AD HOC MORALIST

人間らしい生き方をめぐるさまざまな問題を現実に密着した形で取り上げます。

世渡りの技術

chris-lawton-6928

「繊細チンピラ」は統合失調型パーソナリティ障害?

 しばらく前、次の記事を読んだ。

被害妄想が強い...「繊細チンピラ」あるある - NAVER まとめ

 私は、精神医学に詳しいわけではないけれども、ここに記されているふるまいはいずれも、統合失調型パーソナリティ障害の特徴と一致する。「繊細チンピラ」とは「SNS上でのみ認められるパーソナリティ障害」を患った者であると言うことができるかも知れない。

統合失調型パーソナリティ障害 - Wikipedia

人間は、他人の幸福には共感できないのか

 人間は、他人の不幸に対しては共感能力を発揮するが、他人の幸福は、つらい「妬み」を惹き起こすばかりで、これに共感することはないと語ったのはジャン=ジャック・ルソーである。

 ルソーのこの見解に従うなら、人間の共感する能力には明瞭な限界があり、それは、決してプラスの方向には働かないことになる。つまり、不幸な人が目の前にいるときには、その不幸を想像し、不幸な人に同情することはできても、幸福な人が目の前にいるとき、一緒に喜ぶことは不可能なのである。

 これは、アダム・スミスを始めとする18世紀のイギリスの思想家たちが共感を無制限で全方位的なものと見なしたのとはいちじるしい対照をなす考え方である。もちろん、この見解には、ルソー自身の性格が影を落としているに違いない。

 ある意味において、ルソーは、18世紀を代表する「繊細チンピラ」であり、当然、かなり重度の統合失調型パーソナリティ障害を患っていたと思われるが、自分の複合感情(コンプレックス)を普遍妥当的な思想へとまとめ上げ、全世界にこれを押しつける才能を具えていた点において、単なる「繊細チンピラ」とは決定的に異なる。

誰の妬みも刺戟せず、毒にも薬にもならないことだけ言い続ける

 なぜSNS上では誰もが統合失調型パーソナリティ障害の徴候を示すのか、私にはわからない。SNS、特にツイッターに何かを書き込む行動が障害を惹き起こすのかも知れないし、反対に、ツイッターが特定の性格の持ち主に好まれるのかも知れない。

 もちろん、SNS上には、「繊細チンピラ」ではなく、統合失調型障害とも無縁の人々がいる。そして、あなたがその一人であるなら、SNS上では、当たり障りのないふるまいを心がけた方が無難である。 ルソーの見解が妥当であるなら、残念ながら、他人の妬みを少しでも刺戟することにより、際限のない面倒の端緒が拓かれてしまう可能性があるからである。注意を惹かぬようふるまうことが、SNSを使って平穏に暮らすための秘訣であることになる。

worried-girl-413690_1920

相手に「試されている」ように感じることがある

 誰かと向かい合って言葉を交わしていると、相手に「試されている」のではないかという疑念に囚われることがある。つまり、「相手は、私の言葉や反応にもとづいて私に『何か』を与えるかどうか決めるつもりなのではないか」と考え、不安になってしまうのである。

 同じように、誰かから何かを依頼されたときにもまた、これが「テスト」なのではないかという疑いに心が支配されてしまうことがある。相手が親しくない他人でも、あるいは、家族でも、事情は同じである。

相手に何かを期待しているから

 もちろん、すべての他人は、私が何を語り、どのようにふるまうかにより、私についての評価を決めるはずである。したがって、相手が私の言動にもとづいて私を評価することは当然である。

 それでも、私が「試されている」と感じるとするなら、それは、相手から何かを受け取ることができるのではないかと期待している場合である。しかも――私が期待するのは、地位、好意、金銭などであるかも知れないが――何らかの事情により、それを私が求めていることを相手にエクスプリシットな形で伝えることができない場合である。(私が求めているものの内容によっては、私が相手にそれをエクスプリシットに求めると、対人関係が壊れてしまうかも知れない。)

目的と手段の関係が明瞭ではないから

 ただ、相手が私に与える可能性があるものが何であるか、あらかじめ明らかにされているとしても、私が相手の言葉やふるまいを「テスト」と受け止める余地は残る。というのも、私が期待するものについて当事者のあいだに明確な合意があるとしても、求めているものを手に入れるための手段が明らかにならないかぎり、何をすればよいのかわからないからである。

 何をすればよいかわからなければ、相手の言動の一つひとつが「テスト」に見えてしまうのは、仕方のないことであろう。

相手に恐怖を抱いているから

 もちろん、相手を全面的に信頼しているのであるなら、私は、「試されている」のではないかという疑念とは無縁のはずである。というのも、私を試すのなら、いつ、どのような条件のもとで、何を試すのか、どの程度まで何を実現することができれば合格したと見なされるのか、「テスト」の具体的な輪廓の提示を相手に期待することが許されるからである。

 相手に対する基本的な信頼があるかぎり、「試されている」という疑念を抱くことはないとするなら、「試されている」のではないかという疑念は、相手に対する不信ないし恐怖に根を持つものであることになる。

 相手は、私に対していつでも邪悪なことをなしうる立場にあり、しかも、私の言葉やふるまいによっては、実際に私に損害を与える――または、私に必要なものを与えない――可能性がつねにある……、私が相手をこのような存在と見なし、さらに、このような相手から何かを得ようとするとき、私は「試されている」のではないかと疑い始めるのである。これは、一種の自家中毒であると言うことができる。

あなたが本当に望むものは、信頼していない相手からは得られない

 だから、「試されている」「テストされている」という感じに囚われたら、

    •  あなたが相手に期待しているのが、あなたが本当に望むものであるのか、
    •  あなたが本当に望むものである場合、それを他の手段によって手に入れることはできないのか、

慎重に吟味することが必要である。

 ただ、あなたが信頼していない相手、心の底では恐怖すら感じる相手があなたが本当に望むものをあなたに差し出す可能性はないことは確かである。なぜなら、あなたが何を手に入れるとしても、それは、信頼していない他人から「かすめとられたもの」にすぎないからであり、「かすめとられたもの」には、それ自体としての価値はないからである。

170205_203_P1090712

企業は、長期の契約による割引や「まとめる」ことによる割引を餌に顧客を囲い込もうとする

 携帯電話を長期で契約すると割引される。あるいは、携帯電話とケーブルテレビとインターネットをまとめると割引が受けられる。このような趣旨の案内を直接、あるいは、ダイレクトメールや電話で受け取ることが少なくない。

 「長期」や「まとめ」は、烈しい競争のもとで顧客を長期にわたって囲い込むための戦略である。だから、囲い込みは、規制が緩和され、新しい企業が市場に参入してくる可能性がある時期に試みられることが多い。

囲い込まれると「選択の自由」を制限される

 しかし、私は、これには基本的に応じないことにしている。

 今のところ、固定電話、携帯電話、インターネットのプロバイダー、ネット回線、ケーブルテレビ、NHK、電気、ガス……、私は、すべて個別に料金を支払っている。

 たしかに、このような支払い方では、割引は受けられない。また、大半が銀行口座からの引き落としになっているとはいえ、支払いはそれなりに面倒でもある。

 それでも、支払いに必要なカネと手間は「選択の自由」を確保するためのコストであると私は考えている。

途中で契約を解除しようとするとペナルティがある

 そもそも、たとえば携帯電話の回線の契約のように、2年間を単位とする場合、契約を解除することができる短い期間以外の時期に解約すると、違約金を請求される。

 もちろん、自分の意思で行った契約であるから、契約違反のペナルティを課せられるのは仕方がないことであるのかも知れないが、解約するにはつねにそれなりの――主観的な――不満があるのが普通であるから、違約金には釈然としないものがある。

契約を解除したあと、個別のサービスを契約しなおすのは面倒

 さらに、複数のサービスを「まとめる」ことで割引を受けていた場合、契約を解除すると、1つひとつのサービスを個別に契約し直さなければならない。これは、契約の解除を思いとどまらせる非常に大きな障碍になる。

 たとえば、私が住む杉並区では、J:COMがケーブルテレビのサービスを提供している。私も、ケーブルテレビについては、J:COMと契約している。

 しかし、J:COMは、ケーブルテレビばかりではなく、光回線、インターネットプロバイダー、固定電話、携帯電話、電気、ガスのサービスを提供しており、すべてをJ:COMにまとめると、大幅な割引を受けることができる。そのため、J:COMから勧誘の電話がときどきかかってくるが、もちろん、私は、すべて無視している。

 そもそも、これらのサービスをすべてJ:COMにまとめてしまったら、J:COMに完全に囲い込まれ、「養分」となることを避けられない。というのも、解約することは、形式的には可能でも、現実にはほぼ不可能だからである。

 たとえば、光回線とインターネットプロバイダーについてJ:COMのサービスを解約したら、新たにどこかのプロバイダーと契約を結ぶとともに、NTTと光回線の契約を結び、さらに、公道から屋内まで回線を引く工事が必要となる。場合によっては、J:COMの回線を撤去する工事が行われ、その費用を請求されるかも知れない。電気やガスの契約を解除する場合もまた、事情は同じである。

 このような面倒をあえて引き受けても解約を実行するには、よほど重大な理由がなければならないように思われる。(同じように、販売店による引き留めが面倒であるという理由で新聞の購読をやめられない人は少なくないに違いない。)

多少割高であっても、また、支払先が分散しても、囲い込みには抵抗すべき

 だから、不満を覚えたら即座に解約し、競合する他社が提供するサービスの乗り換えることは、私たち消費者の権利に属する。

 ある会社のあるサービスに不満があるとき、「こちらの不満を解消するようサービスを改善しなければ、契約を解除して他社に乗り換える」と宣言する自由は、消費社会の健全な発展のための、そして、私たち自身の自尊心を維持するための必要条件であり、割引や手続きの簡略化と引き換えにこの自由を手放し、企業の養分になり下がることは、誰のためにもならないと私は考えている。

Rush hour

「作家」で何が悪いのか

 1ヶ月くらい前、ツイッターで次のような書き込みを見つけた。


 その後、しばらくしてから、次のような記事をネットで読んだ。

【追記しました】私はライターじゃない : はあちゅう 公式ブログ

タッキー・はあちゅう大作家先生肩書問題の本質 - Hagex-day info

「肩書き」の意味のなさ : はあちゅう 公式ブログ

 私自身は、何らかの意味においてクリエイティヴ・ライテンィングに従事している著述家をすべて「作家」と呼ぶことにしており、この意味において、「はあちゅう」氏は紛れもなく作家である。したがって、「はあちゅう」氏が作家を自称することの何が問題なのか、それ自体としては私にはわからない。おそらく「ライターではなく作家」を自称したことがかなりの数の人の神経を逆撫でしたのであろう。(たしかに、「ライター」という語には、「主にテクニカル・ライティングで生計を立てている人」の含みがつきまとう。)

日本は「肩書社会」ではない

 とはいえ、肩書が社会生活において担う役割は、決して無視することができないものである。実際、肩書は、自称であれ他称であれ、社会における位置をわかりやすく表示するものであり、「無肩書」の人間は、いかなる場面においても信用されることはないであろう。

 ことによると、わが国が「肩書社会」であり、肩書に関し、外国と比較して相対的に窮屈であると思っている人が多いかも知れないが、これは必ずしも事実に合致しない。たしかに、アメリカの西海岸や東海岸の一部のように、職業を始めとする社会的な「属性」が対して重要と見なされない地域がないわけではない。また、このような「属性」があえて隠されることによって機能する集団――フリーメイソンやアルコホーリクス・アノニマス(アルコール依存症からの回復を当事者が匿名で支援する集団、アメリカのテレビドラマによく登場する)のような――というものもあるであろう。

 けれども、一般には、周囲からの呼びかけられ方、あるいは、周囲から承認された自称が社会生活の質に与える制約は、日本は、外国、特に欧米の諸国と比較してはるかに緩やかである。上のツイートにあるように、外見を見て「お父さん」とか「お姉さん」とか呼ぶのは、たしかに大いに問題であるが、見方を変えるなら、これは、わが国が「肩書で人を評価する」ことが比較的少ない社会、各人がその「実力」ないし「実質」に即して扱われる余地が大きい――必ずそうであるわけではない――自由な社会であることを示す事実であると言うことができないわけではない。

 イギリス、フランス、ドイツなどの諸国の場合、職業、経歴、家族内の位置などを示す肩書には、絶対的な意義が認められている。この意味において、ヨーロッパは階級社会であり、不適切な肩書を自称することにはあまり寛容ではない。

 そもそも、英語やドイツ語ではかなり崩れてきているけれども、多くの西洋近代各国語では、女性の呼称が未婚と既婚で異なる。また、ヨーロッパは、日本とは比較にならないくらい学歴や血統を重視する社会でもある。(だから、外見だけを手がかりに安直に「お母さん」などと呼ぶことには、かえって一般に慎重である。)私たちがこのような事情に気づかないとするなら、それは、これらの国を訪れるときには、私たち日本人が「外国人」として扱われるからであり、また、ヨーロッパ諸国の出身者で、日本人とあえて交流しようなどと思う者は、大抵の場合、窮屈な「肩書信仰」のようなものから比較的自由だからである。

呼称の改善案

 なお、上のツイートに関連する私の提案は、次のとおりである。

    • 「おばさん」「おじさん」「お母さん」「お父さん」をすべてやめ、「大将」に統一する。(これら4つの呼称は、相対的に年長の相手に対して使われるから、「大将」で何ら問題ない。)
    • 男女を呼び分ける必要があるのなら、それぞれ「旦那」と「お女中」とすればよい。
    • 姓のあとにつける「君」「さん」などを年齢や性別に関係なく統一させるなら、「……氏」とすればよい。実際、大学院生のころ、学年の順序と年齢の順序が一致しない環境に何年も身を置いていたけれども、このような環境では、相手への呼びかけるに「……氏」が多用されていた。(目の前にいる相手を3人称で呼ぶようで、あまり気持ちよくはなかった。)

Girls with shopping bags

セール品を買うときには、なぜ値引きされているのかを理解することが必要

 街を歩いているとき、店頭でさまざまな商品のセールに出会うことがある。まさか「セールなら何でも買う」「ものを買うのはセールのときだけ」などという人はいないであろうが、それでも、衣料品を中心にして、セールになるのを待って買う人は少なくないに違いない。

 しかし、私自身は、スーパーマーケットでの食品の値引きを別にすると、セールになっているものを買うことはあまりない。というのも、セールになっているものは、家電背品でも、食品でも、衣料品でも、雑貨でも、値引きをせざるをえない何らかの理由があるのが普通だからである。

 したがって、セールで売られているものが安いからと言って、闇雲にこれに飛びつくと、かえって損をする可能性がある。

セール品は返品、交換ができないのが原則

 まず、セールになっているものは、アウトレットで販売されているものや「福袋」を含め、原則として返品、交換ができない。返品、交換されては困る何らかの事情があるから、その分、もとの価格から値引きされていると考えた方がよい。

 これは、ほぼすべてのセール品に当てはまる普遍的な原則であるけれども、この点に無頓着な人は少なくないように思われる。

 だから、ある程度以上高額なもので、かつ、返品、交換する可能性が少しでもあるなら、セール品は購入しない方が無難であることになる。すなわち、よほどの安物でないかぎり、あるいは、以前に購入したのとまったく同じものでないかぎり、ブランドものの靴、コート、アクセサリーなどについては、セール品は避けるべきであることになる。

 一般に、高級なブランドの製品は、もともと高額であるから、よほど特殊なもの――たとえば口紅のような――でないかぎり、基本的に何についても返品、交換を受け付けている。

 したがって、たとえば「それなりに高級なお洒落なハンドバッグがほしい」と思うのなら、セールで買うことはすすめない。セールではなく正価で購入した商品なら、返品や交換が可能であり、時間と手間さえかければ、値段に見合う気に入ったものに必ず出会うことができるからである。

化粧品は、正価で購入しても返品、交換ができないから、購入前にサンプルを使うことができる

 なお、化粧品は、値段に関係なく、また、セールであるかどうかにも関係なく、返品、交換は原則として不可能である。これは、スーパーマーケットで売られている野菜について返品、交換ができないのと同じである。

 とはいえ、化粧品の価格は、野菜とは比較にならないほど高いのが普通である。だから、メーカーは、客のリスクを抑えるため、美容部員を売り場に配置して対面で商品を販売したり、大量のサンプルを客に配布したりしているわけである。(DHCを始めとするいくつかのブランドの商品が安いのは、客のリスクを抑えるためのコストがかかっていないからである。)

必ず消費するものなら、安売りされているものを優先的に選んでさしつかえない

 もちろん、値引きされているときに、これを優先的に購入して何の問題もない商品はたくさんある。たとえば、普段の生活においてすでに実際に使用されている消耗品や、いつも食べている加工食品のようなものなら、値引きされているものを購入しても、損する危険はない。もちろん、消費期限が近づいているとか、廃版の商品であるとか、値引きされているのにはそれなりの事情があるには違いないけれども、これを許容することができるのなら、むしろ、値引きされているものを優先的に選んでもかまわないはずである。

 なお、スーパーマーケットで食品が値引きされているとき、値引きの理由が「賞味期限/消費期限が近い」ことであるなら、むしろ、このような商品を積極的に購入することは、道徳的に考えて好ましいことですらある。というのも、このような商品は、売れ残れば廃棄されることを免れないけれども、これは、いわゆる「食品ロス」を増やすことになるからである。値引きされている食品を購入するなら、若干の金銭を節約することが可能となるばかりではなく、これは、食品ロスを削減し、地球環境への負荷を減らすことにもなる。

「わけあり」という理由で値引きされているものを購入するときには、「わけ」を確認することが絶対に必要

 とはいえ、「わけあり」という表示とともに値引きされている場合、その「わけ」を確認することは絶対に必要である。賞味期限が近い、形が悪いなどの理由で値引きされているのならかまわないけれども、中には、さらに深刻な何らかの事情によって値引きされていることがないとは言えない。特に通信販売の商品で「わけ」が明記されていないときには、購入には慎重になる方が安全であるに違いない。

↑このページのトップヘ