AD HOC MORALIST

人間らしい生き方をめぐるさまざまな問題を現実に密着した形で取り上げます。

外出

alvin-mahmudov-221416

手ぶらで出勤する会社員

 中学校に入学し、電車での通学を始めてまもなく、ある朝、電車の中を見回して、1つの事実に気づいた。私が乗るのと同じ電車に乗っている男性のサラリーマンの大半が鞄を持っていないのである。

 多くは、新聞を片手に持っていたけれども、中には、完全に手ぶらで電車に乗ってくるサラリーマンもいた。これは、私には実に不思議な光景であった。なぜ何も持たずに出勤することができるのか、すぐにはわからなかったからである。

 私の家には、普通の時間に出勤するいわゆる「会社員」がおらず、仕事で外出するときには、全員が書類鞄か、あるいはそれ以上の大きさの荷物を持っていた。

 会社員が手ぶらで出勤するのは、自宅で仕事せず、かつ、仕事に必要なものがすべて職場に置きっぱなしになっており、身体だけ運べばよいからであるには違いない。このことは、中学1年生の私にも見当がついた。それでも、財布、メガネケース、折りたたみ傘、各種の鍵などは携行しないと不都合が生じるはずであり、私は、今でも、手ぶらで出勤するサラリーマンを見かけると、強い違和感を覚える。

放っておくと荷物は増える

 ところで、私自身はは、手ぶらで仕事に行くことへの違和感からいつまでも解放されなかった。私の主な仕事場が自宅であるから、荷物なしに職場とのあいだを往復することはない。少なくともA4サイズの書類が収まる書類鞄はつねに必要である。

 当然、職場での用事が多岐にわたると、荷物もそれだけ重くなる。平均すると2キロから3キロではないかと思う。私のような大学関係者は、荷物が重くなりがちであり、大きなバックパックや小型のキャリーバッグとともに通勤している姿を見かけることが少なくない。荷物がどうしても増えてしまうのである。これは、部屋がモノで一杯になるのと同じことである。

減らせるものがないか、つねに点検する

 今から5年以上前、次の本を読んだ。

佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)

 この本によれば、著者の佐藤氏は、打ち合わせのために出かけるとき以外、原則として荷物は持たないようである。

 私のような仕事の人間がこれをそのまま真似するのは困難であるけれども、この本を読んでから、運ぶモノをできるかぎり減らすよう、工夫をするようになった。

 以前、一度だけ、電車に乗るためのICカード、自宅と研究室の鍵だけをポケットに放り込み、完全に手ぶらで職場に行ったことがある。その結果、手ぶらが決して不可能ではないこと、ただ、それは、天気がよく、かつ、不測の事態が起こらないという条件が満たされている場合にかぎられることがわかった。(授業に必要な資料は、自宅からクラウド上にアップロードしておき、教室に設置されたパソコンを使ってダウンロードした。)

 何も持たずに外出することができるのは、散歩のときだけで、仕事で外出するときには、やはり、最低限の荷物が必要となるようである(が、手ぶらで電車にのり、手ぶらで職場に行くというのは、理想ではある。)

Untitled

 しばらく前、下のような記事を見つけた。

「外出する人」過去最低 高齢化やネット普及が影響か | NHKニュース

 私自身は、どちらかと言うと、必要に迫られないかぎり外出しない方である。だから、仕事以外で外出するのは、誰かと約束がある場合、必要な買いものがある場合、デッドラインが決まっている雑用がある場合などに限られる。このような用事がなければ、外出することはない。まして、旅行など、まずないことである。

 どこかへ出かけるには、時間もカネも体力も必要となる。楽しいことが期待できるのなら、あるいは、用事がきれいに片づくのなら、もちろん、外出をためらうことはないが、用事が足りなかったり、ひどく失望したり、不快な思いをしたりする可能性が十分にあるのなら、わざわざ出かけようとは思わない。これは、当然のことであろう。

 とはいえ、出かけるのが誰かと一緒であるなら、事情は少し違うかも知れない。というのも、出かける理由の多くは、家族、友人、知り合いなどと関係があるはずだからである。積極的に外出する人の多くは、外出がそれ自体として好きなのではなく、誰かに「連れ出される」ことによって結果的に自宅の外に出ているにすぎないように思われる。

 したがって、「外出する人」が減ったというのは、日本人が高齢化したとか、無精になったとか、ネットの使用が拡大したとか――これらの影響がまったくないわけではないが――そのような事情よりも、むしろ、連れ出される機会が減り、人間関係が希薄になったからであると考えるのが自然である。実際の統計があるかどうかはわからないが、おそらく、(ネットだけの知り合いではなく、)現実に投錨された知り合いが多いほど、自宅から連れ出される機会が多く、外出する頻度や時間が多いに違いない。

 長時間外出することが健全であるとは必ずしも言えないかも知れないけれども、それでも、自宅にいつまでもとどまっていることは、精神衛生上必ずしも好ましいことではない。視野が狭くなり、思考が堂々巡りを始めるのである。やはり、自宅の外に出て時間を使うこと、見飽きた眺めとは違うものに出会うことは、自分自身を生気づけるのに必要なことである。

 私自身、何年か前の年末年始、5日間、誰ともしゃべらず、玄関から一歩も出ずに自宅で過ごしたことがあるけれども、さすがに、気分はあまりよくなかった。本格的な「ひきこもり」が決して楽しくないのは、当然であるように思われる。

 私の外出の頻度や時間が私を連れ出してくれる知り合いの数に比例するのであるなら、そして、外出が精神衛生に何らかの影響を及ぼすのであるなら、年齢や社会的な位置に関係なく、私にとって重要なのは、ネット上の知り合いではなく、学校や職場の知り合いでもなく、「自宅から」「連れ出してくれるような知り合い」であり、この「自宅から連れ出してくれる」かどうかが、私にとって好ましい知り合いの最低限の条件となるはずである。(もっとも、私を自宅から連れ出してくれるからと言って、それだけで好ましい知り合いと見なすことはできないであろう。)

 山や海でもよい、繁華街でもよい、知り合いと一緒にどこかへ出かける経験は、必要に迫られて同じ場所にひとりで出かけることとは比較にならない厚みを持つ。それは、共有された経験だからであり、共有された記憶だからであり、想起と更新の場が用意された経験であり記憶だからである。


↑このページのトップヘ