AD HOC MORALIST

人間らしい生き方をめぐるさまざまな問題を現実に密着した形で取り上げます。

蔵書整理

My Grandfather's Basement - Day 300

寄贈のすべてがありがたいわけではない

 昨日、次の記事を読んだ。

高梁市教委への寄贈本10年放置 1.6万冊、遺族要請を受け返還

 記事によれば、藤森賢一氏の没後、遺族が藤森氏の蔵書を郷里の高梁市に寄贈した。しかし、蔵書は、市の体育館に10年間放置されたままであり、最終的に、一部を除いて廃棄されることになった。そのため、遺族が市に返還を求め、そして、蔵書は実際に返還されたようである。

 この記事は、高梁市の対応に批判的であるように見える。たしかに、寄贈された書籍や資料を10年間も放置したことは、それ自体としては決して好ましいことではない。すべての本は、誰かに利用されて初めて存在意義を獲得するものだからである。

 とはいえ、本をめぐる現実を冷静に考えるなら、高梁市の措置にはやむをえない点があることもまた事実である。

 そもぞも、本や資料に限らず、何かを寄贈される側にとって、寄贈は、ありがたいことであるとはかぎらない。というのも、寄贈されたものは、これを維持し管理するコストを必要とするからである。今回のように本が問題であるなら、保管するスペースを用意し、分類、整理しなければならない。補修したり修復したりしなければならないものが含まれている可能性もある。寄贈されたものを市の財産として活用するには、手間と時間とカネがかかるのである。

本の資産価値はほぼゼロ

 とはいえ、寄贈されたものが、たとえば金塊や歴史的な価値のある絵画などであるなら、放置されることはなかったであろう。というのも、換金性が高いものなら、これを売却し現金化して利益を得ることが可能だからである。高梁市の場合にはよくわからないけれども、東京や大阪のように地価の高いところであるなら、土地は希少であるから、自治体が寄贈を受けた土地は、売却されるか、公共施設の建設用地として活用される。

 ところが、厄介なことに、本の場合、よほど珍しいものを除き、売却して現金化することは不可能である。というのも、本には資産価値が認められていないからである。10年前に高梁市に寄贈された本は、相続にあたり、大して高くは評価されていなかったはずである。一般に、相続される財産に本が含まれるときには、購入したときの価格に関係なく、1冊あたり100円を超える価値が認められることはない。1億円以上をかけて集められた1万冊の蔵書でも、相続財産としての価値は100万円以下である。本というのは、所有者や家族にとってどれほど大切なものであるとしても、客観的にはタダ同然なのである。

 本に財産としての価値がほとんど認められないのは、古本市場での本の実勢価格が悲しいほど安いからである。いや、ただ安いばかりではなく、そもそも、よほど珍しいものでないかぎり、古本屋に引き取ってもらうことすら容易ではない。珍しい本や資料が含まれている場合、古くから付き合いのある古本屋に頼めば、蔵書の全体を――値段がつかず、したがって、廃棄せざるをえない本を含め――何百万円かで買い取ってもらうことは可能であろう。(もちろん、この数百万円というのは、蔵書をすべて引き取ったあと、売れない本を廃棄する費用を控除した金額である。)普通の古本屋なら、高値で売れる本だけを選別して買い取り、残されたものは、遺族が自分の費用で廃棄しなければならないことになるに違いない。

 今日、ネットで次のような記事を見つけた。

藤森賢一先生の蔵書のことなど

 この記事は、寄贈した蔵書の返却を求めた遺族について、「僭越」という言葉を使って批判しているけれども、私自身は、蔵書がしかるべき仕方で扱われていないことに対する不満はそれ自体としては不当ではないと考えている。ただ、それとともに、私がこれまで書いてきたような事情、あるいは、この記事で述べられているような本に関する現実を冷静に受け止め、その上で本をどのように処分するか決めることもまた、必要であるように思われるのである。

本は資産ではなく負債と考えるべき

 本を現金化することの困難を考慮するなら、高梁市には、寄贈された本を売却する可能性は最初からなかった。市にとり、これは、税金を財源とするメインテナンスを必要とするものであり、この意味において、蔵書の寄贈を受け、これを「有効に活用する」ことは、負債を肩代わりするのと同じだったわけである。この負債から逃れるためには、寄贈されたものを放置するか、特に珍しいものを除き、すべてを――売却することができない以上――ゴミとして廃棄するかのいずれかしか道はなかった。(書架と人員に余裕がないかぎり、大学図書館でも、事情は同じである。)

 もちろん、放置したり廃棄したりするくらいなら、最初から寄贈を受けなければよかったと考えることは不可能ではないし、おそらく、そのとおりなのであろう。ただ、市が引き受けなければ、遺族がみずからの手間と時間とカネを使って本の行き先を決めなければならないことになる。若干のものは高値で買い取られるであろうが、大半のものについては、行き先が決まらぬま空間を占領し続け、そして、時間だけがむなしく過ぎて行くことになるはずである。

 本が資産であるのは、これが使われるかぎりにおいてのみである。物体としての本は、資産であるというよりも、むしろ、本質的に負債と見なされねばならない。借金を残したまま世を去ることが遺族にとって迷惑になるのと同じように、今後は、世を去るまでに、自分の蔵書をすべて始末し、遺族に本を残さないことにより、私たち一人ひとりが死後に受けるかも知れぬ評価を肯定的なものにしてくれるかも知れない。

Magazine Stand

雑誌を保存する2つの動機

 しばらく前、次のような記事を見つけた。

書籍が雑誌上回る 16年売り上げ、41年ぶり

 同じ日の読売新聞の見出しは、「休刊・電子版移行相次ぎ、雑誌販売が書籍下回る」となっている。書籍の売り上げが雑誌の売り上げを上回ったと考えるべきなのか、それとも、雑誌の売り上げが書籍の売り上げを下回ったと表現するのがふさわしいのか、同じ事実を指していることは確かであるけれども、少なくとも、書籍の売り上げが伸びているわけではないことを考えると、やはり、雑誌の方が「下回った」と理解するのが自然であるように思われる。

 ところで、蔵書の中に雑誌がある割合で含まれていることがある。たしかに、雑誌というのは、形状という点では「本」であるけれども、一般の書籍とは区別されることが必要であるように思われる。

 雑誌というのは、書籍とは異なり、1冊で完結したものではなく、前後の号とあわせて全体として情報を逐次的に伝えるものである。したがって、雑誌の記事は、将来のいずれかの号においてアップデートされる可能性があることを前提として掲載されたものであることになる。つまり、ブツとしての雑誌には賞味期限が設定されているのである。

 とはいえ、私たちは、雑誌を保存することがある。そして、その動機は、大抵の場合、次の2つのうち、少なくともいずれかである。すなわち、

    1. 雑誌に掲載されている特定の記事が必要であるか、あるいは、
    2. 雑誌全体が何かの記念であるか、

これら2つのいずれかであるのが普通である。1の場合、ブツとしての雑誌1冊を本の形で手もとに置く必要はないし、2に該当する雑誌を手に取って見返すことはないから、これは、もはや蔵書ではない。

 たしかに、書籍を手もとに置く場合にも、これら2つのいずれかが理由になる場合があるが、それは、比較的特殊なケースであろう。

特定の記事が必要なら、切り抜いたりスキャンしたりして「書類」として保管する

 まず、雑誌のある号に掲載された特定の記事を保存する必要があるなら、これは、切り抜いたり、スキャンしたりすることにより、雑誌本体を廃棄することが可能となる。雑誌を丸ごと残しておくと、場所を占領するばかりではなく、なぜ手もとにあるのかわからない大量のデータが蔵書に紛れ込み、これが蔵書の秩序を攪乱するノイズにもなる。

 雑誌というのは、「かさばる」という印象を私たちに与えるが、それは、不要な記事が大量に含まれているからである。必要な記事だけ手もとに残し、本としてではなく「書類」として保管し、必要な部分が切り取られて残ったものは廃棄してしまえば、蔵書のダウンサイジングに効果的であるし、蔵書からノイズを除去するのにも役に立つ。

 なお、スキャンされPDFとして保管される記事は、空間を占領しないけれども、物理的に切り抜かれたものには、整理が必要である。

 この場合、記事のサイズがすべて同じなら、そして、ある程度以上の分量になるのなら、穴をあけ、サイズに合ったリングファイルやペーパーホルダーに綴じるのが美的であろうけれども、記事のサイズがまちまちなら、記事が大きくても小さくても、すべて、A4のクリアファイル、あるいはクリアブックに挟んでおくと、サイズが統一され、書類の整理に便利である。(封筒に入れて整理する――「超整理法」式に――と、中身が見えなくなり、紛失、散逸のおそれがある。)

雑誌を何かの記念に保管する場合には、蔵書ではなく「記念品」として扱う

 ところで、雑誌には、何らかの記念という意味合いがある場合がある。たとえば、自分の名前が載っている雑誌の場合、自分の名前が載っている部分だけを切り取って保管するのではなく、やはり、1冊全体を手もとに残さざるをえない。

 ただ、この場合、雑誌を見返す可能性はほとんどないから、蔵書として扱うのは適切ではない。蔵書というのは、つねに少しずつ出し入れがあり、変化して行くものである。だから、手に取られることはないが、しかし、捨てられることもないようなものを蔵書に含めるべきではない。

 酸化、変色を防ぐため、Ziplocのように密閉することのできるビニール袋に入れ、たとえば写真のアルバムや恋人からの手紙などと一緒に、日光の当たらないところに保管するのが適切である。

 とはいえ、残念ながら、私自身、このような整理の原則を徹底させることができていない。私は、紙媒体の学術雑誌を、自分から求めて入手したものについてはすべて保管している。値段が高く、廃棄するのがもったいないからである。しかし、自分が書いたものが載っている号以外、見返すことは滅多にない。(というよりも、中には、1度も開いたことがない号もある。学術雑誌では、大抵の場合、表紙が目次を兼ねているから、表紙を眺めるだけで、読むに値するものの有無を判断することが可能なのである。)これは、スペースの明らかな無駄遣いなのであるが、いまだに手放すことができない。

【関連記事】


蔵書整理のヒント#1 本を減らすときには、新しくて安い本から : アド・ホックな倫理学

生活の質を維持するには、蔵書のダウンサイジングは必須である どのくらいの量の蔵書があるのか、正確に数えたことはないが、本棚の大きさを手がかりに計算すると、家にある「私専用の本」だけで、5000冊くらいにはなると思う。以前、岡崎武志氏の『蔵書の苦しみ』を読んで




蔵書整理のヒント#2 全部の本を見渡せなくなったら、本の分類整理は諦める : アド・ホックな倫理学

分類整理が現実的なのは、蔵書の量が一望できる範囲に収まっているときだけ 蔵書が増えてきたとき、これを利用しやすくするために誰の心にも浮かぶのは、「本をどのように書架に並べるか」という問いであろう。 たしかに、蔵書全体を一望のもとに見渡すことができる場合、




蔵書整理のヒント#3 電子書籍か紙の本か : アド・ホックな倫理学

電子書籍は「蔵書」ではない 電子書籍の登場以前、蔵書を管理するときに考慮しなければならないのは、紙の本だけであった。また、現在でも、電子書籍とは無縁の生活を送っているなら、電子書籍の扱い方に頭を悩ませることはないであろう。 しかし、自分が所蔵している本を




蔵書整理のヒント#4 洋書の背に印刷されるタイトルの方向 : アド・ホックな倫理学

4種類の方向 あるとき、本棚に並んだ洋書をぼんやり眺めていて気づいたことがある。それは、本の背に印刷されたタイトルの方向が全部で4種類あるということである。すなわち、アルファベットを無理やり縦書きにする。背の幅いっぱいにあえて横書きにする。文字列を横に倒し




蔵書整理のヒント#5 図書館は「蔵書をシェアする施設」ではない : アド・ホックな倫理学

蔵書のダウンサイジングを計画するとき、誰の目の前にも、1つのアイディア(または誘惑)が必ず姿を現すはずである。それは、「図書館にある本は処分し、必要なときに図書館から借りることにしよう」というアイディア(または誘惑)である。 たしかに、これは、魅力的なア


深川図書館

 蔵書のダウンサイジングを計画するとき、誰の目の前にも、1つのアイディア(または誘惑)が必ず姿を現すはずである。それは、「図書館にある本は処分し、必要なときに図書館から借りることにしよう」というアイディア(または誘惑)である。

 たしかに、これは、魅力的なアイディアであるように見える。図書館に所蔵されている本を必要に応じて借りることにより、自宅の貴重なスペースを解放することが可能となるからである。

 実際、どれほど頻繁に手にとる本でも、実際にこれを占有している正味の時間は決して多くはないのが普通である。だから、ある本が必要になったら、図書館にその都度足を運べば十分であり、図書館にあるのと同じ本に自宅の貴重なスペースを占領させておくのはもったいないと考える者がいても不思議ではない。

 しかし、私は、これは無理なアイディアであると考えている。理由は2つある。

 まず、さしあたり現実を無視し、理想だけを確認するなら、図書館が所蔵する本というのは、批判的な精神を具えた市民の育成を目的として税金によって購われたものであり、社会の共有財産である。したがって、ある本が必要になったとき、これにいつでも自由にアクセスすることができるわけではない。私の住む杉並区の場合、区立図書館の蔵書の借り出し可能な期間は2週間である。また、全国の市区町村にある公共図書館の大半において、貸し出し期間は2週間と定められているはずである。しかし、このことは、私が必要とする本を求めて図書館に行ったとき、この本が手もとに届くまでに最大2週間待たなければならないことを意味する。この2週間の待機に耐えられるかどうかは、本の性質や緊急性の程度によってまちまちであろうが、大人しく待つことができなければ、買うしかない。あるいは、別の図書館で捜すしかない。前者の場合、カネとスペースが必要になるし、後者の場合は、体力と手間がかかることになる。私の自宅からもっとも近い図書館は、徒歩3分のところにある。これは、公共図書館の多い東京の中でも、特別に恵まれた状況であるに違いない。しかし、わずか3分であるとしても、図書館に所蔵されている本を見るためには、最低限の身なりを整え、靴を履き、玄関から出て公道を歩かなければならない。椅子に坐ったまま、腕を伸ばせば届くところに本があるというのと、その手間や時間はまったく異なるのである。実際、私は、購読していない雑誌のバックナンバーや専門的な事典類を調べるために図書館に行くことはあるが、それは、平均すると月に1回程度である。本の購入にあたり、近所の図書館に所蔵されているかどうかを考慮することはない。

 さらに、図書館は、私が自宅に本を集める場合とは異なる方針にもとづいて収書している。すなわち、自宅の蔵書は、私だけの必要に応じて集められた本から成り立っているのに対し、図書館の蔵書は、可能的な利用者全員の利益を考慮して選ばれたものである。本来、私の手もとには、私自身の関心を尺度として、私にとって相対的に価値ある本が集められているはずである。しかし、図書館に所蔵されている本を基準として「図書館にはないが必要な本」を手もとに残して行くと、「私にとって重要な本が私の手もとにある」という理想には遠い状態となる。これは、本の単なる寄せ集めであり、私自身の必要や関心と有機的に連関する蔵書ではない。

 図書館を利用することが悪いとは思わない。しかし、個人の蔵書が個人の蔵書として機能するためには、何よりもまず、私自身の関心を尺度として本が集められ、私にとって必要性の高いものが私の手もとにある状態になっていなければならない。図書館の蔵書で代用可能なのは、原則として、関心の周縁部分に位置を占める本――したがって、大抵の場合、1回アクセスすれば十分な本――にとどめるべきであるように思われるのである。


Dust

4種類の方向

 あるとき、本棚に並んだ洋書をぼんやり眺めていて気づいたことがある。それは、本の背に印刷されたタイトルの方向が全部で4種類あるということである。すなわち、

    1. アルファベットを無理やり縦書きにする。
    2. 背の幅いっぱいにあえて横書きにする。
    3. 文字列を横に倒して上から書く。
    4. 文字列を横に倒して下から書く。

 これら4種類のうち、1.は圧倒的少数である。1.は、下のような街頭の看板にはときどき見られるが、私の知る範囲では、本の背に関するかぎり、全体の99%以上が2.、3.、4.のいずれかの方式を採用している。特に、学術文献で1.が用いられることはまずない。

Lost Chicago

 また、2.、3.、4.のうち、2.は、下のようなもので、特に目立ったバリエーションはない。ただ、この方式は、本の厚みを必要とするから、厚みが足りない場合、活字が大変に小さくなり、見づらくなることがある。

The Correspondence of Jonathan Swift - Swiss Cottage Library

上から下か、下から上か、並べるか、積み上げるか

 ところで、問題は、3.と4.である。まず、3.というのは、次のようなものである。

penguins

 これに対し、4.の方式を採用すると、次のようになる。

Chroniques de Mai 68

 英語の場合、3.の方式、つまり、本棚に立てると背の文字が上から始まるものが(少なくとも20世紀以降は)圧倒的多数であり、これに対し、ドイツ語やフランス語の出版物では、4.の方式でタイトルが印刷されているものがほとんどである。また、英語、ドイツ語、フランス語以外のヨーロッパ系言語では、英語と同じ3.の方が普通のようである。

 ただ、ドイツ語やフランス語でも、タイトルが上から下に印刷されるケースがないわけではない。たとえば、フランスのPresses Universitaires de Franceから刊行されている人文科学の古典の叢書”Quadrige”には、印刷の方向が上から下のものと、下から上のものが混在している。

 だから、異なる言語の洋書が本棚に混在すると、タイトルを読むのに苦労するばかりではない。書棚の外観が雑然として、あまり美的ではないのである。

 なお、3.と4.の違いについては、著名な書誌学者による次のようなコメントがある。


RKFZ~i[z[ M[g[N5

(null)



 また、主な横書きの言語の出版物の背に印刷される文字の方向を調査した人――書誌学者ではないが、書誌学の専門的な知識があるらしい――がいて、次のページに結果がまとめられている。


本棚に立てられた洋書の背文字は読みにくい

(null)


 とはいえ、「上から下」と「下から上」が分かれた原因がわかっても、読みにくさが解消されるわけではない。本をただ保管するだけであるなら、本棚に立てず、横にして積み上げればよいのであろう。しかし、本を積み上げてしまうと、下の方にある本を取り出すのが面倒になるはずである。和書とくらべると、洋書を美しく整理することは難しいようである。


AMAZON KINDLE

電子書籍は「蔵書」ではない

 電子書籍の登場以前、蔵書を管理するときに考慮しなければならないのは、紙の本だけであった。また、現在でも、電子書籍とは無縁の生活を送っているなら、電子書籍の扱い方に頭を悩ませることはないであろう。

 しかし、自分が所蔵している本を何らかの仕方で管理したり整理したりする必要に迫られている人の大半にとり、読書は、紙の本による場合もあれば、電子書籍による場合もあるというのが普通であるはずである。つまり、大半の人は、紙の本と電子書籍が混在した「蔵書」を抱えているに違いない。

 とはいえ、紙の本と電子書籍を一元的に管理する試みは、さまざまな困難に出会うはずである。たしかに、ブクログや読書メーターのようなサービスを使えば、少なくともデータの上では紙の本と電子書籍を同じ蔵書として扱うことが可能である。しかし、紙の本とは異なり、電子書籍の1冊は、書架に位置を占めていないから、両者が混在した状態を「現物」の形で一覧することはできない。少なくとも整理という観点から考えるなら、電子書籍を紙の本と同じ意味での「蔵書」と見なすことは困難である。

電子書籍は「財産」ですらない

 ところで、最近――と言っても、もう何年も前からであるが――紙の本を裁断してスキャンし、みずから電子書籍化する試みが社会の広い範囲で見られるようになった。これは、一般に「自炊」と呼ばれている。また、同じタイトルについて紙の本と電子書籍の両方が販売されている場合、紙の本ではなく電子書籍の方を購入する人も多いようである。たしかに、紙の本を電子化したり、最初から電子書籍を購入したりすることにより、新たなスペースを作ることが可能となる。たしかに、誰にとっても、蔵書について最優先で解決しなければならないのは「収納」の問題であるから、三次元空間に位置を占めない電子書籍には、すでにこれだけでも大きなメリットがあると言うことができる。

 しかし、私が所蔵している紙の本は、私が手放さないかぎり、死ぬまで私の手もとに置くことができるのに対し、電子書籍については、今後何十年にもわたって参照可能であるという保証がない。電子的なデータは消えてしまうかも知れないし、電子書籍のうち、たとえばアマゾンで購入し専用の端末やアプリを使わなければ読むことのできないものは、提供する側の都合で閲覧することができなくなる危険にさらされている。電子書籍は、蔵書ではないばかりではなく、財産ですらないのである。

スペースの節約が極度に切実な問題なら、電子書籍への置き換えは選択肢の1つ

 このような点を考慮するなら、あるタイトルを紙の本ではなく電子書籍で購入するというのは、割高であることがわかる。電子書籍の価格が同じタイトルの紙の本の価格の3分の1程度ならばともかく、両者に大した違いがないのであれば、電子書籍をあえて購入する理由はないはずである。

 ただ、電子書籍を購入したり、紙の本をみずから電子書籍化したりすることの大きな理由の1つにスペースの節約があることは確かである。実際、たとえば、漫画を何百冊、いや、何千冊も所蔵している人にとり、収納場所の確保は、特に重要な問題であるはずである。

 だから、蔵書が占有しているスペースを解放するために蔵書の電子化を進めようとしているのなら、次のように考えてみるとよいように思われる。すなわち、現在所蔵している漫画100冊が相当なスペースを占有しているとき、このスペースを空けるためにいくらまでなら支払うことができるか、胸に手を当ててみずからに尋ねるのである。

 漫画1冊が500円であるとすると、漫画100冊は50000円になる。漫画の場合、電子書籍の価格は、紙の本とほぼ同じである。したがって、漫画100冊分のスペースを空けるために50000円以上支払ってもかまわないのなら、今後は、すべての漫画を電子書籍で購入してもよいであろう。しかし、漫画100冊分のスペースを空けるのに50000円も支払うつもりがないと考えるのであれば、それは、収納の問題が切実ではないことの証しであり、蔵書の電子書籍化を進めることには慎重になるべきなのであろう。


↑このページのトップヘ