AD HOC MORALIST

人間らしい生き方をめぐるさまざまな問題を現実に密着した形で取り上げます。

タグ:脱出

arrow-2085192_1920

ゆるやかに悪化する環境にとどまると「茹で上がる」

 「茹でガエル」とは、生きたままゆっくりと茹でられるカエルを用いた「たとえ話」である。

 カエルは、最初から高温の湯に入れられると、すぐに跳び出すが、低温の水の中にいるカエルは、少しずつ加熱されても、逃げ出すことなくこれに適応しようと努力し、そのせいで、最終的には茹で上がって死んでしまう。同じように、最初から劣悪な環境に放り込まれると、誰でもそこから逃れようとするのに反し、周囲の環境が少しずつ悪化して行くと、私たちは、ここから逃げ出すのではなく、むしろ、その場にとどまって環境に適応することを目指し、そのせいで、最終的に逃げ遅れて命を落とす。これが「茹でガエル」のたとえ話である。

 実際には、カエルは、低温からゆっくり加熱されても、水温が限度を超えて上昇すると逃げ出してしまうようであるけれども、人間の場合、環境がゆるやかに悪化して行くときには、ここに止まることを選択することが多いのであろう、このたとえ話に不思議な説得力が認められることは確かである。

逃げ足が速さが大切

 自分が属している組織の居心地が悪くなったり、組織の環境が悪化したりするとき、居心地や環境を改善するというのは、私たちが最初に試みることである。問題は、この努力に関し、限度を見きわめるのが難しいことである。「茹でガエル」から学ぶことができるのは、このような事実である。

 以前、次の記事を投稿した。


脱出万歳 : AD HOC MORALIST

追い詰められないかぎりみずからは決して動かないこと、つまり、ある状況を脱出するためにしか行動しないことは、好ましくないように見えるが......。


 私たちが「茹でガエル」にならないために重要なことは、困難を解決するアイディアを産み出すことなどではなく、環境の悪化を素早く察知し、身をひるがえしてすみやかに逃げ出す能力であることになる。

逃げ出す者は孤独である

 とはいえ、環境の悪化に気づきながら、ここにとどまって環境を改善する努力を放棄し、身をひるがえして逃げ出す者は、つねに孤独である。というのも、少なくとも日本では、「みなと一緒に苦労を分かち合う」ことが好まれるからである。周囲の人々が悪化しつつある状況を改善しようとするとき、ひとりだけこれを見捨てて新たな場所へと逃れる者は、残る者たちから冷たいまなざしを投げられるかもしれない。また、冷たいまなざしを浴びることがないとしても、少なくとも、逃げ出す自由を行使する者が、自分の責任において、ただひとりで行動しなければならないことは確かである。

 だから、危機を察知し、そして、何らかの意味において好ましくない環境から逃れる能力というのは、孤独に耐える能力と一体であると言うことができる。少なくとも、孤独に耐えられず、「みなと一緒」に固執する者にとり、「好機」(カイロス)を捉えて逃げ出す可能性は、永遠に閉ざされたままであるに違いない。

***

 自分の人生を振り返ってみて気づいたことがある。学校や職場など、今まで何度も環境を変えてきたが、それは、「行きたい場所に行く」ためであるというよりも、「いたくない場所を逃げ出す」ためだった、ということである。

 「今の環境もそれなりにいいけど、もっといいところに行きたい」などと考えて環境を変えたことは、残念ながら一度もない。とにかく、自分にとって一番切実な問題はいつでも「どうやってここから逃げ出すか」ということで、基本的にはそればかりを考えて生きてきた。だから、脱出の手順を考える必要がない環境では、アタマがまったく働かない。

 たしかに、これまでの人生の中で(主に逃げるために)努力してやってきたことがそれなりに積み重なっているから、それを実績として前提すると、今後のおおよそのキャリアパスは何となく想像できる。ただし、自分の経歴は全部、いたくない場所を逃げ出して新しい環境に飛び込むことを繰り返しているうちに自然に出来上がったものにすぎないので、未来に自分の目標があるわけではない。無欲なのか計画性がないのかよくわからないが、しかし、そういう人間は多いのではないかとひそかに考えている。

 私の場合、幸いなことに、今の環境は「逃げ出したい場所」ではないが、一般的には、行き当たりばったりに逃げ出していると、じり貧になる危険はある。

sign-2454791_1920
 また、追い詰められなければ何もしないから、当然、「してもしなくてもかまわないこと」については、「しない」という選択ばかりになる。「留学するといいよ」などとすすめられても、留学しないと不利益を被る可能性がなければ、もちろん、留学などしない。結婚についても同じである。しかし、これも人間の自然であって、特に変わったことではないであろう。

 私のような人間には、何らかの「危機感」が必要で、危機感がないと、生産的なことは何もしない。やっていることはただ一つ、つねにアンテナを立て、不穏な気配を察知したら、いつでも身をひるがえして素早く逃げ出せるよう準備を整えておくことだ。幸いなことに、その程度の危機感は、つねに持ち合わせているから、完全に眠り込んだような状態にはならずに済んでいる。

 ところで、何年か前、肥満に危機感を持ち、必死になって運動で体重を落とした。だから、今でも、カロリーは管理し、運動も少しは続けている。(少しノイローゼ気味だが。)今のところ、もっとも気をつかっているのは、職場の人間関係ではなく、老後の資金でもなく、今日の自分の体重なのだが、正直なところ、これはあまり愉快ではない。 

↑このページのトップヘ