AD HOC MORALIST

人間らしい生き方をめぐるさまざまな問題を現実に密着した形で取り上げます。

タグ:冷え

Headache >.<

 今日は、朝から頭痛に苦しめられている。以前は、週に1回くらいは頭痛に襲われ、仕事に支障が出ていたが、最近は、2ヶ月に1回くらいに減っていた。しばらくぶりの烈しい頭痛で呻吟している。

 肩から背中にかけてひどく痛む。おそらく、この痛みが頭痛の原因なのであろう。夕方には少し吐き気がしたが、今は少しずつ収まっている。

 頭痛になると、仕事は完全にストップしてしまう。幸い、今日は日曜日だったから、電話に出たりメールを書いたりする作業はなかったけれども、平日の場合、頭痛は私の生活の質を損ねる深刻な問題である。だから、つねに頭痛を警戒しながら暮らしているのだが、身体が冷えたり、運動して筋肉痛になったりすると、これがきっかけで頭が痛みだす。ただ、仕事の9割がデスクワークである以上、これは、仕方のないことなのかも知れない。

Beautiful hands with french manicure

クリームも手袋もサプリメントも、私には効果がなかった

 私は、子どものころから、指先の「あかぎれ」と「ひび」に悩まされていた。また、ある時期からは、湿疹のようなかゆい水疱がまでできるようになった。10年くらい前まで、冬になると、いや、場合によっては他の季節にも、指先がガサガサとして、ウロコのようになり、つねに軽い痛みを指先に抱えていた。タオルで手を拭くと、繊維が皮膚のひび割れた部分に引っかかるほどであった。

 冬には絆創膏が欠かせなかった。指先のひび割れたところが出血するからである。また、水疱をかき壊すと、大変なかゆみに苦しめられることになる。冬というのは、ながいあいだ、指先のトラブルの季節であった。手の10本の指のうち7本から8本には絆創膏が巻かれているのが普通であった。当然、このような状態では、ペンを握るにも、パソコンを打つにも一苦労となるが、そればかりではない。会議室や応接室で仕事関係の打ち合わせがあるときには、手を相手に見せないようにしなければならなかった。私の指先を見た相手がギョッとしたような顔をすることが多かったからである。たしかに、すべての指先が絆創膏で覆われているのを見れば、不審に思うのが自然であろう。

 もちろん、何の対策も講じなかったわけではない。最初に試したのは各種のクリームである。しかし、少なくとも、保湿成分を含むクリームは、私には何の効果もなかった。

 手袋も使った。外出するときばかりではなく、寝るときも湿度を逃さないよう、ビニールの手袋を付けていた。仕事中と食事中以外、手をずっと手袋に入れていた年もあった。しかし、手袋は、つけているあいだは快適――とはいえ、蒸れることはあった――であるけれども、はずしてしまえば、指先の状態はもとに戻ってしまう。

 ビタミンEを含むサプリメントを試したこともある。しかし、これもまた、目に見える効果はなかった。

「あかぎれ」の主な原因は「指先の乾燥」ではなく「全身の冷え」

 ちょうど、これらを一通り試した10年くらい前の冬、別件で病院に行く機会があった。診察を受けているとき、指先をチラッと見た医師から、絆創膏だらけの理由を尋ねられ、私は、「あかぎれ」であると答えた。すると、医師から、「あかぎれ」の最大の原因は「乾燥」ではなく「冷え」、特に体幹の「冷え」だから、身体を温めると効果的である、という意味のことを言われた。

 私は、それまで、特に身体を冷やすような服装をしていたわけではなかったけれども、たしかに、ゴロゴロと着込む方ではなかったが、医師の忠告をうけ、試しに、自宅にいるときにも防寒の下着と厚手のパーカーを常時着用して過ごしてみたところ、指先の状態が数日のうちに急速に改善された。少なくとも、絆創膏を必要とするような状態ではなくなった。やはり、私の場合、「あかぎれ」の原因は冷えであったようである。

 その後は、毎年冬になると、身体を冷やさないよう、徹底的な厚着を心がけており、そのせいか、この数年は、指先の皮膚がウロコのようになることはない。また、私の体験の範囲では、この状態でクリームを使用することは、銘柄に関係なく、とても効果的である。

 一般に「冷え」というのは、身体の不調の多くの原因の一つになっているものであるから、身体は冷やすよりも温めた方がよい。フリース1枚で「あかぎれ」が軽減され、体調の改善にもなるのであれば、これは、ずいぶん安上がりな解決法であると言うことができるように思われるのだが……。


↑このページのトップヘ