AD HOC MORALIST

人間らしい生き方をめぐるさまざまな問題を現実に密着した形で取り上げます。

タグ:音楽

Starbuck's Study Table for Students

人間には、1度に1つのことしかできない

 私は、職業柄、自宅で仕事することが多い。だから、音楽を聴きながら仕事することが可能である。しかし、実際には、仕事中に音楽を聴くことは滅多にない。というのも、音楽を聴くと、気が散って仕事が阻碍されるからである。

 もちろん、音楽が流れていると気分が落ち着く人はいるであろう。それどころか――私には信じがたいことであるが――私の知り合いには、音楽を聴いていないと仕事に集中することができないなどと公言する者すらいる。だから、音楽と仕事の関係は、人により区々なのであろう。

 私自身は、仕事しているときばかりではなく、食事しているときにも音楽は聴かない。食事中にある程度以上の音量で音楽が流れていると、気が散って食事に集中することができないからである。私は、同時に1つのことしかできない性質のようである。

飲食店で音楽が流れていても気が散る

 だから、音楽が流れている飲食店で知り合いと食事するなど、拷問以外の何ものでもない。当然、3つの作業(=会話する、食べる、音楽を聴く)を同時に遂行するなど、私にはできないから、3つの作業を順番に遂行することになる。

 すなわち、まず、何も食べず、何も飲まずに、知り合いとしらばくのあいだ大声で会話する。(大声で話すことで音楽を掻き消すわけである。)次に、完全に沈黙してひたすら飲み、かつ、食べる数分間を過ごし、最後に、誰とも口をきかず、飲食もせずに音楽に耳を傾ける……、これを短い間隔で何度も繰り返すのが私の「飲食店での友人との会食」である。

視覚、触覚、味覚はピンポイントの刺戟の寄せ集め

 耳というのは、人間の感覚器官のうち、もっとも受動的なものであると言うことができる。そして、この受動性は、「音」というものの性質に由来する。

 たとえば、触覚は、基本的にピンポイントで受け止められるものである。全身の触覚が何らかの仕方で刺戟を受けることがあるとしても、全身の刺戟は、体表の一点を狙う刺戟を単位として、この単位の寄せ集めとして生まれるものである。

 視覚についても、事情は同じである。私が誰かに何かを見せようとしても、見せたいものには輪廓があるから、この輪廓が当の相手の視界と重なり合わないかぎり、見せたいものを見せることは不可能である。視覚や触覚に刺戟を与えるものには、基本的にすべて指向性があるのである。(味覚も同様である。)

音は空間全体を支配する

 もちろん、音に指向性を与えることができないわけではないけれども、音は、放っておけば、すべての方向へと拡散し、空間を支配する。

 音を聞きたくない場合、耳をふさいだり、その空間から逃げ出したりしなければならないが、その際に私たちに与えられているのは、ある空間を支配する音のすべてを受け止めるか、あるいは、すべてを遮断するかという選択肢だけであり、何らかの特別な装置の力を借りないかぎり、特定の音を選んで聞くことはできない。

 展覧会を見物するために美術館に行き、壁にかかった絵画を1つひとつ順番に見ることは可能でも、コンサートに行って、オーケストラを構成する1つひとつの楽器の演奏を個別に聞くことはできないのである。

radio-151339_1280

音は暴力となりうる

 聴覚というのは、ピンポイントの刺戟ではなく、音が聞こえるかぎりの空間全体を一挙に変容させる。このかぎりにおいて、音は、視覚や触覚を刺戟するものとくらべて暴力的であると言うことができる。

 音楽を聴きながら仕事する(あるいは、仕事しながら音楽を聴く)ことに何の苦労もない人には、ことによると、空間を支配している音を意識の背景へと囲い込み、意識の前景で遂行される知的作業からこれを完全に分離する特別な能力があるのかも知れないが、残念ながら、私にはこのような能力がなく、耳に入ってくる音はすべて、意識全体に影響を与えてしまう。だから、騒音のような完全に無意味な音はともかく、意味のある音が少しでも聞こえてくると、仕事が完全にストップしてしまうのは、決して異常なことではないに違いない(と私は自分のことをひそかに正当化している)。

Aulas com Henrique Bergamo, Sesc da Esquina

音楽教室に使用料の支払いを求めるのは横暴か

 昨日、次のようなニュースを見た。

音楽教室から使用料徴収へ JASRACが方針決定 | NHKニュース

 JASRAC(日本音楽著作権協会)は、音楽教室等での楽曲や楽譜の使用について使用料を徴収することを決め、これに対し、音楽教室は反発しているようである。

 JASRACの今回の決定は、当事者には不当に見えるかも知れないし、作品が実際に使用される状況を考慮するなら、非常に違和感のあるものであるけれども、残念ながら、著作権法上は、何ら問題ないように思われる。むしろ、これから述べるような理由によって、私自身は、これまで使用料が徴収されてこなかったという事実の方に軽い驚きを覚えている。

 JASRACの決定を評価するに当たって、誰もが思いつく基準は、上のニュースで専門家が語っているように、音楽教室での楽曲の使用が「公衆に聞かせるための演奏」に当たるかどうか、という点であろう。ただ、音楽教室で、たとえば楽器を使った演奏の技術を教えるために楽曲が使用されるかぎり、これが「公衆に聞かせるための演奏」に該当しないことは明らかであり、この観点から眺めるなら、JASRACの決定は不当であるようにも見える。

 しかし、「公衆に聞かせるための演奏」であるかどうかに関係なく、JASRACは、音楽教室から使用料を徴収する権利を主張するであろう。それは、音楽以外の著作物の著作権については、不特定多数への配布を前提としているかどうかに関係なく、著作物の使用料が支払われているからである。

学校での教育目的の使用には、使用料を支払わなくてよいことになっている

 著作物を複製しても、使用料を支払う必要がない場合がある。それは、教育機関において教育目的で使用される場合である。これは、著作権法第35条で認められている適用の除外例である。

 著作権法第35条第1項には、「学校その他教育機関(営利を目的として設置されているものを除く)」で教育を目的に使われる場合には自由に複製してかまわないと定められている。だから、学校の授業で新聞や雑誌の記事、本の一部をコピーして教室で児童、生徒、学生に配布する場合、事前の許諾は必要ないし、使用料の支払いも不要である。入学試験(国語や小論文)で誰かの著作物を使用するときも、事情は同じである。

 実際、JSARACも、著作権法第35条に該当する場合には事前の許諾を求めていないし、使用料も徴収していない。

ジャスラの音楽著作権レポート(JASRAC PARK)

 ただ、このような話をうけ、私たちは誰でも、次のような疑問を抱くはずである。すなわち、今回問題になっている「音楽教室」というのは、一応「教育機関」なのではないか、という疑問が心に浮かぶに違いない。

 この点に関し、著作権法には、「教育機関」について、「営利を目的として設置されているものを除く」という但し書きが付されている。JASRACの理解では、いわゆる「音楽教室」は、教育機関であっても、「営利を目的として設置されているもの」に分類されるのであり、だから、使用料の支払いは当然であるということになるのであろう。

「一条校」以外の学校は使用料を支払ってきた

 それでは、「営利を目的として設置されているものを除く」「教育機関」とは何であるのか。この点について明確な基準があるわけではないようであるが、法律のこれまでの運用と過去の判例を見るかぎり、著作権法の条文にある「学校その他教育機関(営利を目的として設置されているものを除く)」というのは、事実上、学校教育法第1条に定められたいわゆる「一条校」(「幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校」)である。したがって、著作権法第35条第1項は、「一条校の授業や入学試験で使用される場合にかぎり、許諾申請も使用料の支払いも不要である」という意味に理解しなければならないことになる。

 実際、小学校、中学校、高等学校、大学の授業、入学試験、定期試験等では、(新聞、雑誌、書籍の抜粋など)は自由に複製されており、いつ、誰が、何を、どのくらい複製しようと、著作権者に許可を求める必要はない。しかし、以前から、学習塾や予備校が作成する教材や試験(国語や小論文)で著作物が使用されるときには、原則として事前の許諾申請、および、事後の使用料の支払いが義務づけられている。これは、学習塾や予備校が「一条校」ではなく、「営利を目的とする」教育機関と見なされ、著作権法が適用されるからである。(予備校が自分のウェブサイトで高校や大学の入試問題の解答を速報の形で掲載することがあるが、国語の問題文は掲載されていないのが普通である。それは、著作物の使用許諾申請が間に合わないからであるか、あるいは、使用料を支払うつもりがないからである。)

 (学校法人が運営するものであっても)学習塾や予備校は、著作物の使用料の支払いを免除されていない。この事実を考慮するなら、残念ながら、たとえ教育機関であっても、「音楽教室」が使用料の徴収を免れるのは困難であろう。法律の運用そのものが不当な差別に当たると主張することは不可能ではないが、「音楽教室」か使用料を支払わなくてもかまわないということになると、今度は、音楽以外の著作物とのバランスをいちじるしく損ねることになる可能性もある。

 使用料の設定は、著作権者に委ねられている。音楽の場合、著作権者に代わり著作権を管理するJASRACが使用料を決めることになる。使用料を徴収するというJASRACの決定は、現行の法律や過去の判例を前提とするかぎり、当然のことであるけれども、実際にどの程度の額を徴収するかについては、慎重に判断することが必要であるように思われる。

関連する記事

著作権を行使することの意味とJASRACの「正義」 〈私的極論〉 : AD HOC MORALIST

何日か前、次のような記事を書いた。JASRACが横暴であるかどうかは、音楽教室が「教育機関」であるかどうかによる : アド・ホックな倫理学音楽教室に使用料の支払いを求めるのは横暴か 昨日、次のようなニュースを見た。音楽教室から使用料徴収へ JASRACが方針決定


↑このページのトップヘ