AD HOC MORALIST

人間らしい生き方をめぐるさまざまな問題を現実に密着した形で取り上げます。

タグ:人工知能

riley-mccullough-196373

「せどり」は知識も興味も必要としない仕事である

 年に何回か、休日に近所で開かれる古書の即売会(古書市)に出かけることがある。このようなイベントに一度でも行ったことがある人なら知っているとおり、古書の即売会の客層は非常に偏っているのが普通であり、大抵の場合、会場にいるのは高齢の男性ばかりである。(私の雑な観察では、男女比は19対1、平均年齢は65歳前後。)私の年齢は40代後半であるが、これは、即売会の常連客としては若い方であろう。

 ところが、最近、古書の即売会で、私よりもさらに若い男性を見かけるようになった。ただ、これらの男性の行動は、他の客とはかなり異なる。というのも、彼らは、スマートフォンの画面を眺めたり、ときどき何かを入力したりしながら、書棚を眺めたり本を手に取ったりしているからである。(私と同年代、あるいは、私よりも上の世代でも稀に見かける。)会場でスマートフォンを握りしめていること自体、高齢者の多い会場ではすでに目立つのだが、さらに目立つのは、雰囲気から推して、読書の習慣があるとは到底思えないのに、大量の本、しかも、比較的新しい本を抱えて会場を歩き回っている点である。ひとりではなく、グループで即売会に現れるのを見かけることもある。

 あちこちの古書市でこのような客を見かけ、ネットで調べているうちに、これが「せどり」と呼ばれている行動であるらしいことがわかってきた。私がここで「せどり」と呼ぶのは、ごく大雑把に言うなら、古書を何らかの手段で安く、または無償で入手し、これを別の手段で高く転売することである。安く手に入れた本をネット上で転売し「利ザヤ」を稼ぐのが「せどり」の基本的な仕組みである。つまり、古書市やブックオフで本を見つけたら、店頭での販売価格がヤフオク!やamazonのマーケットプレイスのようなECサイトでの販売価格を下回っているかどうかスマートフォンで確認し、店頭価格の方が安ければ購入し、転売する。これは、本の価値や内容を理解することができなくても、目の前にあるものを本として識別する能力さえあれば、誰にでもできる低級な仕事である。「せどり」が「職業」と呼ぶにふさわしいものであるかどうか、私は疑問に感じるが、「せどり」を職業と認めるなら、これは、人工知能によって最初に置き換えられてしまう職業の1つであろう。彼ら――女性もいるのかも知れないが、私は見たことがない――がスマートフォンと書棚を交互に見ているのは、ヤフオク!やamazonのマーケットプレイスでの価格を調べなければ、本を購入するかどうか決められないからである。(「せどり」専用の携帯端末なるものまで開発されているらしい。)

「せどり」は反社会的である

 しかし、「せどり」は、その作業の実質がひどく低級な知的能力しか必要としないものであるという点において評価に値しないばかりではない。これは、文化に対する罪であるという理由によって禁止されるべきものであると私は考えている。理由は明らかである。すなわち、「せどり」にいそしむ者たちにとり、書物は単なる「ブツ」にすぎず、彼らには、書物に対する愛着がなく、書物に関する知識もないのである。

 一般に、何かを売買してこれを「商売」とすることが可能となるためには、自分が扱う商品に関する最低限の愛着と知識が必要である。「必要である」とは、愛着と知識がないと、自分が扱うものの価値がわからないということである。たとえば八百屋なら野菜について、宝飾店なら宝石について、それぞれ自分の手もとに届くまでにどのように作られ、そして、自分の手もとを離れたあとはどのように使用されるのかを必ず予想する。卸値と実勢価格を参考にするとしても、商品の価値に関する予想が成り立たなければ、値段を決めることなどできないはずである。

 古書についても事情は同じである。古書の内容に対する自分なりの評価が値段に反映されるとき、初めて、古書は商品となる。野菜や宝石にプロがいるのと同じように、古書についてもまた、(プロやアマの)目利きがいる。目利きが古書の流通を見守ることにより、本当に価値ある本が適正な値段で人から人へと手渡され、文化が継承されるのである。

 古書市やブックオフの店頭価格とECサイトでの販売価格の比較のみによって古書の売価を決めるのは、ヘッジファンドが仕かける投機的売買と本質的に同じである。「利ザヤ」の大きさのみを考慮して古書を売買する「せどり」は、ヘッジファンドが資産運用市場を混乱に陥れることがあるのと同じように、文化の生産と継承を危うくする可能性があると私は考えている。

Rembrandt reflection


 しばらく前、精巧な贋作を大量に製作した人物のドキュメンタリーを観た。
NHKオンデマンド | BS世界のドキュメンタリー シリーズ 芸術の秋 アートなドキュメンタリー 「贋(がん)作師 ベルトラッチ~超一級のニセモノ~」

 この人物は、贋作が露見して逮捕、告訴され、刑務所に収監されたが、ウィキペディアによれば、現在はすでに出所しているようである。


 贋作というのは、絵画ばかりではなく、文学、音楽、思想にもある。絵画は共同作業で製作される場合が多く、贋作と真作の境界は、他の藝術作品と比較するとむしろ曖昧であるかも知れない。この点では、文学や音楽の方が、贋作と真作の形式的な境界は明瞭である。


 匿名ならばともかく、なぜ有名な作者の名をあえて騙るのか、私にはよくわからなかった。なぜなら、作品がどれほど高く評価されても、名声を獲得するのは自分ではなく、表向きの作者の方だからである。もっとも、近い将来、人工知能AI)がさらに発達すると、このようなことは問題にならなくなる可能性がある。


 人工知能が社会にどの程度のインパクトを与えることになるのか、これは誰にも正確に予測することはできない。これは人工知能の問題ではなく、人間の問題であり、社会の問題だからである。


 確実なことがあるとするなら、それは、少なくとも何らかの技術の単純な「再現可能性」に関するかぎり、どれほど複雑な技術に関するものであるとしても、人工知能の方が人間よりもすぐれており、人工知能に頼る方が確実であるという点だけである。簡単に言えば、人工知能は、人間が「できた」ことなら何でもできるのである。(人間が「できる」ことなら何でもできるのではない。)


 これまで、少なくとも日本の学校および社会は全体として、決まった手順で決まった品質の成果物を産み出す能力を評価するシステムを前提としてきた。これは、人工知能が言論空間の地平に姿を現してから、いたるところで繰り返し語られてきたことである。そして、人工知能の機能が向上するとともに、このような評価のシステムもまた少しずつ力を失い、このシステムの内部において評価されてきた人間は、社会において役割を失う。これもまた、誰でも予想することができる未来であろう。


 人工知能は、誰かが一度でも作ったものなら、これを考えうるかぎりもっとも巧みに真似する能力を持つ。複数の作品から共通点を抽出し、これを組み合わせて「新しいもの」を産み出すこともできる。実際、人工知能にレンブラントの作品の特徴を分析させ、レンブラントにかぎりなく近い肖像画を「出力」させることに成功したことがニュースになった。しかし、これは、驚くには当らない。それほど遠くない将来、「モーツァルトっぽい交響曲」や「夏目漱石っぽい小説」が人工知能によって出力され、人々は、「モーツァルトっぽい交響曲」を聴き、「夏目漱石っぽい小説」を読むことになるであろう。このような作品は、もはや「本物」と見分けがつかないから、見分けをつけることにも意味がなくなるかも知れない。


 もちろん、(1)モーツァルトっぽい交響曲を人間が作り、しかも、(2)モーツァルトの作品として世に送り出せば、それは「贋作」となる。人工知能が作ったものが贋作と見なされないのは、人間が作ったものではなく、また、モーツァルトの作品として送り出されたわけではないからである。(そもそも、人間が作ったものではないから、法律上の「著作物」ですらない。)しかし、これは、藝術作品に関し人工知能が遂行することが、基本的には贋作と同じであることを意味する。藝術作品に関するかぎり、人工知能は究極の「贋作師」なのである。だから、人工知能の発達により、贋作師は自動的に姿を消す。これは、人工知能によって最初に駆逐される職業であろう。実際、人工知能は、フェルメールっぽい風俗画や肖像画を100種類一度に出力するに違いない。フェルメールのコレクターは渋い顔をするかも知れないが、フェルメールの愛好家は大喜びするであろう。


 もちろん、人工知能は、これまで人間が産み出してきたものを完璧に学習するだけであり、本質的に新しいものを何も産み出さない。つまり、人工知能が作り出すものには、本当の意味におけるオリジナリティは認められない。それでも、近い将来、そのようなオリジナリティなど、誰も気にしなくなる日が到来する可能性がある。絵画であれ、文学であれ、音楽であれ、オリジナリティをオリジナリティとして受け止めることのできる知的公衆は、いつの時代にもごくわずかにとどまるものだからである。


↑このページのトップヘ