DSCF2047.jpg

あまりにも透明なUberEATS

 UberEATSというサービスがある。これは、飲食店のメニューを宅配するサービスである。アメリカでは何年か前からあったようであるが、日本で始まったのは去年(2016年)の秋のことである。

UberEATS、東京で開始!

 サービスの内容は、LINEが”LINE NOW”という名称でごく短いあいだ行っていたのと似たようなものである。

 ただ、LINEのサービスとUberEATSのあいだには、1つの決定的な違いが認められる。それは、LINE NOWの場合、配達するのが専門の業者であったのに対し、UberEATSでは、料理を運ぶのが、主にアプリで業務を受注する素人であるという点である。そもそも、Uberというのは、素人の運転する自動車を使ったタクシー配車サービスであり、この技術を料理の宅配に応用したのがUberEATSである。素人に料理を運ばせることにより人手を安く簡単に確保する点をUberEATSがみずからの武器としていることは明らかであろう。

 しかし、あらかじめ言っておくなら、私は、これを使ったことがない。というのも、”UberEATS”をキーワードにして検索すると、料理を提供する飲食店、配達する人々、そして、利用者の苦情、不満などの記事がいくつもヒットするからである。また、このような記事の中には、配達する者の質や企業のガバナンスについて懸念を抱かせるようなものもある。この点で、UberEATSは、きわめて「透明」なサービスであると言うことができる。(企業の経営方針や戦略が明確であるという意味で「透明」なのではない。)

 たしかに、どのようなサービスでも、開始してまもない時期には、トラブルを避けることができないに違いない。しかし、トラブルが発生するのがやむをえないとしても、このトラブルが万人の目に触れるような仕方でネット上に公表されてよいわけではない。UberEATSのように、ライフスタイルの変革を訴える「近未来的」なサービスが成功するためには――ディズニーランドと同じように――何よりもまず、利用者がサービスに「夢」を抱くことができなければならない。しかし、今のところ、ネットで”UberEATS”を検索し、これを実用的と見なす人はそれなりにいるとしても、これが夢のあるサービスであるという印象を持つ人は、必ずしも多くはないように思われる。とはいえ、現在では、「裏側」が部外者の目にさらされるのは、秘密結社のような特殊な集団でないかぎり、避けられないことであるのかも知れない。

SNSが見せる「裏面」と社会の亀裂

 ただ、この点に関し、1つだけ確実なことがある。それは、サービスの裏側に光が当てられたからと言って、UberEATSから報酬を受け取っている人々に対する同情や共感が心に生まれるとはかぎらず、UberEATSを使ってみたいと思うようになるわけでもないという点である。

 たとえば料理の配達を請け負っている人々の苦情や不満が正当なもの、切実なものであることを決して否定しないけれども、それとともに――婉曲な表現を使うなら――何か理解しがたいもの、気持ちのよくないものを感じる。「こういう形で苦情や不満をあからさまに表明する人たちに料理を届けてもらうのはいやだな」と思ってしまうのである。

 苦情や不満を表明する手続きは、その人の社会的な地位や「社会観」を反映する。UberEATSの場合、料理の配達を委ねられている人々の社会的な地位、あるいは、この地位から見える社会には、SNSを使って不満や苦情を拡散させることを思いとどまらせ、他の合理的な手段に訴えるよう促す力はなかったのであろう。

 同じ日本で暮らしていても、あるいは、同じ東京で暮らしていても、私の目に映る社会の姿は、これらの人々の眺めているものとは大いに異なるかも知れない。社会のどこに位置を占めるかにより、1つの同じ社会が異なる姿のもとで一人ひとりの前に姿を現すのは当然である。けれども、この事実を形式的に理解してはいても、かつては、普段の生活において、これをリアルな仕方で突きつけられ、それによって、利害も立場も異なる人間たちに自分が囲まれていることを否応なく実感する機会は決して多くはなかったように思う。

 私たちが精神的な安定を維持していられるのは、ものの見方、利害、関心などに関し、その多くを共有している人々とのあいだでゆるやかなネットワークが形作られ、このネットワークによって生活が「包まれている」かぎりにおいてであろう。しかし、SNSは、一方において、このようなネットワークを強固なものにする――いわゆる「フィルターバブル」――とともに、他方において、その彼方に、自分とは異質な人々、場合によっては敵意のある人々の存在をリアルな仕方で遠望させ、違和感や敵意を増幅させる役割を担っているように思われるのである。