AD HOC MORALIST

人間らしい生き方をめぐるさまざまな問題を現実に密着した形で取り上げます。

SNS

chris-lawton-6928

「繊細チンピラ」は統合失調型パーソナリティ障害?

 しばらく前、次の記事を読んだ。

被害妄想が強い...「繊細チンピラ」あるある - NAVER まとめ

 私は、精神医学に詳しいわけではないけれども、ここに記されているふるまいはいずれも、統合失調型パーソナリティ障害の特徴と一致する。「繊細チンピラ」とは「SNS上でのみ認められるパーソナリティ障害」を患った者であると言うことができるかも知れない。

統合失調型パーソナリティ障害 - Wikipedia

人間は、他人の幸福には共感できないのか

 人間は、他人の不幸に対しては共感能力を発揮するが、他人の幸福は、つらい「妬み」を惹き起こすばかりで、これに共感することはないと語ったのはジャン=ジャック・ルソーである。

 ルソーのこの見解に従うなら、人間の共感する能力には明瞭な限界があり、それは、決してプラスの方向には働かないことになる。つまり、不幸な人が目の前にいるときには、その不幸を想像し、不幸な人に同情することはできても、幸福な人が目の前にいるとき、一緒に喜ぶことは不可能なのである。

 これは、アダム・スミスを始めとする18世紀のイギリスの思想家たちが共感を無制限で全方位的なものと見なしたのとはいちじるしい対照をなす考え方である。もちろん、この見解には、ルソー自身の性格が影を落としているに違いない。

 ある意味において、ルソーは、18世紀を代表する「繊細チンピラ」であり、当然、かなり重度の統合失調型パーソナリティ障害を患っていたと思われるが、自分の複合感情(コンプレックス)を普遍妥当的な思想へとまとめ上げ、全世界にこれを押しつける才能を具えていた点において、単なる「繊細チンピラ」とは決定的に異なる。

誰の妬みも刺戟せず、毒にも薬にもならないことだけ言い続ける

 なぜSNS上では誰もが統合失調型パーソナリティ障害の徴候を示すのか、私にはわからない。SNS、特にツイッターに何かを書き込む行動が障害を惹き起こすのかも知れないし、反対に、ツイッターが特定の性格の持ち主に好まれるのかも知れない。

 もちろん、SNS上には、「繊細チンピラ」ではなく、統合失調型障害とも無縁の人々がいる。そして、あなたがその一人であるなら、SNS上では、当たり障りのないふるまいを心がけた方が無難である。 ルソーの見解が妥当であるなら、残念ながら、他人の妬みを少しでも刺戟することにより、際限のない面倒の端緒が拓かれてしまう可能性があるからである。注意を惹かぬようふるまうことが、SNSを使って平穏に暮らすための秘訣であることになる。

muybridge

SNS上のコミュニケーションは文字から動画へと移りつつある

 最近、次のような記事を見つけた。


 インターネットの使用が拡大し始めたころには、ネット上でのコミュニケーションの大半は、文字を主な手段とするものであった。

 それは、今から振り返るなら、一度に転送することのできる情報量に限界があり、画像を用いることに制約があったからであるのかも知れない。

 このかぎりにおいて、通信速度が向上するにつれて、文字を手段とするコミュニケーションの質が低下し、誹謗中傷や罵詈雑言に代表される文字の破綻した使用が目立つようになったのは、そして、InstagramやPinterestに代表される静止画や動画を主な手段とするコミュニケーションへとSNSの重心が移って行ったのは、特に驚くべきことではないと言うことができる。

 実際、最近では、動画よりもさらに簡単なGIFによるアニメーションがネット上のコミュニケーションの中心になりつつあるという意見もある。


文字では表現することができるが、動画では伝えられないものがある

 しかしながら、文字によって表現することができるものと、動画や音声によって伝えることができるものとのあいだには、大きな隔たりがある。

 たとえば、上の場合のように、殺人を記録して投稿するなど、文字では到底不可能である。リアルな仕方で何かを一度に提示する点において、文字が動画に及ばないことは確かである。何かの「作り方」全般には、動画による表現の方が向いていることになる。

 しかしながら、反対に、文字では表現することができるが、動画では伝えることができないものがある。たとえば、このブログに投稿された記事の大半は、動画にすることが不可能である。というのも、私がブログで記事を公開するのは、事実の紹介のためではなく、問題の解決法を提示するためではなく、何かの作り方を教えるためでもないからであり、むしろ、どちらかと言うと見過ごされがちな、しかし、重要な問題を指摘し、考えることを促すためだからである。

 文字によって構成された記事の場合、読者は、文字とのあいだにある程度の距離を設定し、間接的な仕方でこれを受け止める。記事の内容を受け容れるかどうかを決める前に、自分自身の考え方の枠組みを再確認し熟慮する時間が――数秒かも知れぬとしても――与えられるのである。

 しかし、同じ記事の内容が動画で伝えられるとき、「視聴者」と動画のメッセージのあいだに距離がなく、「視聴者」は、自分の態度を決めるための数秒の熟慮の時間を奪われて内容とのあいだに距離を奪われ、承認するか拒絶するか、即座に反応することを強いられる。そして、動画の内容に同意しない視聴者にとり、動画は、押しつけがましく不快なものとならざるをえない。(実際、このブログの記事のいくつかを動画に「翻訳」してみたが、出来上がった動画は、作った私自身が見ても、押しつけがましいものになった。)複雑な事柄を伝えるのに動画が向いていない理由である。

サイバースペースの荒廃

 とはいえ、ネット上、特にSNS上において、時間の経過とともに読まれる文字数が次第に減少することは必然であり、ネット上のニュースやブログは、文字が中心であるかぎり、次第に読まれなくなって行かざるをえない。遠くない将来、SNS上には画像や動画や音声が氾濫し、わずかに残る文字情報は、嘘、噂、偽ニュース、誹謗中傷ばかりになるはずである。サイバースペースにとり、荒廃した知性の廃墟になるのが運命であるのかどうか、これはよくわからない。ただ、少なくとも私は、動画や画像を用いた刹那的、脊髄反射的な承認/拒絶から距離をとり、文章を読みながら考える「公衆」の存在を想定して、文字による伝達の可能性をしばらくは追求したいと考えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

DSCF2047.jpg

あまりにも透明なUberEATS

 UberEATSというサービスがある。これは、飲食店のメニューを宅配するサービスである。アメリカでは何年か前からあったようであるが、日本で始まったのは去年(2016年)の秋のことである。

UberEATS、東京で開始!

 サービスの内容は、LINEが”LINE NOW”という名称でごく短いあいだ行っていたのと似たようなものである。

 ただ、LINEのサービスとUberEATSのあいだには、1つの決定的な違いが認められる。それは、LINE NOWの場合、配達するのが専門の業者であったのに対し、UberEATSでは、料理を運ぶのが、主にアプリで業務を受注する素人であるという点である。そもそも、Uberというのは、素人の運転する自動車を使ったタクシー配車サービスであり、この技術を料理の宅配に応用したのがUberEATSである。素人に料理を運ばせることにより人手を安く簡単に確保する点をUberEATSがみずからの武器としていることは明らかであろう。

 しかし、あらかじめ言っておくなら、私は、これを使ったことがない。というのも、”UberEATS”をキーワードにして検索すると、料理を提供する飲食店、配達する人々、そして、利用者の苦情、不満などの記事がいくつもヒットするからである。また、このような記事の中には、配達する者の質や企業のガバナンスについて懸念を抱かせるようなものもある。この点で、UberEATSは、きわめて「透明」なサービスであると言うことができる。(企業の経営方針や戦略が明確であるという意味で「透明」なのではない。)

 たしかに、どのようなサービスでも、開始してまもない時期には、トラブルを避けることができないに違いない。しかし、トラブルが発生するのがやむをえないとしても、このトラブルが万人の目に触れるような仕方でネット上に公表されてよいわけではない。UberEATSのように、ライフスタイルの変革を訴える「近未来的」なサービスが成功するためには――ディズニーランドと同じように――何よりもまず、利用者がサービスに「夢」を抱くことができなければならない。しかし、今のところ、ネットで”UberEATS”を検索し、これを実用的と見なす人はそれなりにいるとしても、これが夢のあるサービスであるという印象を持つ人は、必ずしも多くはないように思われる。とはいえ、現在では、「裏側」が部外者の目にさらされるのは、秘密結社のような特殊な集団でないかぎり、避けられないことであるのかも知れない。

SNSが見せる「裏面」と社会の亀裂

 ただ、この点に関し、1つだけ確実なことがある。それは、サービスの裏側に光が当てられたからと言って、UberEATSから報酬を受け取っている人々に対する同情や共感が心に生まれるとはかぎらず、UberEATSを使ってみたいと思うようになるわけでもないという点である。

 たとえば料理の配達を請け負っている人々の苦情や不満が正当なもの、切実なものであることを決して否定しないけれども、それとともに――婉曲な表現を使うなら――何か理解しがたいもの、気持ちのよくないものを感じる。「こういう形で苦情や不満をあからさまに表明する人たちに料理を届けてもらうのはいやだな」と思ってしまうのである。

 苦情や不満を表明する手続きは、その人の社会的な地位や「社会観」を反映する。UberEATSの場合、料理の配達を委ねられている人々の社会的な地位、あるいは、この地位から見える社会には、SNSを使って不満や苦情を拡散させることを思いとどまらせ、他の合理的な手段に訴えるよう促す力はなかったのであろう。

 同じ日本で暮らしていても、あるいは、同じ東京で暮らしていても、私の目に映る社会の姿は、これらの人々の眺めているものとは大いに異なるかも知れない。社会のどこに位置を占めるかにより、1つの同じ社会が異なる姿のもとで一人ひとりの前に姿を現すのは当然である。けれども、この事実を形式的に理解してはいても、かつては、普段の生活において、これをリアルな仕方で突きつけられ、それによって、利害も立場も異なる人間たちに自分が囲まれていることを否応なく実感する機会は決して多くはなかったように思う。

 私たちが精神的な安定を維持していられるのは、ものの見方、利害、関心などに関し、その多くを共有している人々とのあいだでゆるやかなネットワークが形作られ、このネットワークによって生活が「包まれている」かぎりにおいてであろう。しかし、SNSは、一方において、このようなネットワークを強固なものにする――いわゆる「フィルターバブル」――とともに、他方において、その彼方に、自分とは異質な人々、場合によっては敵意のある人々の存在をリアルな仕方で遠望させ、違和感や敵意を増幅させる役割を担っているように思われるのである。

Hippy

SNSと狂信の深化

 インターネット、特にSNSの普及は、社会生活において発生するいろいろな問題に関し「狂信」を助長することが多くなったように思う。もちろん、インターネット以前の時代にも、狂信がなかったわけではない。しかし、かつての狂信の拡大には、明確な物理的制約があった。空間のへだたりを超えて「同志」が結びつくことは稀であり、このかぎりにおいて、現在と比較するなら、狂信は散発的、局所的であったと言うことができる。

 しかし、このような制約はSNSによって取り除かれ、今や、狂信者は、ネット上で同志と結びつき、みずからの狂信を強く、そして深いものにしている。狂信者はますます狂信的になり、独善的になって、自分が真実と信じるものにしがみつくようになっているのである。狂信というものの本来の姿が見えるようになったということなのかも知れない。

 狂信は、宗教の専売特許などではない。私たちは、健康情報から政治まで、社会のあらゆるところで狂信に出会う。ただ、あらゆる種類の狂信者は、自分の意見を絶対に変えないことにより、言論空間の「デッドスペース」となることを避けられない。狂信者たちというのは本質的に全体主義的だからであり、意見の多様性というものを少しも認めないからである。だから、立場をいくらか異にする狂信者たちのあいだで話題になりうることがあるとするなら、それはただ1つ、「どちらが『正統』であるのか」という非生産的な問題だけである。

 狂信者を周囲から隔てるのは、「友ではない者はすべて敵」という原則である。「自分の主張は完全に正しい、だから、自分と違う意見の持ち主はすべて悪であり敵である」、このように主張する者の周囲には、同じ意見の持ち主ばかりが集まり、外部に対し暴力的かつ威嚇的な態度をとることが少なくない。また、このような態度は、周囲とのあいだの壁を高く厚くすることになる。たしかに、あなたが「友ではない者はすべて敵」と公言したら、あなたがどのような意見の持ち主であっても、あなたの周囲にいる人間の大半はあなたから離れ、敵陣へと駆け込むはずである。

思いやりの遮断

 もちろん、自分に同意しない者がいるという事実を謙虚に受け止め、自分の意見が完全に正しいわけではないかも知れないということに思いいたるなら、そして、みずからの立場を冷静に吟味することができるなら、狂信に陥ることは簡単に避けられる。そして、幼稚な思い込みから抜け出し、複雑で多面的な現実へと分け入ってこれを承認することが、本当の意味における人間的な成長なのである。それは、「敵ではない者はすべて友」という原則を引き受けることに他ならない。

 この意味において、狂信というのは、想像力の欠落の裏面であると言うことができる。たしかに、想像力や他人への思いやりをあえて捨て、幼稚な状態にあえてとどまることで、目の前に広がる複雑な世界を単純かつ粗雑に二色に塗り分けることが可能となる。SNSは、同志ばかりを周辺に集めることにより、想像力を動員して複雑な現実とほどよい距離をとる労苦から狂信者を解放することになったのである。SNSが社会にもたらしたのは、一種の野蛮であったと言うことができる。

 公共の空間において表明された言論の価値は、この言論において、どの程度まで反対意見が考慮され、反対意見の持ち主を説得する努力が認められるかによって決まる。合意形成を目標として公表されたものだけが、価値ある言論である。完全に正しい意見など、この世にあるはずがない以上、自分の意見が絶対に正しいことを前提として、信じたいものだけを信じ、意見を異にする他人を非難するだけの言論は、単なるノイズとして斥けられるべきであると私は考えている。「偽ニュース」というのは、信じたいものだけを信じる狂信者が産み出し、流通させているものである。したがって、「偽ニュース」を駆除するもっとも効果的な方法は、事実をチェックすることではなく、むしろ、言論空間のノイズを断固として排除し、狂信者の言葉に耳を貸さないことであるように思われるのである。

the KKK rally (circa early 70's)

見ず知らずの相手とのコミュニケーションが含む不確実性

 私は、SNSには原則として近づかないことにしている。ツイッターは気まぐれにしか使ってこなかったし、フェイスブックのアカウントは持っていない。直接の知り合いか、あるいは、私の仕事に何らかの関係がありそうな相手ならばともかく、完全な見ず知らずの相手とのネット上でのコミュニケーションは、大きな不確実性を含んでいるからである。見ず知らずの相手との意思疎通の困難については、以前に2回、別の観点から書いたことがある。


共生の悪夢と社会の「融和」 : アド・ホックな倫理学

昨日、次のような記事を見つけた。「学歴」という最大の分断 大卒と高卒で違う日本が見えている 高等学校卒業が最終学歴である人々と、大学卒業が最終学歴の人々とのあいだに、社会に対する見方に関し大きな隔たりが生れ、しかも、たがいに相手が社会をどのように見てい


「狂信」の背後にあるものがわかったとしても、意思疎通が可能になるわけではない : アド・ホックな倫理学

狂信の政治 2016年のアメリカ大統領選挙は、これまでの選挙とはいろいろな点において性格を異にする選挙であったと言うことができる。そして、そのせいなのであろう、マスメディアの多くが今回の選挙の特異な点をさまざまな観点から報道していた。 特に、マスメディアにお

 SNSにおけるコミュニケーションの不確実性というのは、一言で表現するなら、相手が何者なのかよくわからないことに由来する不確実性である。私が何かを発信する場合、私の言葉を相手がどのように受け止めるのかまったく見当がつかない。同じように、相手から私に向けて差し出された言葉を正確に理解するためには、言葉の背後にある暗黙の了解や文脈を共有しなければならないけれども、見ず知らずの相手の場合、このような点については、乏しいサインを手がかりにただ想像するほかはない。少なくとも、私の乏しい経験の範囲では、SNSで不意打のように成立する見ず知らずの相手とのコミュニケーションについて、上手く行ったという手応えが得られることは滅多にない。

 そもそも、SNS、特にツイッター上で、わずか140文字で見ず知らずの他人が言おうとしていることを正しく把握するなど、ほぼ不可能である。「正常な」コミュニケーションをツイッターで実現するためには、140文字を丹念に読み、前後のツイートを読み、誰をフォローし、誰にフォローされているかを確認することで、相手がどのような人間であるのかをあれこれと想像することが必須である。また、私が使う言葉は、慎重に選ばれなければならない。このような作業には、多くの時間と体力が必要となる。ツイッターは、スマートフォンで気軽に使うことができるようなものではない。しかし、ここまで用心しても、地雷を踏んでしまう危険がなくなるわけではない。

池に落ちた犬を叩く者たち

 自分の何気ない投稿に対して、見ず知らずの人間から意味不明な言いがかりをつけられ、この言いがかりが周囲に拡散して面倒なことになった経験がある人がいるかも知れない。もちろん、直接に対面しているのなら、あるいは、ブログやウェブサイト上での長文でのコミュニケーションなら、相手の誤解を解く余地、あるいは、落としどころを見つける余地が多少は遺されていると考えてよい。何と言っても、あなたがブログやウェブサイトに投稿した記事が問題であるなら、言いがかりをつける方もまた、あなたの立場を背景を含めて理解するために、それなりに時間をかけてあなたの言葉を読んでいるわけであるから、あなたは、言いがかりをつけてきた相手に対し、あなたの説明を聴き、あなたの言いたいことを理解する努力をいくらか期待することが許される。

 ところが、ツイッターの場合、誰かに言いがかりをつけられた瞬間にはすでに、さらなるコミュニケーションの可能性は閉ざされている。相手は、一種の狂信者であり、自分と違う考え方、自分と違うあり方を一切認めない。彼らは、何かに対し居丈高に怒り、何かに対し聞くに堪えない罵声を浴びせ、何かを吊し上げたいだけであり、このような人間にとって、あなたの言葉をあなたの身になって正しく理解したり、あなたの発言の背後にある前提や文脈を想像するなど、最初から関心の外にあると言ってよい。あなたは、マッチに点火するのに必要なマッチ箱の側面のようなものにすぎないのである。

 あなたに対する言いがかりが周囲に拡散するとしたら、それもまた、いかなる意味でもコミュニケーションではなく、ただ、あなたを晒し者にする一種の祭りに参加し、刹那的な偽りの一体感を体験したいだけであり、そこには、人間としてのあなたの尊厳への気遣いなど何もない。騒ぎがある程度以上大規模になるとき、これが「ネット私刑」などと呼ばれる理由である。

 現実の世界でも、サイバースペースでも、コミュニケーションの基本は、「相手の身になること」である。相手の身になり、相手のことを理解する努力が(たとえコミュニケーションが敵対的なものであっても)意思疎通の前提である。ただ、残念なことに、人間には、「相手の身にならないこと」「意志疎通の努力を放棄すること」がつねに可能である。実際、ネット上の見ず知らずの者たちの「交流」では、「誹謗中傷をこれ以上続けたら、相手は社会的に葬られてしまうのではないか」「これだけ大量の憎悪表現を寄ってたかって浴びせ続けたら、相手は立ち直れないのではないか」などの気遣いは、必ずしも前提とはならない。実際、ツイッターには、自分が罵声を浴びせる相手が精神を病もうと、自殺しようと、社会から抹殺されようと、そのようなことには一切頓着しない者たちが跋扈する一種の無法地帯としての側面がある。なぜ人間がそこまで思いやりを忘れることができるのか、これは人間の存在をめぐる1つの謎である。

↑このページのトップヘ