AD HOC MORALIST

人間らしい生き方をめぐるさまざまな問題を現実に密着した形で取り上げます。

タグ:逆差別

Child drawing picture

 しばらく前、下のような記事を見つけた。

男性保育士に「女児の着替えさせないで!」 保護者の主張は「男性差別」か

 保育園には、女性帆の保育士だけではなく、男性の保育士もいる。しかし、男性の保育士に女児の着替えをさせたくないという保護者がいるため、保育園は、男性の保育士をこのような仕事から外している。このような措置の是非が問題になっているというのである。

 この問題については、形式的な観点から、最初に2つの事実を確認しておかねばならない。

    • 第一に、男性の保育士も保育士であるという点、そして、
    • 第二に、子どもを保育園に預けるのにリスクがゼロということはありえないという点である。

男性の保育士は保育の専門家である

 まず、最初の点に関して言うなら、保育園内で保育士に着替えを手伝ってもらうというのは、路上で見ず知らずの通行人に着替えを手伝ってもらうのとはわけが違う。

 保育園で働く保育士というのは、子どもとの付き合い方について、どれほど短くても数年の教育と訓練を受け、性別に関係なくある程度以上の品質の業務を遂行する能力があるという認証を国から受けている専門家であり、信頼するに足る存在であるはずである。そして、そうであるからこそ、保護者は自分の子どもを保育園に預けているはずなのである。

 だから、保育園は、保護者が上のようなことを要求したら、雇用する者の責任として、要求を断固斥けるべきである。男性の保育士に着替えをさせないという措置を講じることは、みずからが雇用する男性の保育士の専門家としての資質や能力を信用していないことを意味する。上の記事では、ある男性保育士が次のように語っている。

「こうした意見が保護者から寄せられると、すぐに男性保育士の持ち場は変わってしまいます。こちらとしては『イヤ、そうじゃない』と否定して欲しいんですよ。これでは、同じ保育士なのに男性だけが『専門職として認められていない』と感じてしまいます」

 実際、保育士になるための教育や訓練を何のために受けてきたのか、これではわからないであろう。

保育園に預けることがそもそもリスク

 そもそも、子どもを保育園に預けることには、それ自体としてリスクがある。個人情報を含む自分のデータをクラウド上に保管するのと同じように、大切なものを他人の管理に委ねる以上、預けたものが毀損されるリスクはゼロではない。そもそも、下の本にも記されているように、生きているかぎり、リスクを100%避けるなど不可能であり、つねに何がしかのリスクにさらされてはいると考えるべきである。

「ゼロリスク社会」の罠 佐藤健太郎 | 光文社新書 | 光文社

 もちろん、保育園に子どもを預けるリスクは、見ず知らずの他人に路上で面倒を見てもらうこととは比較にならないほど小さい。子どもに害が及ぶリスクは、資格を持つ専門家に、また、しかるべき環境で保護を受けることにより、考えうるかぎり最小限まであらかじめ抑え込まれているのである。性犯罪者の9割が男性であるからと言って、男性の保育士の9割が性犯罪者であるわけではない。いくら人手不足であるとは言っても、専門家として訓練を受けた男性の保育士が性犯罪者である確率は、公道上ですれ違う見ず知らずの男性が性犯罪者である確率よりもはるかに低いと考えるのが自然である。(だから、保育園に子どもを預けられるわけである。)男性の保育士を忌避する保護者は、自分の要求が合理的であるかどうか、胸に手を当てて冷静に考えてみるべきであると思う。

 しかし、それでもなお、男性の保育士に着替えをさせることに抵抗感があるなら、あるいは、合理的な手段によってあらかじめ抑え込まれているリスクを非現実的なレベルにまで抑え込みたいのなら、道は2つしかない。すなわち、

    • 保育園に子どもを預けるのをやめ、どれほど多くの犠牲を払っても、自宅でひとりで子どもの面倒を見るか、
    • 保育園が認めるなら、割増料金のようなものを支払って女性の保育士に着替えをさせるか、(美容院での美容師の指名料のようなものである)

いずれかを選ぶしかないであろう。

 当然のことながら、自分ひとりで自宅で子どもの面倒を見るかぎり、保育園に子どもを預けることよるリスクを全面的に回避することが可能となる。ただ、子どもを保育園に預けている保護者の大半にとって、この選択肢は現実的ではないであろう。そして、その場合には、男性の保育士がいない保育園や、男性の保育士には着替えをさせないことを保護者に約束している保育園や、割増料金を支払えば着替えを女性の保育士に着替えを任せられる保育園などを見つけて、そこに子どもを押し込む他はない。だから、このような余分な(しかも、おそらくは相当な)コストをかけてリスクを回避したいと本当に考えているのかどうか、保護者は検討すべきであろうし、時間や手間をかけて保育園を探したり、割増料金を支払ったりする覚悟がないのなら、男性の保育士をリスクと見なして忌避してはならないであろう。


20070514-IMG_0628.jpg

 以前、次のような記事を投稿した。


「手段としての男女共同参画」――功利主義的に考える : アド・ホックな倫理学

「男女共同参画」の両義性 もう何年も前から、「男女共同参画社会」という言葉を繰り返し目にするようになった。内閣府男女共同参画局のウェブサイトには、次のような説明が掲げられている。男女共同参画社会とは、「男女が、社会の対等な構成員として、自らの意思によって



 この記事の内容を簡単に要約するなら、次のようになる。現代の社会、少なくとも日本の社会では、「男女共同参画」というものに関し、2つの必ずしも相容れない理解が併存し、ときに干渉し合っている。すなわち、「目的としての男女共同参画」と「手段としての男女共同参画」である。前者は、男性と女性が対等の立場で社会を作って行くことをそれ自体として普遍的な価値のあるものと見なす。後者に従うなら、女性の人権や生き方への配慮は、その「効用」(utility) という観点から評価されるべきであることになる。言い換えるなら、男女共同参画が社会全体の生産性を向上させ、民間企業の収益を増加させ、日本のGDPを押し上げる効果があるかぎりにおいて、女性の人権や生き方は優先的に考慮されることが必要であるというのが「手段としての男女共同参画」の内容である。

 今のところ、これら2つの立場は、明瞭に区別されてはおらず、むしろ、一方が達成されるなら、他方もまたおのずから現実のものとなるに違いないという期待が広い範囲において受け容れられているように見える。しかし、これは、甘い幻想である。形式的に考えるなら、両者のあいだに幸福な調和が生れる保証はどこにもない。反対に、少し冷静に考えるなら、「男女共同参画」が手段であるなら、それは、あくまでも限定的なものであり、したがって、男女の平等を損う可能性がつねにある。

 むしろ、この考え方に従うかぎり、人間の存在にはそれ自体としては価値はなく、人間は、「使える」「リソース」であるかぎりにおいて大切にされるべきものであるから、特定の状況のもとで男性よりも女性を優遇することが好ましい結果を産むという予想に何らかの妥当性が認められるなら、そのときには、男性の方が不当な不利益を被ること、つまり「逆差別」(reverse discrimination) が発生することもまた許容される。平等なるものの価値もまた、効用という観点から評価されねばならないからである。

 現実の社会では、「目的としての男女共同参画」のための政策と「手段としての男女共同参画」にもとづく政策が雑然と混在している。そして、そのおかげで、女性に対する差別は、少しずつではあるが、是正されている。また、「逆差別」は、それが認められる場面があるとしても、ある限度を超えると、何らかの仕方で抑止されるのが普通である。この意味では、法制度がそれなりに役割を担っていると言うことができる。たしかに、女性が生産性の極大化のために動員されるリソースであるにすぎないような社会というのは、考えようによっては、悪夢のような社会であるかも知れない。

 しかし、私たちが最終的に目指すところは、生産性の極大化でもなく、男女の形式的な平等でもなく、さらに別の何らかの福祉であり利益であり幸福であるはずである。そして、このような別の到達点から眺めるとき、「男女共同参画」なるものは、上に述べたのとは別の意味における「効用」を実現するための手段として私たちの前に姿を現すことになるであろう。


↑このページのトップヘ