AD HOC MORALIST

人間らしい生き方をめぐるさまざまな問題を現実に密着した形で取り上げます。

タグ:囲い込み

170205_203_P1090712

企業は、長期の契約による割引や「まとめる」ことによる割引を餌に顧客を囲い込もうとする

 携帯電話を長期で契約すると割引される。あるいは、携帯電話とケーブルテレビとインターネットをまとめると割引が受けられる。このような趣旨の案内を直接、あるいは、ダイレクトメールや電話で受け取ることが少なくない。

 「長期」や「まとめ」は、烈しい競争のもとで顧客を長期にわたって囲い込むための戦略である。だから、囲い込みは、規制が緩和され、新しい企業が市場に参入してくる可能性がある時期に試みられることが多い。

囲い込まれると「選択の自由」を制限される

 しかし、私は、これには基本的に応じないことにしている。

 今のところ、固定電話、携帯電話、インターネットのプロバイダー、ネット回線、ケーブルテレビ、NHK、電気、ガス……、私は、すべて個別に料金を支払っている。

 たしかに、このような支払い方では、割引は受けられない。また、大半が銀行口座からの引き落としになっているとはいえ、支払いはそれなりに面倒でもある。

 それでも、支払いに必要なカネと手間は「選択の自由」を確保するためのコストであると私は考えている。

途中で契約を解除しようとするとペナルティがある

 そもそも、たとえば携帯電話の回線の契約のように、2年間を単位とする場合、契約を解除することができる短い期間以外の時期に解約すると、違約金を請求される。

 もちろん、自分の意思で行った契約であるから、契約違反のペナルティを課せられるのは仕方がないことであるのかも知れないが、解約するにはつねにそれなりの――主観的な――不満があるのが普通であるから、違約金には釈然としないものがある。

契約を解除したあと、個別のサービスを契約しなおすのは面倒

 さらに、複数のサービスを「まとめる」ことで割引を受けていた場合、契約を解除すると、1つひとつのサービスを個別に契約し直さなければならない。これは、契約の解除を思いとどまらせる非常に大きな障碍になる。

 たとえば、私が住む杉並区では、J:COMがケーブルテレビのサービスを提供している。私も、ケーブルテレビについては、J:COMと契約している。

agree-1728448_1920
 しかし、J:COMは、ケーブルテレビばかりではなく、光回線、インターネットプロバイダー、固定電話、携帯電話、電気、ガスのサービスを提供しており、すべてをJ:COMにまとめると、大幅な割引を受けることができる。そのため、J:COMから勧誘の電話がときどきかかってくるが、もちろん、私は、すべて無視している。

 そもそも、これらのサービスをすべてJ:COMにまとめてしまったら、J:COMに完全に囲い込まれ、「養分」となることを避けられない。というのも、解約することは、形式的には可能でも、現実にはほぼ不可能だからである。

 たとえば、光回線とインターネットプロバイダーについてJ:COMのサービスを解約したら、新たにどこかのプロバイダーと契約を結ぶとともに、NTTと光回線の契約を結び、さらに、公道から屋内まで回線を引く工事が必要となる。場合によっては、J:COMの回線を撤去する工事が行われ、その費用を請求されるかも知れない。電気やガスの契約を解除する場合もまた、事情は同じである。

 このような面倒をあえて引き受けても解約を実行するには、よほど重大な理由がなければならないように思われる。(同じように、販売店による引き留めが面倒であるという理由で新聞の購読をやめられない人は少なくないに違いない。)

多少割高であっても、また、支払先が分散しても、囲い込みには抵抗すべき

 だから、不満を覚えたら即座に解約し、競合する他社が提供するサービスの乗り換えることは、私たち消費者の権利に属する。

 ある会社のあるサービスに不満があるとき、「こちらの不満を解消するようサービスを改善しなければ、契約を解除して他社に乗り換える」と宣言する自由は、消費社会の健全な発展のための、そして、私たち自身の自尊心を維持するための必要条件であり、割引や手続きの簡略化と引き換えにこの自由を手放し、企業の養分になり下がることは、誰のためにもならないと私は考えている。

5683562879_3f95c03e1f_o

 「フェイスブック」か「ブログ」か、と問われたら、私自身は、躊躇なく「ブログ」と答える。

 フェイスブックとブログのあいだには、いくつもの違いがある。たとえば、ブログはグーグルの検索でヒットするのに対し、フェイスブックに投稿されたものは、原則としてグーグルの検索の対象とはならない。あるいは、「友達」との「つながり」がフェイスブックの使用の前提となるのに対し、ブログでは記事を万人に対して公開することができる。フェイスブックが時間の経過とともに流れ去って行く「近況報告」のためのプラットフォームであるのに対し、ブログというのは、記事の蓄積による「ログ」(ウェブログ)になるように設計されている……。しかし、このような点は、この記事に辿りついた人たちにとって自明のことであろう。

 私は、フェイスブックのアカウントを持っていない。以前は、アカウントがあったのだが、フェイスブックを使う機会はほとんどなく、1年くらい前にアカウントを削除した。フェイスブックというのは、何が面白いのか、あるいは、何の役に立つのか、私にはよくわからないサービスであった。

 最近、フェイスブックがブログの代用品として使われることが多いようであるが、私は、フェイスブックのアカウントを持っていないから、フェイスブックに何か記事を投稿している人がいても、私には読むことができない。フェイスブックの記事は、(アカウントで使われている氏名以外は)グーグルの検索でヒットせず、したがって、どれほど有名な作家が書いた重要な記事でも、フェイスブックに投稿されているかぎり、私にとっては存在しないのと同じである。

フェイスブックにはCEOがいるが、ブログにはCEOがいない

 しかし、私がブログを好む最大の理由は次の点である。すなわち、フェイスブックが他との互換性のない独自の規格によるサービスであるのに対し、ブログは、「ブログ」を称するものであるかぎり、規格について最低限の互換性があるという点である。

 ブログに記事を投稿する場合、無料や有料のサービスを使うこともできるし、レンタルサーバを使うこともできる。たしかに、両者にはいくつかの細かい差異があり、完全にシームレスではないけれども、乗り越えることが不可能なほど大きな障壁が異なるサービスのあいだにあるわけではない。

 だから、どこかの企業が提供するブログのサービスが嫌になったら、別のサービスに乗り換えたり、レンタルサーバに何らかのCMS(コンテンツ・マネジメント・システム、contents management system)をインストールし、データをインポートしたりして、ブログをそのまま続けることができる。実際、どのブログ・サービスにも、データのインポート、エクスポート、バックアップなどの機能は必ず具わっている。

 私自身、いくつかの企業のサービスやレンタルサーバを渡り歩き、最終的に、今の場所に落ち着いた。現在のところ、ブログを引っ越す予定はないけれども、たとえ引っ越すことになっても、これは、大した手間ではない。

 これに対し、フェイスブックに情報を預けることには、大きなリスクがある。というのも、フェイスブックをブログ代わりに使っている人には、たとえフェイスブックが嫌になっても、別のサービスに乗り換えるという選択肢がないからである。フェイスブックに「類似したサービス」はあるけれども、規格に互換性がないから、フェイスブックに投稿された記事をエクスポートして、競合するサービスへとこれを引き継ぐことができない。(フェイスブックがSNSである以上、これは当然のことである。)

 この意味において、ブログの場合とは異なり、フェイスブックをブログ代わりに使う者は、フェイスブックによって完全に囲い込まれ、データを人質にとられていると言うことができる。フェイスブックの記事がグーグルで検索できないようになっているのも、囲い込みのためであると考えることができる。1つの企業に全部のデータを囲い込まれ、外部への逃げ道がないというのは、釣り堀の魚と同じようなものである。私がフェイスブックについて危うさと鬱陶しさを感じるのはこの点である。

 フェイスブックは1つの企業であるから、当然、そこにはCEOがいる。しかし、ブログは、現在ではすでに「枯れた」プラットフォームであり、したがって、ブログについては、複数の企業が似たような規格を採用し、同じようなサービスを提供している。当然、「ブログのCEO」などというものはいない。私がブログを好む理由である。

互換性のないサービスを使ってテータを蓄積するのは危険

 だから、フェイスブックがどれほど便利である――私自身はそうは思わないが――としても、フェイスブックを従業員のあいだの情報共有の主な手段として用いている企業はほとんどないはずである。フェイスブックに基幹の情報伝達手段をおさえられた状態では、情報の漏洩の危険があるばかりではなく、万が一フェイスブックが経営破綻したり解散したりするようなことがあれば、会社の存続が脅かされる可能性があるからである。

 同じ理由によって、私はLINEを使わず、電子メールを使う。なぜなら、LINEにはCEOがいるが、電子メールにはCEOがいないからである。グーグルが提供するGmailがどれほど多くの人々に使われているとしても、Gmailの規格が独自であるわけではなく、他のメールサービスを使っている者とのあいだでメールの交換ができないわけでもない。Gmailが嫌になり、使うのをやめても、メールの送受信ができなくなるわけでもない。この意味において、メールの方がLINEよりも安全な、風通しのよい、逃げ場のあるサービスなのである。一社だけが提供するサービスに依存することには、大きな危険がある。いつでも別の場所に逃れられること、場合によっては、最初から情報を分散することができるような態勢を作ることは、ネット上の活動におけるリスクを回避するためのコツの1つであるに違いない。

↑このページのトップヘ