AD HOC MORALIST

人間らしい生き方をめぐるさまざまな問題を現実に密着した形で取り上げます。

タグ:性差別主義

catt-liu-1625

男性に対する嫌がらせを「家事ハラ」と呼ぶのをやめさせても、嫌がらせの事実がなくなるわけではない

 今から3年前に、「家事ハラ」という言葉を頻繁に目にしていた短い時期がある。発端となったのは、旭化成のコマーシャルである。


 このコマーシャルが「ありがちな状況」を再現しているのかどうか、私にはよくわからないが、少なくはない数の既婚男性がこのコマーシャルにリアリティを感じたのであろう。このような事実がなければ、これが放映されることはなかったはずである。

 しかし、このコマーシャルは、なぜか「炎上」した。このコマーシャルを気に入らない視聴者が特に女性に多いということは誰でも予想できるけれども、わざわざ文句をつけるほどのことでもあるまいと私は考えていた。今でもそう考えている。

 このコマーシャルにおいて「問題」とされる論点をまとめた記事はネット上にいくつもある。批判の大半に私は同意しないけれども、少数ながら考慮するに値するものもあったと思う。したがって、ここでは、どのような仕方で実際に批判されたのかは一々記さない。

「妻の家事ハラ」広告はなぜ集中砲火を浴びたのか?世間が納得できない家事・労働シェアの空論と現実

 「家事ハラ」という言葉は、「家事労働ハラスメント」の短縮表現であり、この「家事労働ハラスメント」の意味は、次の本に記されているとおり、「家事労働を貶めて、労働時間などの設計から排除し、家事労働に携わる働き手を忌避し、買いたたく」ことである。だから、主婦による夫への嫌がらせを「家事ハラ」と呼ぶのは不適切であるという意見は、それ自体としては間違いではない。

 ただ、この意見が適切であるとしても、嫌がらせの事実がなくなるわけではない。いわゆる「家事ハラ」について語られることがなくなったとするなら、それは、「言葉狩り」のおかげであり、事実が隠蔽されているにすぎないのである。

家事労働ハラスメント――生きづらさの根にあるもの (岩波新書)

 なすべきことは、上のコマーシャルで紹介されたような事態が――どのような名で呼ばれようとも――惹き起こされる理由を明らかにすることに尽きることになる。

男性が家事を「手伝う」という表現が怪しからんと言うが……

 とはいえ、「なぜ主婦が家事を手伝う夫に対し嫌がらせするのか」という問いが発せられるなら、この疑問文が最後まで声にならないうちに、一部の主婦やフェミニスト(男性を含む)は、次のように絶叫するに違いない。つまり、「そもそも『手伝う』とは何ごとだ」「家事は女がやるものだと思っているのは時代錯誤の差別主義だ」……。

 たしかに、夫婦が公平に家事を担うというのは理想である。実際、少なくとも40歳代より下の世代では、「家事は女がやるものか」という問いに肯定的に答える男性はもはや少数派であるに違いない。だから、夫に対する主婦の嫌がらせに対して疑問を持つ男性がすべて性差別主義者であるわけではなく、むしろ、大半の男性は、「性差別主義者」などという安直なレッテル貼りを警戒し、慎重な言動を心がけているはずである。

 問題は、このような「信条」の問題とは別のレベル、表面的なコミュニケーションのレベルにある。

家事の「水準」を勝手に決めない

 これは完全な想像になるが、いわゆる「家事ハラ」が起こることには前提がある。すなわち、家事の「水準」と呼ぶべきものに関し夫と妻のあいだに明確な合意がなく、妻が夫と相談せずにこの「水準」をひとりで決めているはずである。

 家事の「水準」とは、たとえば

    • 「家全体はどの程度まできれいに掃除されているべきか」
    • 「洗濯ものはどの程度まできれいに整頓、収納されているべきか」
    • 「食事はどの程度まで整ったものにすべきか」

など、家事の完成度のレベルを意味する。

 もちろん、妻がこうした点をひとりで決めているのは、あるいは、よく考えることなく自分にとって自然なレベルにこれを設定しているのは、大抵の場合、夫が意思決定に関与することを妻が妨害しているからではない。夫がこの問題に対する関心を欠いており、そのせいで、妻が自然と考える水準が、吟味を受けることなくそのままその家庭の家事の水準になってしまう場合は少なくないに違いない。

 したがって、妻が家事の水準を自分で決め、夫のする家事がこの水準に到達しないことに腹を立て、これが結果として嫌がらせを惹き起こしているのなら、つまり、自分の思いどおりに夫が動かないことにいら立っているのなら、家事の水準を見直す――具体的には引き下げる――ことが絶対に必要である。そして、そのためには、この問題について話し合い、当事者が合意することのできるレベルを明確な形で設定することもまた避けられないであろう。

 実際、家事の水準に対し夫が明確な同意しているのならばともかく、そうでないのなら、やはり、夫にとって、家事は、「やらされている」もの以外ではありえず、最大限に好意的に表現しても「手伝い」以上の意味をそこに見出しえないことは明らかである。

 たとえば、洗濯物にアイロンをかけ、きれいに畳んだ上で収納するのには、相当な手間と時間が必要となる。夫婦共働きの家庭にそのような余裕などあるはずはない。水準を引き下げ、たとえば、アイロンがけは最大限省略する。皺ができては絶対に困るもの以外は収納は適当にする、あるいは、洗濯の回数自体を減らす、などの変更をすべきであろう。

 同じように、塵一つ落ちていない床が理想であり、風呂場の掃除は毎日行われるに越したことはないとしても、時間と体力に限界があるのなら、また、夫がこだわらないのなら、生活に支障がない範囲で手を抜くことは好ましいことですらある。(夫だけがピカピカの家にこだわるのなら、自分で掃除させればよいのである。)

 食事についても事情は同じである。家族の健康を損ねることがない範囲において、食卓に並ぶのが冷凍食品であっても、宅配であっても、中食であっても、家族の同意があれば、何ら問題はない。

 私の場合、子どものころの家の中は、決してピカピカではなかった。また、出てくる食事は冷凍食品ばかりであった。(1970年代の冷凍食品は、悪夢のように不味かった。)シャツは、誰が着るものもおしなべてヨレヨレであった。収納が雑だったからである。(「シャツの皺なんて着ているうちにのびる」が母の口癖であった。)それでも、家族全員がこの状態に同意を与えていたから、誰も家事の水準に不満を持つようなことはなかった。当事者が満足しているかぎり、家事の水準など、家庭によってまちまちであって一向にさしつかえない。自分の家庭の家事の水準をよその家庭と揃えなければならないと考えるべきではないのである。

 夫婦で、あるいは、家族で、家事の水準に関する明確な合意を形成することができるなら、いわゆる「家事ハラ」が発生する可能性は、ゼロにかぎりなく近くなるはずである。

家事について夫が低い水準しか求めないのなら、妻もこれに合わせるべき(合わせられないのなら、ひとりでがんばるしかない)

 妻が専業主婦であり、「丁寧な暮らし」を望んでいるのなら、夫もまた「丁寧な暮らし」を望んでいるのかどうか、意向を確認することが絶対に必要である。

 「丁寧な暮らし」を妻が趣味として実践する分には、夫がこれに文句を言う理由はあまり見当たらない。しかし、みずから「丁寧な暮らし」の当事者になり、「丁寧な」家事の分担を望む夫は、圧倒的な少数派のはずだからである。

 だから、妻は、夫の意向を無視して家事に高い水準を求めてはならない。夫の目には、それは、妻の単なる自己満足と映るはずである。(反対に、夫が家事について高い水準を求め、かつ、家事の分担を嫌がるようなら、妻は「ふざけるな」「自分でやれ」と言えばよい。)共同生活である以上、それぞれの家庭の家事の水準は、家族で折り合うことのできるレベルとせざるをえないのである。

Edouard Manet - Luncheon on the Grass - Google Art Project.jpg
By Édouard Manet - twELHYoc3ID_VA at Google Cultural Institute maximum zoom level, Public Domain, Link

 「日本の男性の女性に対する態度は性差別主義的か。」この問いに対し、私は、「全体としてはイエス」と答える。

酒の席での「男子トーク」では悪い意味での「男らしさ」が発揮される

 私は、「男らしさ」があまり好きではない。もちろん、「勇気」「謙虚」「公正」などの美徳を体現するふるまいを「男らしい」ふるまいと呼ぶなら、このような意味での男らしさには何の問題もない。(ただ、このようなふるまいは、男性に固有のものではないから、厳密に考えるなら、これを「男らしい」ものとして評価するのは性差別主義的である。)

 しかし、私は、男性に固有の女性に対する態度、特に、「酒の席で」「複数の男性のあいだで」醸成される女性に対する態度を見ると、つねに気持ちのよくないものを感じる。私が酒を飲まないからであるのかも知れないが、私には、昔から、どうしても「男子トーク」(?)には入り込むことができない。いや、そもそも、特定の状況のもとで女性に対し最低限の礼儀を守ることができなくなる男性が多いのがなぜなのか、私にはよくわからないのである。

 私は女性ではないから、女性に対する男性の即物的なまなざしを女性がどのように受け止めているのか、想像する他はないけれども、それは、「バカバカしい」と感じられるとともに、場合によっては軽い恐怖を惹き起こすものでもあるように思われる。私ですら、同じひとりの人間がシラフのときとはまったく異なる貌を見せるのを目撃し、気味が悪くなったことが何回もある。私は、セジウィックが「ホモソーシャル」と名づける状況がひどく苦手なようである。

男同士の絆―イギリス文学とホモソーシャルな欲望 | イヴ・K. セジウィック, Eve Kosofsky Sedgwick, 上原 早苗, 亀沢 美由紀 |本 | 通販 | Amazon

ホモソーシャルは、女性に対する無関心の反映

 ところで、今月(2016年11月)になってから、マタニティマークに関する連載記事がNHKのウェブサイトに掲載されている。(今日の時点で第3回まで読むことができる。)

マタニティマークがつけられない|NHK NEWS WEB

マタニティマーク 不安が引き起こす動き|NHK NEWS WEB

マタニティマーク 警鐘鳴らす専門家|NHK NEWS WEB

 マタニティマークが2006年に作られ、少しずつ普及するようになってから、私は、公共の交通機関でこのマークをつけている女性を見かけると、大抵の場合、席を譲るようにしてきた。たしかに、子育てというものは、両親が中心となって進められるべきものであるが、社会の応援は、いかなる状況のもとでも必要不可欠である。電車で席を譲るというのは、安上がりな「ちょっとした親切」であり、しかも、誰にでもできる簡単な応援であるにもかかわらず、社会全体が子育てを応援しているという「雰囲気」を作るのにはとても効果がある。(なお、同じ理由で、私は、電車で出入り口の脇のスペースに立っているとき、ベビーカーを押している女性が乗車するのを見つけたら、事情が許す範囲で、この出入り口の脇のスペースを譲ることにしている。このスペースにベビーカーを寄せると、ベビーカーを両手で抑えている必要がなくなるからである。)

 ただ、上の連載記事を読むと、妊娠した女性がマタニティマークをつけることに対し、必ずしも肯定的な印象を持っていない人が多いことがわかる。私自身は、このような人々の意見に必ずしも同意しないけれども、席を譲りたくないのなら、マタニティマークには強制力などないのだから、無視すればよいだけの話である。(もっとも、「マタニティマークをつけるべきではない」と要求する権利は誰にもない。)

 それでも、マタニティマークをつけた女性を見つけたら、少なくとも男性は、席を積極的に譲るのがよいと私は考えている。私自身を含め、男性は――子育てに対するコミットの程度に関係なく――全体として女性に対し恐ろしいほど無関心であり、したがって、自分とは異なる視点から社会を眺めることに無関心である。そして、この無関心が不気味な「男らしさ」を産み出し、性差別主義的と受け取られかねないような態度を産み出しているような気がする。だから、マタニティマークーー驚くべきことに、60歳代以上では、6割以上がマタニティマーク自体を知らないらしい――に気を配り、積極的に席を譲ることは、異質なものに目を向けることにより、自分の「男性性」(?)を相対化するための最初の一歩となるはずである。


↑このページのトップヘ