AD HOC MORALIST

人間らしい生き方をめぐるさまざまな問題を現実に密着した形で取り上げます。

タグ:エゴサーチ

エゴサーチには中毒性がある

 以前、次の記事を投稿した。


エゴサーチはやめた方がよい : AD HOC MORALIST

エゴサーチには中毒性がある 私は、1日のうちどこかで1回、「エゴサーチ」するのを習慣にしている。エゴサーチとは、自分の名前(やハンドルネームなど)を検索することである。 これから述べるように、本当は、これはあまり好ましくない習慣であり、やめた方がよいとは思


 エゴサーチの結果として私たちが目にするものの約80%はネガティヴな内容である。それにもかかわらず、私たちがエゴサーチするのは、これが承認欲求を歪んだ形で満足させるからである。エゴサーチに中毒性があり、エゴサーチすることで不快な思いをすることがわかっていても、自分の名前をキーワードにして検索してしまうのである。エゴサーチというのは、かゆい湿疹をかきむしり続けるようなものであると言うことができる。上の記事では、このようなことを書いた。

freestocks-org-72172

エゴサーチはネットを使ってすることが他にないから

 とはいえ、エゴサーチしてしまうのには、このような内的な事情のほかに、もう1つ、外的な事情もあるように思われる。エゴサーチによって不快な思いをするのがわかっていながら、これをやめることができないのは、「退屈だから」であると考えることができるのである。

 エゴサーチを日課としている――私もそうである――としても、「ネットの主な利用目的がエゴサーチである」という人は稀であるに違いない。むしろ、大抵の場合、日常的なエゴサーチは、主となる仕方でのネット利用のあとで、あるいは、その合間に試みられるはずである。

 そして、この事実から、次のことが明らかになる。

    1. すなわち、エゴサーチすることを思い立つとき、大抵の場合、手持ち無沙汰であり、スマートフォンやパソコンをネットに接続し、あちこちをタップしたりクリックしたりして暇つぶしをしていること、
    2. しかし、スマートフォンやパソコンをいじっているうちに、必要でもないのにこれがやめられなくなる――このようなときには、脳波が睡眠時のような状態になっているようである――と、エゴサーチを思いつくこと、
    3. つまり、ネットに長時間接続している者が辿りつく究極の「ネット遊び」がエゴサーチであること

がわかるのである。


cat-1584966_1920
 もちろん、少し冷静に考えるなら、ネットを使った生産的な活動がいくらでも可能であることは明らかである。しかし、ネットに長時間接続し、頭が朦朧とした状態では、思いつくことの幅が狭くなり、気がつくと、半分眠ったようになって画面をこすったり、キーを叩いたりしていることになる。

 エゴサーチは、脳の活動がもっとも低下した状態で私たちが思いつくネットの使い方であり、エゴサーチを思いつくことが、それ自体として、精神の健全な活動が阻碍されている証拠であると言うことができる。(だから、エゴサーチするときには、大抵の場合、「エゴサーチでもするか」と考えているはずである。)

Young Cell Phone Addict Man Awake At Night In Bed Using Smartphone

エゴサーチには中毒性がある

 私は、1日のうちどこかで1回、「エゴサーチ」するのを習慣にしている。エゴサーチとは、自分の名前(やハンドルネームなど)を検索することである。

 これから述べるように、本当は、これはあまり好ましくない習慣であり、やめた方がよいとは思っている。しかし、パソコンの前に坐っている時間が長いせいか、どうしても「エゴサーチ」してしまう。エゴサーチには中毒性があり、タバコやアルコールと同じように、一度習慣になってしまうと、やめることが難しいようである。

 エゴサーチに中毒性が認められるのは、それが、きわめて歪んだ仕方であるとしても、「承認欲求」を満足させるものだからであろう。私の名前が検索の結果としてヒットするのは、誰かが私に注意を向け、私の名前を含む文章をネット上に投稿したからである。エゴサーチでヒットした件数は――自動的に収集された情報が機械的にコピーされたページでないかぎり――私に向けられた注意の量を反映するものとして受け止めることができる。エゴサーチを始めると、やめることが難しいのはそのためであるに違いない。

ネット上の評価の8割以上はネガティヴなもの

 ただ、エゴサーチにより私が目にする検索結果は、大抵の場合、決して好ましいものではない。というのも、私は、職業柄、本名で著書や論文を公表しているけれども、ネット上、特にSNS上で出会う私への言及の大半が批判または誹謗中傷によって占められており、多少なりとも好意的なものは、全体の1割にも満たないからである。だから、エゴサーチするたびに、そして、新しい検索結果を見つけるたびに、私は意気阻喪することになる。

 とはいえ、これは、私の場合が特別なのではなく、ネット上、特にSNS上に公表された誰かに関する評価の8割以上はネガティヴなものであると言われている。
NEWSポストセブン|ネットの書き込みは8割が悪口 エゴサーチやめるのが吉の声│
 エゴサーチを試みると、サイバースペースが恨み、怒り、妬みなどの悪意によって満たされた空間であることがよくわかる。

エゴサーチは、かゆい湿疹をかきむしるようなもの

 エゴサーチは、私の承認欲求を歪んだ仕方で満たしてくれるものである。だから、検索結果を表示するページが誹謗中傷や罵詈雑言によって埋め尽くされているとしても、そして、検索するたびに汚らしい誹謗中傷や罵詈雑言を必ず目にするとわかっていても、エゴサーチをやめることができない。そして、実際に、エゴサーチするたびに、私の心は少なからず傷つき、生活の質は間違いなく損なわれて行く。

 たしかに、ネットの世界には、みずからが「打たれ強い」ことを公言し自慢している人々がいる。このような人々がどのような気持ちで自分に対する誹謗中傷や罵詈雑言を眺めているのかわからないけれども、決して「打たれ強い」方ではない私などにとり、エゴサーチは一種の自傷行為である。

 不特定多数の目に触れるような仕方で作品を公表したり、発言したり、行動したりする人々にとり、エゴサーチの習慣は、一種の嗜癖である。かゆい湿疹のかゆみを解消するため、これをかきむしり、かきむしることで血が流れても、さらにかきむしり続け、これがさらなるかゆみを惹き起こす……、エゴサーチは、これに似た悪循環を私たちの心の中に産み出しているように思われるのである。

関連する記事


エゴサーチしたくなるもう1つの理由 : AD HOC MORALIST

エゴサーチには中毒性がある 以前、次の記事を投稿した。エゴサーチはやめた方がよい : AD HOC MORALISTエゴサーチには中毒性がある 私は、1日のうちどこかで1回、「エゴサーチ」するのを習慣にしている。エゴサーチとは、自分の名前(やハンドルネームなど)を検索するこ

↑このページのトップヘ