AD HOC MORALIST

人間らしい生き方をめぐるさまざまな問題を現実に密着した形で取り上げます。

タグ:老人

commuters

 昨日、次の記事を見つけた。

【電車マナー】優先席めぐりお年寄りと座った男性が口論 動画が投稿され議論沸騰

 記事によれば、電車に設けられている優先席に坐っていた男性が、前に立っていた老人から席を譲るよう求められ、これを拒絶した様子が動画に記録され、アップロードされ、これが多種多様な反応を惹き起こしているようである。

 ただ、この出来事に何か複雑な内容が含まれているわけではない。

 記事が正しいとするなら、席を譲るよう求めた老人は威圧的であり、これに対し、老人の要求を拒否する男性は乱暴であった。だから、老人の態度がもう少し柔らかければ、男性は席を譲ったかも知れないが、これは、問題の本質ではない。

 まず、ガラス窓に貼られたステッカーによれば、優先席には、

    • 老人
    • 障碍者または怪我人/病人
    • 妊娠した女性
    • 乳幼児を連れた女性

の4種類の乗客が優先的に着席することになっている。しかし、それぞれの鉄道の運行会社が定める約款にこの優先席なるものについての記述があるわけではなく、あくまでも譲り合いが特に「望ましい」席であるという以上の位置は与えられていない。同じように、4種類の乗客の「着席の権利」が約款に明記されているわけでもない。すなわち、純粋に形式的に考えるなら、「すでに着席している他の誰かを立たせる」権利など誰にもないことになる。

 このような点を前提とることにより、次のような帰結が導き出される。

    1. 優先席には誰が坐っていてもかまわない。(=優先席を含むすべての座席を占有する権利は、原則として先着順による。)
    2. 上記4種類の乗客には、優先席に着席する権利があるわけではない。
    3. 上記4種類の乗客(=交通弱者?)は、すでに優先席を占有している乗客が「自発的に」席を空けることにより着席する機会を得る。

 上記4種類の乗客が優先席に坐ることができるかどうかは、すでに優先席を占有していた乗客が席を譲ることの意義を承認しているかどうかによる。すなわち、優先席は、上記4種類の乗客のための座席ではない。それは、上記4種類の乗客にいつでも席を譲る用意のある乗客のための座席なのである。つまり、老人を始めとする4種類の乗客が目の前に現れたときに、ためらいなく席を立つことができる人間は優先席に坐り、席を譲りたくない、あるいは、何らかの事情で席を譲ることができないのなら、普通の座席に坐ればよい。運行会社がこのように誘導すれば、今回のような問題はある程度まで回避することができるであろう。


elderly-woman-1466240_1920

どれほど頑張っても、若者には老人のものの見方を理解することができない

 髪が薄くなったり、疲れやすくなったり、食欲がなくなったりすると、齢をとったなと感じる。また、若いころにはなかったようなタイプの身体の不調を覚えるときにも、年齢を感じることがある。

 しかし、日常生活にはいろいろな関心事があり、身体や年齢のことをいつもクヨクヨと考えているわけではなく、他のことに紛れていつのまにか忘れてしまう。しかし、ふたたび身体の変化に注意が向くと、しばらくのあいだ齢のことを考える。こうしたことの繰り返しの中で、少しずつ時間は経過し、そして、本当に齢をとることになる。

 もう20年近く前、老人の身体を若者が体験するための器具がテレビで紹介されているのを見たことがある。この器具を身につけて生活すると、バリアフリーの意義を実感したり、老人の気持ちを理解したりすることができるようになる……そうである。検索したら、現在は、「高齢者疑似体験セット」などの名でいくつかのメーカーから販売されているようである。

ヤガミ - 高齢者疑似体験セット - 保健福祉|理科機器・保健 福祉・救急救命・施設設備機器・工業用電気ヒーターのヤガミ

 たしかに、これは、おもちゃとしては面白いであろうが、実際の問題解決にはあまり役に立たないように思われる。理由は2つある。

老人は時間によって作られる

 第1に、10代、20代の若者がこの疑似体験セットを身につけて生活を送れば、疑似体験セットの有無で身体の活動能力が違うことを比較によって実感することができる。しかし、当たり前のことであるが、老人は、疑似体験セットを身につけるのと同じように一気に老人になったわけではない。20代の若者が70代の老人になるには、50年という歳月がかかったのであり、20代の若者は、50年のあいだに、小さな「老いのきざし」を少しずつ積み重ね、この「老いのきざし」に適応するように行動パターンを少しずつ変化させながら70代の老人になったのである。だから、若者が疑似体験セットで老人に変身したときに味わうほどの苦痛を、本物の老人が経験しているわけではないと考えるのが自然である。

 したがって、第2に、老人は、疑似体験セットを身につけ「いきなり老人」となった若者とは異なり、精神の発達状態がよほど幼稚な段階にとどまっているのでないかぎり、「若いころはできたことが今はできないのはつらい」などと一年中、朝から晩まで考えているわけではないはずである。なぜなら、身体的な事情によって行動が制限されるとともに、思考の枠組も一緒に変化してこの制限に適応しようとするからである。「いきなり老人」は、「この身体の状態では富士山に登れなくてつらい」と思うかも知れないが、富士山に登る体力を持たないなら、本当の老人は、そもそも富士山に登りたいとも思わないであろうから、富士山に登れないことに苦痛を覚えることもないはずである。

 「若いころはできたことが今はできないのはつらい」と思わなくなることを「意欲や気力の減退」と呼ぶことができないわけではないが、身体的な行動能力とものの見方、つまり心身のあいだにある種のバランスが維持されているのなら、そこには何ら問題はないと考えるのが自然である。「いきなり老人」となった若者には、疑似体験がどれほど積み重ねられても、老人の考えていることはわからないに違いない。


↑このページのトップヘ