何かを書き込む行動が障害を惹き起こすのかも知れないし、反対に、ツイッターが特定の性格の持ち主に好まれるのかも知れない。

 もちろん、SNS上には、「繊細チンピラ」ではなく、統合失調型障害とも無縁の人々がいる。そして、あなたがその一人であるなら、SNS上では、当たり障りのないふるまいを心がけた方が無難である。 ルソーの見解が妥当であるなら、残念ながら、他人の妬みを少しでも刺戟することにより、際限のない面倒の端緒が拓かれてしまう可能性があるからである。注意を惹かぬようふるまうことが、SNSを使って平穏に暮らすための秘訣であることになる。

worried-girl-413690_1920

相手に「試されている」ように感じることがある

 誰かと向かい合って言葉を交わしていると、相手に「試されている」のではないかという疑念に囚われることがある。つまり、「相手は、私の言葉や反応にもとづいて私に『何か』を与えるかどうか決めるつもりなのではないか」と考え、不安になってしまうのである。

 同じように、誰かから何かを依頼されたときにもまた、これが「テスト」なのではないかという疑いに心が支配されてしまうことがある。相手が親しくない他人でも、あるいは、家族でも、事情は同じである。

相手に何かを期待しているから

 もちろん、すべての他人は、私が何を語り、どのようにふるまうかにより、私についての評価を決めるはずである。したがって、相手が私の言動にもとづいて私を評価することは当然である。

 それでも、私が「試されている」と感じるとするなら、それは、相手から何かを受け取ることができるのではないかと期待している場合である。しかも――私が期待するのは、地位、好意、金銭などであるかも知れないが――何らかの事情により、それを私が求めていることを相手にエクスプリシットな形で伝えることができない場合である。(私が求めているものの内容によっては、私が相手にそれをエクスプリシットに求めると、対人関係が壊れてしまうかも知れない。)

目的と手段の関係が明瞭ではないから

 ただ、相手が私に与える可能性があるものが何であるか、あらかじめ明らかにされているとしても、私が相手の言葉やふるまいを「テスト」と受け止める余地は残る。というのも、私が期待するものについて当事者のあいだに明確な合意があるとしても、求めているものを手に入れるための手段が明らかにならないかぎり、何をすればよいのかわからないからである。

 何をすればよいかわからなければ、相手の言動の一つひとつが「テスト」に見えてしまうのは、仕方のないことであろう。

相手に恐怖を抱いているから

 もちろん、相手を全面的に信頼しているのであるなら、私は、「試されている」のではないかという疑念とは無縁のはずである。というのも、私を試すのなら、いつ、どのような条件のもとで、何を試すのか、どの程度まで何を実現することができれば合格したと見なされるのか、「テスト」の具体的な輪廓の提示を相手に期待することが許されるからである。

 相手に対する基本的な信頼があるかぎり、「試されている」という疑念を抱くことはないとするなら、「試されている」のではないかという疑念は、相手に対する不信ないし恐怖に根を持つものであることになる。

 相手は、私に対していつでも邪悪なことをなしうる立場にあり、しかも、私の言葉やふるまいによっては、実際に私に損害を与える――または、私に必要なものを与えない――可能性がつねにある……、私が相手をこのような存在と見なし、さらに、このような相手から何かを得ようとするとき、私は「試されている」のではないかと疑い始めるのである。これは、一種の自家中毒であると言うことができる。

あなたが本当に望むものは、信頼していない相手からは得られない

 だから、「試されている」「テストされている」という感じに囚われたら、

    •  あなたが相手に期待しているのが、あなたが本当に望むものであるのか、
    •  あなたが本当に望むものである場合、それを他の手段によって手に入れることはできないのか、

慎重に吟味することが必要である。

 ただ、あなたが信頼していない相手、心の底では恐怖すら感じる相手があなたが本当に望むものをあなたに差し出す可能性はないことは確かである。なぜなら、あなたが何を手に入れるとしても、それは、信頼していない他人から「かすめとられたもの」にすぎないからであり、「かすめとられたもの」には、それ自体としての価値はないからである。

bible-1679746_1920

外国語の習得には強い動機が必要

 これまでいろいろな言語を勉強してきた。ある程度ものになった――これをどう定義するかは、それ自体として問題であるが――ものもあれば、まったく身につかなかったものもある。(私の場合、ポーランド語。)ただ、どのような言語であれ、同じ人間が使うものであるから、習得不可能であるはずはなく、身につかなかったのは、私の努力が不足していたからなのであろう。

 とはいえ、外国語の勉強は、短期間で完成するものではないから、努力は、それなりの動機によって支えられていることが必要となる。言い換えるなら、何らかの必要に迫られないかぎり、外国語の学習に必要な時間や体力を長期間にわたって捻出することは不可能なのである。

外国語が身につかないのは、身につける必要がないから

 外国語というのは、楽しく身につけるものではない。むしろ、必要に迫られないかぎり、外国語は決して身につかないと考えるべきである。

 そして、外国語が必要に迫られて初めて身につくものであるなら、外国語を習得することができたということは、その外国語を身につける差し迫った必要があったことを意味する。さらに言い換えるなら、外国語が身につかないのは、その外国語を身につける切実な理由が見出せないからであることになる。

 世の中には、語学の勉強が苦手な人が多い。そして、その理由は明白である。外国語の勉強のコストと外国語を身につけなかった場合に被る不利益を比較し、前者が後者にまさるように見えるかぎり、外国語の学習に時間と体力を使う理由などないのである。

どのような必要に迫られているかにより、身にく語学力の内容は異なる

 そして、語学力は、必要に迫られれば必ず身につき、必要に迫られないかぎり決して身につかないということから、次の点もまた、ただちに帰結する。すなわち、外国語の学習へと私たちを促す「必要」の内容に応じ、身につく外国語の内容もまた異なるという点である。文献を読む能力を必要とする場面では、読解力が優先的に身につくであろうし、聴きとる能力が要求される場合には、聴く力が伸びることになるに違いない。

 語学力に関するかぎり、「バランスよく」「全体として」などということはなく、状況が要求する形でしか身につかないものである。だから、何をもって外国語が「ものになった」と言えるのかという点に関し、普遍的な基準はないと考えるのが自然である。

 私の場合、外国語は、主に限定された種類のテクストを読む必要に迫られて勉強したものである。発音は好い加減であるし、聴き取りに関しても十分な能力を持っているとは言えない。それでも、私の必要を満たす最低限の語学力が身についたことは事実であり、この意味において、「ものになった」と言うことが可能である。

 「その外国語を何に使うのか」「何のためにその外国語を勉強するのか」と問われ、答えとして心に浮かぶのが「観光旅行」くらいであるなら、その外国語を勉強するのはやめた方がよい。決してものすることはできないはずだからである。

↑このページのトップヘ